350件中 51 - 60件表示
  • ホセ・マルティ・メモリアル

    ホセ・マルティ・メモリアルから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    権力の奪取後に大衆の支持を得たいと熱望するバティスタは、マルティの記念碑建設へ傾倒した。しかし、それまでに選出されていたコンクールの受賞者によるデザインよりも、バティスタはそれ以前の3回目のコンクール時に選抜されていた作品をメモリアルのデザインに選んだのである。これはバティスタの私的な友人であり労働大臣でもあった、エンリケ・ルイス・バレーラ率いる建築家集団がデザインしたものだった。このデザイン選出は世間の強い抗議をもたらし、結果として塔の上から像を取り除いて、代わりに塔の基底部にフアン・ホセ・シクルがデザインしたマルティの像を設置することへ、計画デザイン案の修正が行われた。塔の建設は、ホセ・マルティの生誕100周年記念となる1953年に開始された。ここでメモリアル建設のため、立ち退きが要求された地域住民への補償に関して更なる問題が巻き起こっており、この問題は若かりし頃のフィデル・カストロに引き継がれた。記念碑の建設は、バティスタ政権も終わりを迎えた1958年に竣工へと至っている。ホセ・マルティ・メモリアル フレッシュアイペディアより)

  • ラウル

    ラウルから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    ラウル・カストロ - キューバの政治家。フィデル・カストロの弟。ラウル フレッシュアイペディアより)

  • フィデル・カストロ暗殺未遂事件

    フィデル・カストロ暗殺未遂事件から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    フィデル・カストロ暗殺未遂事件(フィデル・カストロあんさつみすいじけん)では、キューバにて1976年より2008年まで国家評議会議長(国家元首)兼閣僚評議会議長(首相)を務めた、フィデル・カストロに対する暗殺未遂事件を扱う。未遂事件は国家元首就任時から、腸炎の療養に伴い弟のラウル・カストロへ議長職を暫定委譲(その後2008年2月24日、国家評議会議長に選出)し一線を退いた2006年まで638件にも上り、「暗殺されそうになった回数が最も多い人物」として、2011年にギネスブックへの掲載が決まった。フィデル・カストロ暗殺未遂事件 フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・マリゲーラ

    カルロス・マリゲーラから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1911年12月5日、バイーア州サルヴァドールで貧しいイタリア系移民の家庭に生まれ、ブラジル共産党の執行委員会に所属して国会議員を務めた。1932年に投獄され、1939年から1942年まで再度投獄されていた。その後、フィデル・カストロを支持して党から追放され、ALNを組織して銀行強盗や外国大使の誘拐を繰り返した。カルロス・マリゲーラ フレッシュアイペディアより)

  • キューバのイスラム教

    キューバのイスラム教から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    国内のムスリムは通常、自宅で祈祷を行う。ハバナにモスクが存在せず、国家もその建設を許可していないためである。訪玖した人道救助基金(İHH)のメンバーによると、フィデル・カストロ前国家評議会議長がモスク建設を約束したにも関わらず、公の場での祈祷はハバナ旧市街の「アラブの家」(Casa de los Árabes)として知られる場で行われる金曜日礼拝に限られるという。キューバのイスラム教 フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼフ・アイウッパ

    ジョゼフ・アイウッパから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    ジアンカーナの死後、何人かの犯罪者らはジアンカーナが暗殺されたのは当時、CIAが立案したキューバの指導者フィデル・カストロの暗殺計画に加担し、その計画が失敗した口封じの為にジアンカーナは暗殺されたのだと主張した。だが、現在までそれを実証するような証拠は出ていない。ジョゼフ・アイウッパ フレッシュアイペディアより)

  • グランマ

    グランマから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    グランマ号 - 1956年のキューバ革命時にフィデル・カストロがほかの81人の反政府勢力とともに、キューバへ再上陸するために使用したヨット。グランマ フレッシュアイペディアより)

  • グランマ号

    グランマ号から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    グランマ号(Granma)とは、1956年のキューバ革命時にメキシコへ亡命していたフィデル・カストロがチェ・ゲバラら82名の仲間と共にキューバへ再上陸するのに使った船である。グランマ号 フレッシュアイペディアより)

  • ペレス・ヒルトン

    ペレス・ヒルトンから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    2007年8月17日、独占的な引用を出典としてキューバのフィデル・カストロの死亡を発表し、自分がこのニュースを発表する最初のメディアアウトレットであると主張した。ヒルトンは数時間後にアメリカ政府当局が死亡を発表すると述べたが、そのような発表はされなかった。そして、主要メディアはカストロの死亡を確認することが出来なかった。AP通信は、この噂がカストロが他界した後の都市の計画について議論することになっていたマイアミ当局の会議で引き起こされたものであると断定した。また、フロリダキーズの道路閉鎖が噂を更に煽った。同年9月21日、カストロは「虚弱に見えるが、明快に聞こえる」ことと彼の死という馬鹿馬鹿しい噂に関してキューバのテレビ番組のインタビューを受けており、健在であることが確認された。ペレス・ヒルトン フレッシュアイペディアより)

  • グランマ号上陸記念国立公園

    グランマ号上陸記念国立公園から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1986年に国立公園に設定された。名前は、1956年にフィデル・カストロたちがグランマ号でキューバ上陸を果たしたラス・コロラダス地域が、登録範囲に含まれていることによる。グランマ号上陸記念国立公園 フレッシュアイペディアより)

350件中 51 - 60件表示