250件中 71 - 80件表示
  • モンカダ兵営

    モンカダ兵営から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1953年7月26日、フィデル・カストロ率いる小隊により襲撃、キューバ革命の契機となる。カストロは1959年にバティスタ政権を転覆させた運動組織を 7月26日運動(Movimiento 26 de Julio (M-26-J))と名付ける。モンカダ兵営 フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・マンリー

    マイケル・マンリーから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    タンザニアのジュリウス・ニエレレ、 スウェーデンのオロフ・パルメ、カナダのピエール・トルドー、そしてキューバのフィデル・カストロなど、数名の外国の指導者たちと友情を築き上げた。キューバとの二国間の外交上の関係を緊密にし、アメリカ合衆国の政策立案者を驚かせた。1979年、非同盟運動の会議で、開発帝国主義に対抗する非同盟運動とソビエト連邦の間の自然な同盟の発展を強く提案した。外交上の問題では、帝国主義と植民地主義への対抗が重要と感じ、ジャマイカ国内の問題にはあまり干渉しなかった。マイケル・マンリー フレッシュアイペディアより)

  • ジャマイカの歴史

    ジャマイカの歴史から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1972年には人民国家党(PNP)から出馬したノーマン・マンリーの息子のマイケル・マンリーが選挙に勝利し、貧困対策を行うも成果は上がらなかった。1976年の選挙はPNP派とJLP派の激しい対立の中で行われたが、貧困対策の継続を掲げたPNPが再び勝利した。マイケル・マンリーは資本主義体制下での国民生活向上の困難さを訴えて、内政面では民生社会主義、外交面では非同盟中立を宣言し、ジャマイカの社会主義化を目指した。この路線により主要産業だったボーキサイト産業は半国有化され、共産主義国キューバのフィデル・カストロ政権への接近がなされた。しかし、アメリカ合衆国の内政干渉などによりこの政策は成功しなかった。1980年の選挙は「アメリカ合衆国とキューバの代理戦争」とも呼ばれ、両国に支援された両派の激しい抗争のために655人の死者を出した市街戦を伴い、得票率で与党のPNPは破れ、JLPから出馬した親米派のエドワード・シアガが勝利した。ジャマイカの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 氏家齊一郎

    氏家齊一郎から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    東京高等学校 (旧制)で同級生の網野善彦、1年先輩の渡邉恒雄と知り合う。東京大学在学中、渡邉恒雄から勧誘され、日本共産党に入党。堤清二を同党に誘う。その後、離党。大学卒業後は読売新聞社に入社。記者時代には、キューバのフィデル・カストロ議長との太い人脈により、北ベトナムのホー・チ・ミン国家主席の死去を全世界にスクープした。日本テレビの副社長・社長・会長を歴任するとともに放送倫理・番組向上機構の設置に尽力。その功績により2010年秋の叙勲において旭日大綬章を受章。氏家齊一郎 フレッシュアイペディアより)

  • たのしい知識

    たのしい知識から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    レオの演じる「エミール・ルソー」は、もちろんルソーの『エミール』に登場する少年の名から、ベルトの演じる「パトリシア・ルムンバ」の名は、1960年にベルギーから独立したコンゴ民主共和国初代首相となり翌1961年暗殺された、アフリカ民族主義指導者パトリス・ルムンバからとったものである。なお劇中で使用されるキューバ革命歌『7月26日の行進』は、1953年7月26日のフィデル・カストロら反バティスタの若者の反乱にちなんだ曲である(キューバ革命)。たのしい知識 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤政子

    後藤政子から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    カストロ著『カストロ革命を語る』同文館出版、1995年後藤政子 フレッシュアイペディアより)

  • ぜんぶ、フィデルのせい

    ぜんぶ、フィデルのせいから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    『ぜんぶ、フィデルのせい』() は、政治的で左翼的な映画づくりで有名なギリシャ出身・フランスの映画監督・脚本家コスタ=ガヴラスの娘、ジュリー・ガヴラス監督初の長編劇映画・フィクション作品。1968年の五月革命、フランコ独裁政権のスペイン、1970年のアジェンデ大統領の就任によるチリ社会主義政権成立などを背景に、主としてパリにおけるフランスの反体制(共産主義や社会主義)運動に参加する父親と、人工妊娠中絶の権利を求めるフランスのウーマンリブ運動に参加する母親を持った娘の視点から、親との葛藤と自身の成長の過程を描く。題名の「フィデル」は指導者として1959年のキューバ革命で社会主義政権を成立させたキューバ国家元首のフィデル・カストロを指す。ぜんぶ、フィデルのせい フレッシュアイペディアより)

  • アルベルト・コルダ

    アルベルト・コルダから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1959年1月1日、フィデル・カストロ率いる反政府軍によってキューバ革命が達成されると、コルダはカストロ付きの写真家として行く先々に随行し、キューバ新政府の初期における姿を数々撮影した。翌1960年には『レボルシオン』紙の写真記者となり、同年3月5日には「ラ・クーブル号爆破事件」の追悼集会におけるチェ・ゲバラの表情を捉えた『英雄的ゲリラ』を撮影。この写真はゲバラの死後、その肖像として一般化し、思想・ファッション等に影響を与えることになった。1968年にカストロ付き写真記者を辞すと、以降はキューバの自然、特に海中写真を中心に撮影を行うようになる。また、キューバ科学アカデミー内で海中写真課を創設し、科学調査用の写真も撮影した。1980年代に入ると再び流行写真家に復帰、以後の生活はファッション関係の写真撮影に費やした。アルベルト・コルダ フレッシュアイペディアより)

  • レジス・ドゥブレ

    レジス・ドゥブレから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1961年、1962年の二度にわたってキューバを訪問していたドゥブレは、1965年にキューバのハバナ大学に哲学教授として赴任。フィデル・カストロとの知的交流を深め、1967年、『革命の中の革命』を刊行。武装闘争によるキューバ革命の正当性を謳った同書は、世界的なベストセラーとなるとともに、当時のゲリラ戦の理論的教科書として左翼革命家の聖典ともなった。レジス・ドゥブレ フレッシュアイペディアより)

  • AR-10

    AR-10から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    さらに1958年には100丁のAR-10がキューバのバティスタ政権によって購入された。当時キューバで武装闘争を行っていたフィデル・カストロの部隊によってキューバに納入されたAR-10が鹵獲され、後にフィデル、その兄ラウルとチェ・ゲバラによってAR-10の発射試験がハバナ郊外で行われその破壊力に驚いたという。フィデル・カストロは後に鹵獲したAR-10の内のいくつかをドミニカ共和国の共産革命家に流していた。そして当地では実際に政府軍との銃撃戦で射殺された共産ゲリラの遺体からキューバから持ち込まれたと見られる鹵獲兵器が発見されている。AR-10 フレッシュアイペディアより)

250件中 71 - 80件表示

「フィデル・カストロ」のニューストピックワード