174件中 91 - 100件表示
  • フィデル・カストロ

    フィデル・カストロから見た第一書記

    フィデル・アレハンドロ・カストロ・ルス(Fidel Alejandro Castro Ruz, 1926年8月13日 - )は、キューバの政治家、革命家、軍人、弁護士。社会主義者で、1959年のキューバ革命でアメリカ合衆国の事実上の傀儡政権であったフルヘンシオ・バティスタ政権を武力で倒し、キューバを社会主義国家に変えた。革命によって同国の最高指導者となり、首相に就任。1965年から2011年までキューバ共産党中央委員会第一書記を、1976年より2008年まで国家評議会議長(国家元首)兼閣僚評議会議長(首相)を務めた。フィデル・カストロ フレッシュアイペディアより)

  • フィデル・カストロ

    フィデル・カストロから見たキリスト教徒

    キューバはスペインの植民地だったこともあり、国民の大半はもともとキリスト教徒(カトリック)であったが、社会主義革命を標榜するフィデルは頑なな無神論者であり、キリスト教会を取り壊し、教徒を矯正キャンプに入れるなどの宗教弾圧政策を実施した。ローマ教皇ヨハネ23世は1962年1月3日にフィデルを破門した。これは1949年にピウス12世が発した法令によるものであったが、カトリック信徒たりつづけることを以前から放棄していたフィデルにとってこの破門は重要な出来事ではなく、カトリック教徒によるフィデルへの支援を妨害するために行われたと予想されたが、そうであったとする証拠はほとんど無い。フィデル・カストロ フレッシュアイペディアより)

  • フィデル・カストロ

    フィデル・カストロから見たベラクルス州

    1956年12月2日、60フィートのプレジャーヨット、グランマ号でトゥスパン(ベラクルス州, メキシコ)から他の「7月26日運動」のメンバー、総勢82名とともに、マンサニヨ(グランマ州, キューバ)へ上陸。その時点ではフィデルはまだ共産主義者あるいは社会主義者ではなかった。キューバ革命後の1959年後半にフィデルはアメリカの新聞に「どんな産業も国有化する意図はなかった」と語った。フィデルが明確にソビエト連邦を中心とする東側諸国への接近を企図するのは、1961年4月のピッグス湾事件の後である。フィデル・カストロ フレッシュアイペディアより)

  • フィデル・カストロ

    フィデル・カストロから見たコロンビア軍

    大学では政治活動に参加、革命反乱同盟(UTR)に加入する。1948年にラテンアメリカの学生運動の連合を図り、コロンビアを訪れたが、次期大統領候補だった自由党の指導者ホルヘ・エリエセル・ガイタンとの会談を予定していたその日にガイタンが暗殺され、コロンビアはボゴタソ(ボゴタ暴動)に突入した。フィデルもボゴタソに参加し、政府軍との衝突に加わった。投手としてメジャーリーグ選抜と対戦、3安打無得点に抑える。1950年に大学を卒業した。フィデル・カストロ フレッシュアイペディアより)

  • フィデル・カストロ

    フィデル・カストロから見たモントリオール

    トルドーとフィデルの友情はその後も続き、トルドーは退任後も1980年代から1990年代にかけてキューバを数度訪れている。フィデルは2000年のトルドー死去時、葬儀に参列するためモントリオールを訪れている。フィデル・カストロ フレッシュアイペディアより)

  • フィデル・カストロ

    フィデル・カストロから見たモンカダ兵営

    その後フィデルは武装勢力を組織し、1953年7月26日に、130名の仲間とともにモンカダ兵営(サンティアーゴ・デ・クーバ)に対する攻撃を行った。攻撃者の80人以上が死に、フィデルは逮捕された。裁判ではカトリック司教の仲裁で死刑は免れたが、懲役15年が宣告され、投獄される。獄中ではホセ・マルティなどを愛読、「歴史は私に無罪を宣告するだろう」を発刊する。1955年5月に恩赦によって釈放され、2ヶ月後にメキシコに亡命、後にアメリカに移住して活動を続けた。メキシコ亡命時代にはバティスタの意向を受けたメキシコ警察によって逮捕されたが、フィデルを見込んだメキシコ革命の大成者だった元大統領ラサロ・カルデナスの歎願によって釈放された。フィデル・カストロ フレッシュアイペディアより)

  • フィデル・カストロ

    フィデル・カストロから見たプラハの春

    米ソ間の緊張が高まり、核戦争の危機が現実味を帯びると、ケネディとフルシチョフは、アメリカがトルコからミサイルを撤去するのと引き替えにソ連がキューバからミサイルを撤去することで合意した。しかし、緊張が緩和された後もキューバとアメリカの対立は決定的なものとなった。フィデルはアメリカを敵視する一方で、アメリカと妥協したソ連に対しても不信感を募らせた。だが、ソ連との友好関係はキューバの重要な政策であり、フィデルはソ連との関係維持に努めた。フルシチョフ失脚後、ソ連に対する不信感を解消したフィデルは、1968年の「プラハの春」においてソ連軍によるチェコ侵攻に理解を示した。しかし、このようなソ連への態度が、チェ・ゲバラとの決別の大きな要因になった。フィデル・カストロ フレッシュアイペディアより)

  • フィデル・カストロ

    フィデル・カストロから見たトルコ

    米ソ間の緊張が高まり、核戦争の危機が現実味を帯びると、ケネディとフルシチョフは、アメリカがトルコからミサイルを撤去するのと引き替えにソ連がキューバからミサイルを撤去することで合意した。しかし、緊張が緩和された後もキューバとアメリカの対立は決定的なものとなった。フィデルはアメリカを敵視する一方で、アメリカと妥協したソ連に対しても不信感を募らせた。だが、ソ連との友好関係はキューバの重要な政策であり、フィデルはソ連との関係維持に努めた。フルシチョフ失脚後、ソ連に対する不信感を解消したフィデルは、1968年の「プラハの春」においてソ連軍によるチェコ侵攻に理解を示した。しかし、このようなソ連への態度が、チェ・ゲバラとの決別の大きな要因になった。フィデル・カストロ フレッシュアイペディアより)

  • フィデル・カストロ

    フィデル・カストロから見たバーター貿易

    革命直後はアメリカとも友好的な関係を維持しようと努力したが、フィデルを「容共的」と忌避したアメリカとの関係を見限ってソビエト連邦と接近し、同時にユナイテッド・フルーツ(現:チキータ)などの大企業の農園やハバナに立ち並ぶカジノホテル(その多くがアメリカ政府と密接な関係を持つマフィアの持ち物であった)などのアメリカ企業の資産の接収と国営化を推し進めたために、アメリカはキューバとの断交と経済制裁を発動し、それに対抗するようにソ連はサトウキビと石油のバーター貿易(事実上の経済支援)などを通じてキューバ支援を行った。フィデル・カストロ フレッシュアイペディアより)

  • フィデル・カストロ

    フィデル・カストロから見た中央委員会

    フィデル・アレハンドロ・カストロ・ルス(Fidel Alejandro Castro Ruz, 1926年8月13日 - )は、キューバの政治家、革命家、軍人、弁護士。社会主義者で、1959年のキューバ革命でアメリカ合衆国の事実上の傀儡政権であったフルヘンシオ・バティスタ政権を武力で倒し、キューバを社会主義国家に変えた。革命によって同国の最高指導者となり、首相に就任。1965年から2011年までキューバ共産党中央委員会第一書記を、1976年より2008年まで国家評議会議長(国家元首)兼閣僚評議会議長(首相)を務めた。フィデル・カストロ フレッシュアイペディアより)

174件中 91 - 100件表示

「フィデル・カストロ」のニューストピックワード