174件中 81 - 90件表示
  • フィデル・カストロ

    フィデル・カストロから見た中華人民共和国

    革命直後は、同じ社会主義政権の一党独裁国家である中華人民共和国との友好を図る。ゲバラらが中国を訪問して毛沢東らと会見しているが、中ソ論争が激しくなると中国との関係は悪化した。さらに中国は貿易問題と政治問題を結びつけてきたため、フィデルは中国政府を「強盗」と批判し、以後は対立関係にあった。フィデル・カストロ フレッシュアイペディアより)

  • フィデル・カストロ

    フィデル・カストロから見た南アフリカ共和国

    1970年代に起きたアンゴラ内戦ではキューバとソ連が政府側(MPLA)を支援して多数の軍隊を派兵したのに対し、中国は関係を回復しつつあったアメリカ合衆国、及びアパルトヘイトを敷いていた南アフリカ共和国と共同で反政府側(UNITA、FNLA)を支援した。フィデル・カストロ フレッシュアイペディアより)

  • フィデル・カストロ

    フィデル・カストロから見た原子力

    4男1女の父とされる。娘のアリーナ・フェルナンデス・リベルタ(ただし、母親はフィデルとの関係は認めているが、アリーナの父親がフィデルであることを否定しており、アリーナがフィデルの娘であるというのは、自称に過ぎない)はアメリカに亡命しており、残る4男は皆キューバに居住しているが、政治的には高い地位には就いていない。長男のディアスバラールト・フィデル・カストロは、原子力の専門家であり、キューバ政府最高科学顧問。学位はモスクワ大学博士(原子力工学)。フィデル・カストロ フレッシュアイペディアより)

  • フィデル・カストロ

    フィデル・カストロから見たアメリカ合衆国副大統領

    1959年1月の革命によってフィデルが全権を掌握すると、アメリカ合衆国は直ちにこれを承認した。しかし、新政府がアメリカ企業の資産没収と国有化を実施すると、アメリカとの関係は日増しに悪化する。フィデルは4月にホワイトハウスを訪れ、副大統領のリチャード・ニクソンと会談する。大統領のドワイト・D・アイゼンハワーは「ゴルフ中」で会えないという弁解を行ったことからも、当時アメリカがフィデルを軽視していたことが窺える。フィデル・カストロ フレッシュアイペディアより)

  • フィデル・カストロ

    フィデル・カストロから見たアンゴラ内戦

    1970年代に起きたアンゴラ内戦ではキューバとソ連が政府側(MPLA)を支援して多数の軍隊を派兵したのに対し、中国は関係を回復しつつあったアメリカ合衆国、及びアパルトヘイトを敷いていた南アフリカ共和国と共同で反政府側(UNITA、FNLA)を支援した。フィデル・カストロ フレッシュアイペディアより)

  • フィデル・カストロ

    フィデル・カストロから見た首相

    フィデル・アレハンドロ・カストロ・ルス(Fidel Alejandro Castro Ruz, 1926年8月13日 - )は、キューバの政治家、革命家、軍人、弁護士。社会主義者で、1959年のキューバ革命でアメリカ合衆国の事実上の傀儡政権であったフルヘンシオ・バティスタ政権を武力で倒し、キューバを社会主義国家に変えた。革命によって同国の最高指導者となり、首相に就任。1965年から2011年までキューバ共産党中央委員会第一書記を、1976年より2008年まで国家評議会議長(国家元首)兼閣僚評議会議長(首相)を務めた。フィデル・カストロ フレッシュアイペディアより)

  • フィデル・カストロ

    フィデル・カストロから見たニューヨーク市

    1979年10月にニューヨークで行われる国連総会に向かう航空機内にて、アメリカ人ジャーナリストのジョン・アルパートの「ニューヨークにはあなたを殺したいと思っている人がたくさんいますが」という問いかけにフィデルは「人は死ぬときは死ぬんだよ。それが運命だ」と答え、「あなたはいつも防弾チョッキを着ていると聞いていますが」という問いかけには、フィデルはシャツのボタンを外し、肌を露出させ防弾チョッキを着ていないことを見せて「着ていないよ。モラルってチョッキは着てるけどね。これがあれば強い」と答えている。フィデル・カストロ フレッシュアイペディアより)

  • フィデル・カストロ

    フィデル・カストロから見た革命家

    フィデル・アレハンドロ・カストロ・ルス(Fidel Alejandro Castro Ruz, 1926年8月13日 - )は、キューバの政治家、革命家、軍人、弁護士。社会主義者で、1959年のキューバ革命でアメリカ合衆国の事実上の傀儡政権であったフルヘンシオ・バティスタ政権を武力で倒し、キューバを社会主義国家に変えた。革命によって同国の最高指導者となり、首相に就任。1965年から2011年までキューバ共産党中央委員会第一書記を、1976年より2008年まで国家評議会議長(国家元首)兼閣僚評議会議長(首相)を務めた。フィデル・カストロ フレッシュアイペディアより)

  • フィデル・カストロ

    フィデル・カストロから見たオリンピックキューバ選手団

    フィデルが政権を握って以降、オリンピックキューバ選手団はかなり強豪であり、東側寄りである。フィデル・カストロ フレッシュアイペディアより)

  • フィデル・カストロ

    フィデル・カストロから見た国家元首

    フィデル・アレハンドロ・カストロ・ルス(Fidel Alejandro Castro Ruz, 1926年8月13日 - )は、キューバの政治家、革命家、軍人、弁護士。社会主義者で、1959年のキューバ革命でアメリカ合衆国の事実上の傀儡政権であったフルヘンシオ・バティスタ政権を武力で倒し、キューバを社会主義国家に変えた。革命によって同国の最高指導者となり、首相に就任。1965年から2011年までキューバ共産党中央委員会第一書記を、1976年より2008年まで国家評議会議長(国家元首)兼閣僚評議会議長(首相)を務めた。フィデル・カストロ フレッシュアイペディアより)

174件中 81 - 90件表示

「フィデル・カストロ」のニューストピックワード