350件中 41 - 50件表示
  • ランカラ

    ランカラから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    アンヘル・カストロ・アルヒス(Ángel Castro Argiz、1875 - 1956) - キューバの政治指導者フィデル・カストロ、ラウル・カストロ兄弟の父。ランカラ フレッシュアイペディアより)

  • ウォッカ・タイム

    ウォッカ・タイムから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    ホメイニ、カダフィ、カストロの三人組。チェルネンコとレーガンのINF削減交渉1本勝負に乱入、交渉をお流れにする。ウォッカ・タイム フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・マンリー

    マイケル・マンリーから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    タンザニアのジュリウス・ニエレレ、 スウェーデンのオロフ・パルメ、カナダのピエール・トルドー、そしてキューバのフィデル・カストロなど、数名の外国の指導者たちと友情を築き上げた。キューバとの二国間の外交上の関係を緊密にし、アメリカ合衆国の政策立案者を驚かせた。1979年、非同盟運動の会議で、開発帝国主義に対抗する非同盟運動とソビエト連邦の間の自然な同盟の発展を強く提案した。外交上の問題では、帝国主義と植民地主義への対抗が重要と感じ、ジャマイカ国内の問題にはあまり干渉しなかった。マイケル・マンリー フレッシュアイペディアより)

  • リーガ・クバーナ・デ・ベイスボル

    リーガ・クバーナ・デ・ベイスボルから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    プロ野球リーグではメジャーリーグベースボールに次いで古くに創設され、かつ長期間持続した。冬の期間に試合が行われた事から、アメリカ合衆国ではキューバン・ウィンターリーグの名称で知られていた。アフリカ系アメリカ人選手の参加も認めた事で、アメリカ本土のニグロリーグとキューバリーグの交流も盛んになった。しかし1959年にキューバ革命後はアメリカとの関係が悪化し、1961年3月にフィデル・カストロの命令により、プロ野球リーグが解散した。リーガ・クバーナ・デ・ベイスボル フレッシュアイペディアより)

  • コンパイ・セグンド

    コンパイ・セグンドから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    90歳を超えてからの活躍はカストロ議長やヨハネ・パウロ2世にも讃えられ、彼自身も彼の祖母と同じ115歳まで生きると予言していたが、2003年に腎不全により95歳で逝去した。コンパイ・セグンド フレッシュアイペディアより)

  • ガストロ

    ガストロから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    和名は学名の属名に由来するが、前半部のみのカナ表記で終わっているのは、顔が似ているといった意味もこめてキューバのカストロ議長にちなんだゆえである。これは遠洋漁業で本種が漁獲されはじめたのが1960年代であったことも関連している。ガストロ フレッシュアイペディアより)

  • 山本英一郎

    山本英一郎から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    またキューバの国家元首であったフィデル・カストロと大変親しく、2001年から2002年にかけては同国の代表選手として活躍していたオマール・リナレス(元中日)・オレステス・キンデラン・アントニオ・パチェコ(いずれもシダックス)の招聘に成功している。山本英一郎 フレッシュアイペディアより)

  • フランク・スタージス

    フランク・スタージスから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1958年に、フルヘンシオ・バティスタ政権下のキューバ軍の諜報部勤務。1959年のキューバ革命後に反カストロのビラをまく。1961年の「ピッグス湾事件」でCIAエージェント、サム・ジェニスと接触。CIAのメモによれば、キューバにおけるビラの配布にスタージスの関与があったとされる。1972年に、「スタージスがマイアミで、(親カストロ派で、ジョン・F・ケネディ大統領の暗殺犯とされる)リー・ハーベイ・オズワルドと殴り合った」というFBIの報告書が提出された。フランク・スタージス フレッシュアイペディアより)

  • バーバラ・ウォルターズ

    バーバラ・ウォルターズから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    ウォルターズは「パーソナリティ・ジャーナリズム」や彼女のインタビューでの「スクープ」で知られる。1977年11月、エジプト大統領のアンワル・アッ=サーダートとイスラエル首相のメナヘム・ベギンのジョイント・インタビューを実現した。『ニューヨーク・タイムズ』紙によると、ウォルター・クロンカイトと共に行なったこの首脳対談で、最後にクロンカイトは「私が聞いていないことをバーバラは聞いていたか」と言った。彼女の世界中のあらゆる階層の人々へのインタビューは20世紀後半の年代記とも言える。イラン王朝パフラヴィー朝モハンマド・レザー・パフラヴィーとその妻ファラフ・パフラヴィー、ロシアのボリス・エリツィン、ウラジーミル・プーチン、中国の江沢民、イギリスのマーガレット・サッチャー、キューバのフィデル・カストロ、インドのインディラ・ガンディー、チェコスロバキアのヴァーツラフ・ハヴェル、リビアのムアンマル・アル=カッザーフィー、ヨルダン国王フセイン1世、サウジアラビア国王アブドゥッラー・ビン・アブドゥルアズィーズ、ベネズエラ大統領ウゴ・チャベス、シリア大統領バッシャール・アル=アサドなど多くの人物へのインタビューを行なった。他の影響力のある人物へのインタビューは、ポップ・アイコンのマイケル・ジャクソン、女優キャサリン・ヘプバーン、『ヴォーグ』誌の編集長アナ・ウィンター、1980年にはローレンス・オリヴィエなど。ウォルターズは、自身が聴覚障害者および視覚障害者で同様の障害を持つ人々の生活向上に尽力するロバート・スミダスへのインタビューが最も印象的であったと語った。バーバラ・ウォルターズ フレッシュアイペディアより)

  • たのしい知識

    たのしい知識から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    レオの演じる「エミール・ルソー」は、もちろんルソーの『エミール』に登場する少年の名から、ベルトの演じる「パトリシア・ルムンバ」の名は、1960年にベルギーから独立したコンゴ民主共和国初代首相となり翌1961年暗殺された、アフリカ民族主義指導者パトリス・ルムンバからとったものである。なお劇中で使用されるキューバ革命歌『7月26日の行進』は、1953年7月26日のフィデル・カストロら反バティスタの若者の反乱にちなんだ曲である(キューバ革命)。たのしい知識 フレッシュアイペディアより)

350件中 41 - 50件表示