250件中 51 - 60件表示
  • 直井武夫

    直井武夫から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    カリブ海の悲劇 カストロのキューバ ジェームス・モナハン,ケンネス・ギルモア 自由アジア社、 1964.直井武夫 フレッシュアイペディアより)

  • 福島正光

    福島正光から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    フィデル・カストロ エンリケ・メネセス 1969. 角川選書福島正光 フレッシュアイペディアより)

  • パン=アメリカ会議

    パン=アメリカ会議から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    パン=アメリカ学生会議 (Pan-American Students Conference) は1948年4月にコロンビアのボゴタで開催された。会議は西半球のアメリカ支配に抗議するため、アルゼンチンのフアン・ペロン大統領によって計画され、フィデル・カストロも出席した。パン=アメリカ会議 フレッシュアイペディアより)

  • ウォッカ・タイム

    ウォッカ・タイムから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    ホメイニ、カダフィ、カストロの三人組。チェルネンコとレーガンのINF削減交渉1本勝負に乱入、交渉をお流れにする。ウォッカ・タイム フレッシュアイペディアより)

  • ダック・テスト

    ダック・テストから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    起源については定説はないが、有力な説は2説ある。1つは1964年にリチャード・カーディナル・クッシングがフィデル・カストロの言を参考にしてこの言葉を用いたとする説である。もう1つは、冷戦構造下の1950年、アメリカ合衆国の駐グアテマラ大使リチャード・カニングハム・パターソン・ジュニアがグアテマラ大統領ハコボ・アルベンス・グスマンを共産主義に転じたとして告訴した際に用いたとする説である。ダック・テスト フレッシュアイペディアより)

  • エル・サント

    エル・サントから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    こうして、映画俳優サントのデビュー作『サント対悪の頭脳』(Santo contra el Cerebro del Mal)、『サント対地獄人間』(Santo contra los Hombres Infernales)が完成した。双方とも1958年公開、脚本はフェルナンド・オセスとエンリケ・サンブラーノ、監督はホセリート・ロドリゲスである。ちなみにこれら二作の撮影はキューバで行われ、撮影が終了したのは、フィデル・カストロがハバナ入りし、キューバ革命の勝利を宣言した前日のことであった。エル・サント フレッシュアイペディアより)

  • ガストロ

    ガストロから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    和名は学名の属名に由来するが、前半部のみのカナ表記で終わっているのは、顔が似ているといった意味もこめてキューバのカストロ議長にちなんだゆえである。これは遠洋漁業で本種が漁獲されはじめたのが1960年代であったことも関連している。ガストロ フレッシュアイペディアより)

  • 猪木快守

    猪木快守から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    アントン・ハイセル事業を推進する傍ら、フィデル・カストロ、アルベルト・フジモリ、サッダーム・フセインら各国の指導者にネットワークを広げた。猪木快守 フレッシュアイペディアより)

  • 近代から現代にかけての世界の一体化

    近代から現代にかけての世界の一体化から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    一方、かつて植民地だったアジアやアフリカの諸国では、商品作物栽培や資源供給を強制されてきた経緯から、社会の自立的な発展が妨げられ、独立後もそのひずみから脱却していくことが困難であり、経済発展は順調にすすまず、強権政治やクーデタに悩まされて不安定な社会情勢がつづいた。バングラデシュのジュートやマレー半島の天然ゴムなど、先進工業国における技術革新によって安価な代替商品が生まれ、需要の減退に見舞われたことも痛手だった。また、ラテンアメリカでも、土地所有の偏在や外国資本の支配により、農民の貧困や政治の不安定がつづいた。1959年にはフィデル・カストロの指導によるキューバ革命がおこっているが、それ以外の国ぐにでも、1960年代には、先進国との経済格差がいっそう目立つようになった。こうした「南」の発展途上国と「北」の先進工業国との格差は大きく、やがて南北問題として意識されるようになった。近代から現代にかけての世界の一体化 フレッシュアイペディアより)

  • カミーラ・バジェーホ

    カミーラ・バジェーホから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    2012年4月、共産党の青年組織の国際会合のため、キューバを訪れ、フィデル・カストロと知り合った。この旅行の後、本人が「フィデル・カストロが言う思考は全部、チリにとって光と希望だ」、「彼(カストロ)が言うもの、思考するもの、目指すものが、私たち(共産の青年)に道しるべのようなものだ」といった意見が、多くの批判を引き起こした。右翼グループなどが「民主主義について話すが、キューバを賞賛」と厳しい批判と言われた。カミーラ・バジェーホ フレッシュアイペディアより)

250件中 51 - 60件表示

「フィデル・カストロ」のニューストピックワード