250件中 61 - 70件表示
  • デボラ・シェルトン

    デボラ・シェルトンから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    ミスUSAに輝いてから一年も経たない1971年に、フィデル・カストロと血縁関係にあるキューバ人亡命者のヴィシ・カストロと結婚した。クリストファーという子どもを一人設けたが、5年も経たないうちに別れた。1977年にイスラエルの音楽プロデューサー、シュキ・レヴィと結婚し、タマラという女の子を授かった。夫婦で楽曲を共同制作することもあり、その一つ“Magdelena”はフリオ・イグレシアスのアルバムに収録された。デボラ・シェルトン フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・アレクサンダー・モーガン

    ウィリアム・アレクサンダー・モーガンから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1958年の始めの頃に、キューバに入国する。『7月26日運動』に参加することとなる。当時のバティスタ体制打倒の立場ではあったが、フィデル・カストロの指導を受けるつもりはなかった。キューバ人の女性戦士のオルガと結婚する。サンタ・クララの町の近くのエスカンブライ山に陣どっていた部隊を指揮した。1958年12月、エルネスト・チェ・ゲバラらが合流し、12月31日にサンタ・クララを占領する。次の日には、フルヘンシオ・バティスタがキューバから逃亡する。1959年1月1日から2日にかけて、シエンフエーゴスを占領することとなる。ウィリアム・アレクサンダー・モーガン フレッシュアイペディアより)

  • ラモン・メルカデル

    ラモン・メルカデルから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    ソ連では、ソ連共産党中央委員会附属マルクス・レーニン主義大学職員として働いた。しかし時はすでにスターリンの死後であり、上司のエイチンゴン、スドプラトフは既に失脚・投獄されていた。当然、メルカデルも逮捕はされなかったが事実上厄介者扱いだった。そのため、彼が希望していたソ連共産党への入党は拒絶された(メルカデルの所属はスペイン共産党のままだった)。失望した彼は1970年代中盤、フィデル・カストロの招待によりキューバに移り、キューバ外務省顧問となった。彼は呼び寄せた母カリダドと共にハバナで暮らし、1978年10月18日に肺癌のため死去した。メルカデルの遺体はモスクワに移され、クンツェヴォ墓地に「ラモン・ロペス」として葬られた(ただし、墓石の下には本名が刻まれている)。また、ルビャンカにあるKGB博物館には彼を顕彰した一角がある。ラモン・メルカデル フレッシュアイペディアより)

  • クバーナ航空455便爆破事件

    クバーナ航空455便爆破事件から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    爆発が機体後部で発生したことから当初からテロによるものとみられていた。被疑者としてキューバのカストロ政権に反発する反カストロ主義者が考えられた。445便に偽名で搭乗してバルバドスで降りた2名のベネズエラ人をトリニタード当局が逮捕し、その自供から事件の首謀者としてルイス・ポサダ・カリレスら2名が逮捕された。クバーナ航空455便爆破事件 フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・マリゲーラ

    カルロス・マリゲーラから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1911年12月5日、バイーア州サルヴァドールで貧しいイタリア系移民の家庭に生まれ、ブラジル共産党の執行委員会に所属して国会議員を務めた。1932年に投獄され、1939年から1942年まで再度投獄されていた。その後、フィデル・カストロを支持して党から追放され、ALNを組織して銀行強盗や外国大使の誘拐を繰り返した。カルロス・マリゲーラ フレッシュアイペディアより)

  • カストロ主義

    カストロ主義から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    カストロ主義(カストロしゅぎ、、)は、フィデル・カストロによる政治思想。カストロ主義 フレッシュアイペディアより)

  • グランマ号上陸記念国立公園

    グランマ号上陸記念国立公園から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1986年に国立公園に設定された。名前は、1956年にフィデル・カストロたちがグランマ号でキューバ上陸を果たしたラス・コロラダス地域が、登録範囲に含まれていることによる。グランマ号上陸記念国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • ファレル・ドブス

    ファレル・ドブスから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1960年には党幹部のジョゼフ・ハンセンと共に革命直後のキューバを視察し、フィデル・カストロとチェ・ゲバラ率いるキューバ革命に対する支持を決意した。ファレル・ドブス フレッシュアイペディアより)

  • カントリー・ジョー・マクドナルド

    カントリー・ジョー・マクドナルドから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    2005年秋、政治評論家ビル・オライリーは、マクドナルドを、キューバのフィデル・カストロ議長になぞらえながら、2003年のイラク戦争に反対したシンディ・シーハン(Cindy Sheehan)の反戦運動にマクドナルドが関わっていたと述べた。カントリー・ジョー・マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • コマンダンテ

    コマンダンテから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    『コマンダンテ』(Comandante)は、社会派映画監督として著名なオリバー・ストーン自身がインタビュアーとなってキューバの指導者フィデル・カストロに取材した記録映画(ドキュメンタリー映画)である。在米キューバ人の強い圧力によってアメリカ国内では公開されていない。翌年に続編として公開された作品に『Looking for Fidel』がある。コマンダンテ フレッシュアイペディアより)

250件中 61 - 70件表示

「フィデル・カストロ」のニューストピックワード