350件中 81 - 90件表示
  • グレンコーブ (ニューヨーク州)

    グレンコーブ (ニューヨーク州)から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    邸宅の大半は20世紀の半ば以前に他の目的に転用された。以前はF・W・ウールワースの家だったウィンフィールドホールは個人の所有になっている。これとともにプラット家は地域で約5,000エーカー (20 km2) の土地を所有していた。ジョン・T・プラットの荘園(チャールズ・A・プラットが設計した「ザ・マナー」)は現在、グレンコーブ・マンションホテル・アンド・カンファランスセンターが運営している。その息子のハーバート・L・プラットの田舎屋敷である「ザ・ブレイズ」は1945年にウェッブ研究所が買収した。ここは改修を行った後の1947年に、海洋建築と土木の専門カレッジとして転用された。ジョージ・デュポン・プラットの邸宅であるキレンワースはソビエト連邦政府が国際連合代表団のために購入した。ロシアはこの施設を長い間、訪問者を泊めたり、国連スタッフの週末休息所として利用した。元ソ連首相のニキータ・フルシチョフやキューバ首相のフィデル・カストロが国連での集会のためにアメリカに来たとき、キレンワースに滞在した。グレンコーブ (ニューヨーク州) フレッシュアイペディアより)

  • 新庄哲夫

    新庄哲夫から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    タッド・シュルツ『フィデル・カストロ カリブ海のアンチヒーロー』(高沢明良共訳 文藝春秋 1998年)新庄哲夫 フレッシュアイペディアより)

  • ダック・テスト

    ダック・テストから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    起源については定説はないが、有力な説は2説ある。1つは1964年にリチャード・カーディナル・クッシングがフィデル・カストロの言を参考にしてこの言葉を用いたとする説である。もう1つは、冷戦構造下の1950年、アメリカ合衆国の駐グアテマラ大使リチャード・カニングハム・パターソン・ジュニアがグアテマラ大統領ハコボ・アルベンス・グスマンを共産主義に転じたとして告訴した際に用いたとする説である。ダック・テスト フレッシュアイペディアより)

  • アリーナ・フェルナンデス・リベルタ

    アリーナ・フェルナンデス・リベルタから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    キューバに生まれる。アリーナ本人は父親はフィデル・カストロとしている。母親はナティ・リベルタ。ただし、母親はフィデルとの関係は認めているが、アリーナの父親がフィデルであることを否定しており、アリーナがフィデルの娘であるというのは、自称に過ぎない。また二人が双方の最初の配偶者との結婚中に不倫関係にあったのは双方が認めているが、結婚はしておらず、後に二人ともに別の相手と再婚している。アリーナ・フェルナンデス・リベルタ フレッシュアイペディアより)

  • 第一の性

    第一の性から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    各論(第一の性―男性人物講座)は、「エジンバラ公」、「金田正一」、「大石内蔵助」、「エルヴィス・プレースリー」、「堀江謙一」、「フィデル・カストロ」、「園井啓介」、「ネール首相」、「大松博文」、「アラン・ドロン」、「親鸞」、「三島由紀夫」の12項目に分かれ、具体的な例をとりながら男性各論を述べている。最後の「三島由紀夫」では、自分自身を劇画化して分析している。第一の性 フレッシュアイペディアより)

  • バヤモの歌

    バヤモの歌から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    バヤモの歌(スペイン語:La Bayamesa)は、キューバの国歌である。1867年のバヤモ市において、ペドロ・フィゲレード(Pedro Figueredo)がフランスの国歌ラ・マルセイエーズを参考にしながら作詞、作曲した。1868年10月10日に始まる第一次キューバ独立戦争で独立派により歌われ、1869年に独立キューバの国歌とされた。なお、キューバの国旗と同様に、フィデル・カストロが実権を握ったキューバ革命後も変更されず、現在までこの国歌が使用されている。序奏部はアントニオ・ロドリゲス・フェレール(1864-1935)が作曲している。バヤモの歌 フレッシュアイペディアより)

  • パナルト

    パナルトから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1961年5月29日、フィデル・カストロによる共産主義政権がパナルトの録音スタジオを買収すると、まもなくレーベルも国有化され、社名は「Panart Nacionalizada」へ変更された。パナルト フレッシュアイペディアより)

  • 根本的な帰属の誤り

    根本的な帰属の誤りから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    実験対象者は、フィデル・カストロに関する賛成派と反対派の文章を読む。実験対象者はカストロびいきの作者の態度を評価するよう依頼される。実験対象者がその作者が自身の思想に忠実にその文章を書いたと信じている場合、そのような文章を書くのは当然として自然な評価をした(作者の気質に帰属させた)。しかし、Jones と Harris の仮説に反して、作者はコイントスでどちらの立場で文章を書くかを決めたのだと教えられても、評価は変わらなかった。つまり、実験対象者は作者が置かれた状況的制限の影響を認めることができず、誠実な信念を作者に帰することを抑えられなかった根本的な帰属の誤り フレッシュアイペディアより)

  • マリリン・クエール

    マリリン・クエールから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    選挙キャンペーン中のイメージに反し、アメリカ合衆国のセカンドレディとなってからのマリリンは3人の子どもと一緒に過ごす時間を大切にしながら、のホステスとして従来どおり控えめに役割を果たした。公的活動の多くが災害の救援活動に占められた。また、母親を乳がんで亡くしたこともあり、乳がんの早期発見と治療を促進するための活動も行った。1992年3月に姉のナンシー・タッカー・ノースコットとの共著でキューバの独裁者フィデル・カストロの破滅を描いたスリラー『』を出版して小説家デビューを飾った。マリリン・クエール フレッシュアイペディアより)

  • 電波少年INTERNATIONAL

    電波少年INTERNATIONALから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    羽田はロシア自由民主党党首であるウラジーミル・ジリノフスキーとジャンケン水かけゲームと対決したが、対決後にジリノフスキーから「来年ロシアへ来いよ」と言われた。宮前はキューバ国家評議会議長であるフィデル・カストロの髭を剃った上で、その髭で書き初めするという企画であったが、ロケ時にはカストロ議長は訪日中だったため、すれ違いとなってしまった。いずれも厳重な警備に苦しめられたロケで、キューバでは立ち止まることも許されなかったという。電波少年INTERNATIONAL フレッシュアイペディアより)

350件中 81 - 90件表示