250件中 81 - 90件表示
  • ペレス・プラード

    ペレス・プラードから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    アメリカでの人気が下火となってきた1964年にメキシコシティに本拠地を移す。日本には1956年に初来日、以後17回日本で公演している。その際パラダイス山元に掛け声の指導をしたとされる。1989年メキシコシティの自宅にて各種の病気の併発により死去。カストロ政権下でのキューバでは、その死はわずか数行の記事で片付けられたものの、メキシコシティで行われた葬儀は世界中からペレス・プラードのファンが集まり、「史上最も陽気な葬儀」と形容されるほど華々しい葬儀であった。ペレス・プラード フレッシュアイペディアより)

  • ピューリッツァー賞 写真部門

    ピューリッツァー賞 写真部門から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1960年:アンドリュー・ロペス(UPI通信)、フィデル・カストロ率いる革命軍によって銃殺刑に処されるバティスタ軍の伍長を写した写真ピューリッツァー賞 写真部門 フレッシュアイペディアより)

  • バラク・オバマ政権の外交政策

    バラク・オバマ政権の外交政策から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    2008年の大統領選期間中、オバマはキューバ政府が民主的な改革を尊重し政治犯を釈放するよう圧力をかけるという彼のキューバに対する政策を主張した。彼の当選後、キューバのフィデル・カストロ前大統領は大統領と会談することについて「オープン」な考えであると語った。バラク・オバマ政権の外交政策 フレッシュアイペディアより)

  • 戦略

    戦略から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    第一次世界大戦・第二次世界大戦という総力戦や冷戦を経て、戦略は新しい発展を見せた。中国で人民解放戦争を指導した毛沢東は地方農民を教化し、日本軍に対して大規模なゲリラ戦を戦い、独自の戦略思想を確立した。このような思想は後にヴォー・グエン・ザップ、フィデル・カストロ、チェ・ゲバラなども用いて成功している。また第一次世界大戦に将校として従軍して軍事評論家となったベイジル・リデル=ハートは間接アプローチ戦略を理論化し「直接的な武力衝突ではない新しい間接的な手法によって勝利すべき」と論じた。戦略 フレッシュアイペディアより)

  • 水滸伝 (北方謙三)

    水滸伝 (北方謙三)から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    中国の四大奇書の一つとされる『水滸伝』を原典としつつも、全体を再構成し、独自の解釈と創作を加えてあるため、原典とはほぼ別物と見て過言ではない。梁山泊や宋江のモチーフがキューバ島やカストロであるとのコメントが象徴するように、全共闘世代である北方の経験や心境を投影した革命戦記としての要素が強く漂う。水滸伝 (北方謙三) フレッシュアイペディアより)

  • ニコラス・カッツェンバック

    ニコラス・カッツェンバックから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1961年、カッツェンバックはケネディ政権下で司法次官補となり、1962年からは司法副長官となった。1962年10月のキューバ危機の際には海上封鎖に伴う法的措置に関して大きな役割を果たした。またその2ヵ月後にはピッグス湾事件によりカストロに捕らえられた捕虜の釈放を求める交渉団の一員として活動した。ニコラス・カッツェンバック フレッシュアイペディアより)

  • グアンタナモ

    グアンタナモから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    しかしキューバ革命によって成立したフィデル・カストロ政権はアメリカの基地租借を非合法と非難しており、租借料は一度受け取った以外は受け取りを拒否している。グアンタナモ フレッシュアイペディアより)

  • 青年の島

    青年の島から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1953年から1955年までキューバ革命の指導者フィデル・カストロは、オリエンタ州のモンカダ兵営を攻撃した疑いでフルヘンシオ・バティスタ政権により収監されていた。のちにカストロは、ウベール・マトスに代表されるような、自分たちに抵抗する反革命勢力の指導者達、及びかつては革命軍を支持した政府軍の将軍だったものの、のちに革命政府と軋轢を起こすようになった人々を今度はここに収監した。青年の島 フレッシュアイペディアより)

  • アンゴラの歴史

    アンゴラの歴史から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    しかし、この三組織の連合は長続きせず、1975年中にFNLA=UNITA連合とMPLAの間で武装衝突が発生した。FNLAを後見していたザイールのモブツ政権はアンゴラ北部に進軍し、アメリカ合衆国も反共主義からMPLA以外の二組織に3,200万ドルの資金を援助した。一方、MPLAは同年8月に首都ルアンダを制圧し、ルアンダの港湾設備を通して得たソ連から兵器援助の効果もあって9月には全16州のうち12州を獲得した。しかし、10月に南アフリカのアパルトヘイト政権と結んだUNITAと南アフリカ軍が南部から進撃を開始し、北部からもFNLAとザイール軍がルアンダに向かって侵攻を始めていた。この状況に際して、カストロ首相の国際主義精神の下で派遣されたキューバ軍の助力を得たMPLAは首都防衛に成功し、11月11日にルアンダでアンゴラ人民共和国の独立を宣言した。初代大統領にはアゴスティーニョ・ネトが就任した。一方FNLA=UNITA連合はウアンボでアンゴラ人民民主主義共和国の独立を宣言したが、翌1976年2月にアフリカ統一機構(OAU)はMPLAのアンゴラ人民共和国政権をアンゴラ唯一の正当政府として認めたのであった。アンゴラの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • マニック・ストリート・プリーチャーズ

    マニック・ストリート・プリーチャーズから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    2001年、カール・マルクスシアターでライブを行い、キューバで初めて演奏する西側のロックバンドとなった。カストロに会い、「Louder than War」と言われ、これがこのライブDVDのタイトルにもなった(日本未発売であったが、2007年11月21日に発売)。同年6thアルバム『ノウ・ユア・エネミー』を発表、全英2位を記録。マニック・ストリート・プリーチャーズ フレッシュアイペディアより)

250件中 81 - 90件表示

「フィデル・カストロ」のニューストピックワード