350件中 71 - 80件表示
  • エドワード・ランスデール

    エドワード・ランスデールから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1957年から1963年にかけて、ランスデールは国防総省のいくつかの部局に配属され、特殊作戦担当国防長官副補佐官(Deputy Assistant to the Secretary of Defence for Special Operations)、軍事援助に関する大統領委員会委員(Staff Member of the President's Committee on Military Assistance)、国防長官補佐官(Deputy Assistant to the Secretary of Defence)などの役職を務めた。1960年代初頭にはキューバに対する秘密作戦の展開に関与し、その中にはフィデル・カストロ暗殺計画も含まれており、これらはマングース作戦(Operation Mongoose)と呼ばれるCIAのカストロ打倒計画の一環であった。エドワード・ランスデール フレッシュアイペディアより)

  • カマグエイ州

    カマグエイ州から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    カマグエイ州の大部分は低地であり、州を横断する主要な山脈や丘などは無い。州の南岸に は珊瑚礁の小島であるキーが数多く存在し、キューバ革命指導者のフィデル・カストロもここで釣りをすることが好きであった。北岸はサバナ・カマグエイ群島のハルディネーネス・デル・レイ (Jardines del Rey) と呼ばれる海岸が連なっ ている。砂浜が北岸、南岸ともに見られ、観光資源となる可能性があるが、北岸のサンタ・ ルチア海岸を除き、ほとんど開発されていない。カマグエイ州 フレッシュアイペディアより)

  • 猪木快守

    猪木快守から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    アントン・ハイセル事業を推進する傍ら、フィデル・カストロ、アルベルト・フジモリ、サッダーム・フセインら各国の指導者にネットワークを広げた。猪木快守 フレッシュアイペディアより)

  • コマンダンテ

    コマンダンテから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    『コマンダンテ』(Comandante)は、社会派映画監督として著名なオリバー・ストーン自身がインタビュアーとなってキューバの指導者フィデル・カストロに取材した記録映画(ドキュメンタリー映画)である。在米キューバ人の強い圧力によってアメリカ国内では公開されていない。翌年に続編として公開された作品に『Looking for Fidel』がある。コマンダンテ フレッシュアイペディアより)

  • オマル・トリホス

    オマル・トリホスから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1972年には新憲法を制定して国の最高指導者としての全権を握り、ペルー革命を指導したペルーのベラスコに影響を受けた民族的政策を打ち出して国民の支持を集めた。その一環としてアメリカ占領下にあったパナマ運河地帯の主権回復を目指し、キューバのカストロに接近し、近隣諸国に協力を求めるなどアメリカ合衆国に揺さぶりをかけた。こうして1977年、アメリカ合衆国と運河返還を約束する条約の締結に成功する。それ以外にも様々な国内改革を行い国民生活の改善に務めた。1978年、国家主席の座を退いたが国家防衛隊最高司令官としてとどまり、新たに結成した民主革命党 (PDR) を通じて圧倒的影響力を発揮し続けた。1981年、謎の飛行機事故で死亡した。事故の原因はアメリカによる暗殺と言われている。オマル・トリホス フレッシュアイペディアより)

  • ジェームス・ドノバン

    ジェームス・ドノバンから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    その2,3ヶ月後に彼はキューバを初めて訪れた。 侵攻の企ての後キューバと米国の関係は極めて緊張していた。フィデル・カストロはドノバンに初めて会い、極めて短い会話を行った。 ドノバンは信頼を得て、またカストロは彼の息子をキューバに連れてきたことを褒め称えた。ジェームス・ドノバン フレッシュアイペディアより)

  • Spy vs. Spy

    Spy vs. Spyから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    Prohíasはキューバの多作の漫画家で、政治に対する風刺で知られていたが、新進の独裁者であるフィデル・カストロに対する風刺が批判を招き、仕事の喪失、逮捕の可能性、処刑の恐怖に直面した彼は、カストロが報道の自由を奪う3日前であった1960年3月1日にアメリカに亡命した。Prohíasは彼の専門を生かせる仕事を探して同年7月12日にニューヨークにあるMADのオフィスを訪ね、彼の作品やSpy vs. Spyの原形を見せたところ功を奏し、彼は雇われ人となった。Spy vs. Spy フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・ルビオ

    マルコ・ルビオから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1971年、フロリダ州マイアミで、父マリオ・ルビオ・レイナと母オリア・(旧姓ガルシア)ルビオの三男として生まれる。彼の兄と姉妹は兄にキューバ生まれのマリオ・ヴィクター、姉にバーバラ(1987年に逮捕された元麻薬密輸グループの一員でもあったオーランド・シシリアと1980年に結婚している)、妹にヴェロニカ(プエルトリコ出身の歌手・俳優のカルロス・ポンセと結婚)である。両親はフィデル・カストロがキューバ革命起こす以前の1956年5月18日に貧しい生活から抜け出し、豊かな生活を求めてキューバのハバナにあるアメリカ領事館に駆け込み、キューバから経済移民としてアメリカに移民したキューバ人であり、家庭やキューバ人社会ではスペイン語が母語のため、幼少時よりスペイン語に堪能だった。両親のキューバでの子供時代は貧しく、父親は学校を途中で辞めて仕事をしていた為、読み書きを学んでいなかった。その為アメリカに来た時、小学校教育を持つ、勤勉な人々は彼らの子供の施設、車と大学を持っている余裕があると思い、この国なら機会があると希望を持っていたと言う。両親は当初、英語が中々話せず苦労しながら子供を育て、1975年にアメリカ市民権を取得している。母オリアは1961年に一時キューバに帰国しており、この時キューバは革命によりフィデル・カストロ政権による共産主義化に進んでいて、病んでいる母の父ペドロ・ヴィクター・ガルシアを説得してアメリカに連れて行く為である。母方の祖父ペドロ・ヴィクター・ガルシアは1956年にアメリカに移民するが、1959年にキューバに帰国し、1962年にビザなしでアメリカに入国したため、入国管理局によって拘留されている。移民裁判官はペドロに強制送還を命じたが、最終的には彼がビザなしでアメリカに残れるように配慮した。マルコ・ルビオ フレッシュアイペディアより)

  • マイアミ都市圏

    マイアミ都市圏から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    政治的にみると、マイアミ都市圏は民主党の支持が強い。ブロワード郡は州内でも2番目に民主党支持率の高い郡であり、その上にはガズデン郡が来るのみである。パームビーチ郡もブロワード郡と同様に民主党支持が強く、特にユダヤ人社会がその傾向がある。一方、フロリダ州の他の地域は南部の政治に従う傾向にあり、共和党を支持している。これにも例外があり、南部文化がそれほど影響を持たない所は共和党支持というわけでもない。マイアミ・デイド郡はヒスパニック系住人が多数派であり、共和党に投票するのは、フィデル・カストロの共産党支配から逃れてアメリカ合衆国に渡って来たキューバ系アメリカ人の古い世代が多くを占めている。しかし、マイアミ・デイド郡はフロリダ州の他の郡に比べれば民主党が強いままである。マイアミ都市圏 フレッシュアイペディアより)

  • レーガン・ドクトリン

    レーガン・ドクトリンから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    '':ジョーン・ディディオンによる本は、キューバのフィデル・カストロの共産主義政権などの政権を転覆させるアメリカ合衆国の努力を網羅している。レーガン・ドクトリン フレッシュアイペディアより)

350件中 71 - 80件表示