前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
142件中 1 - 10件表示
  • 中田浩二 (サッカー選手)

    中田浩二 (サッカー選手)から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    2005年1月、元日本代表監督のフィリップ・トルシエが監督をしているフランス1部リーグのオリンピック・マルセイユの練習に参加する。マルセイユ側は中田の獲得を打診するが、提示された移籍金が低額だったため、鹿島側は中田の移籍を認めなかった。同時期、中田との契約切れが迫っていた鹿島は来季以降の契約更新を申し出るが、中田本人が海外移籍を希望していたため断り続ける。その後、契約切れとなりフリーの立場で同年1月26日にマルセイユに移籍した。所属クラブの意向を無視した移籍ゆえに円満移籍とはならなかった。中田浩二 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 中村俊輔

    中村俊輔から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    2002年5月、日韓W杯本大会メンバーへの招集が有力視されていたが、代表合宿で痛めていた足首のケガが長引いたことや、当時の日本代表監督であったトルシエの選考基準に合致しなかったことなどで落選した。ケガが癒えた直後の同年7月、イタリアのセリエAのレッジーナに移籍。レギュラーを確保しキッカーを任され、7得点をあげてセリエA残留に貢献した。中村俊輔 フレッシュアイペディアより)

  • 松田直樹

    松田直樹から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    フラット3と呼ばれる3バックの右サイドで不動のレギュラーであり、2002 FIFAワールドカップではベスト16入りに貢献した。松田直樹 フレッシュアイペディアより)

  • うるとらスーパーさぶっ!!

    うるとらスーパーさぶっ!!から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    2005年12月17日には、ファンからの単行本化の願いに応え、「ジーコジャパン激闘編」と題して、トルシエジャパン解散からドイツW杯最終予選突破までの作品を抜粋した内容で単行本を出版した。また、2006年6月6日には、モノクロで連載されていた時代からのノーカット版単行本が2巻同時に発売された。2006年8月23日に第3巻、2007年5月20日に第4巻が発売。うるとらスーパーさぶっ!! フレッシュアイペディアより)

  • 秋田豊

    秋田豊から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    2007年オフには、JFL・FC琉球の総監督に就任した元日本代表監督フィリップ・トルシエから現役復帰のオファーがあったものの、これを固辞。予定通りに現役を引退し、2008年シーズンより京都のトップチームコーチに就任。2009年2月1日には、カシマサッカースタジアムにて鹿島アントラーズ対ジュビロ磐田を対戦カードとして引退試合が行われる。同年11月30日には、監督職に必要なS級ライセンスを取得。秋田豊 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東輝悦

    伊東輝悦から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    日本代表監督であったフィリップ・トルシエは伊東を「日本のデシャン」と評した。またアトランタ五輪代表では、表のエースである前園真聖に対して影のエースと呼ばれ、監督の西野朗から絶大な信頼を受けていた。ディフェンシブなポジションであるにも関わらず被警告数が極端に少ないフェアプレーも特徴である。本人曰く「ファウルで(相手を)止めるのは簡単だが、それでは成長がない」。体格的に恵まれないため、力ではなく相手の先を読みボールを奪う技術に優れ、奪った後のボールが味方へのパスになるようプレーをしている。伊東輝悦 フレッシュアイペディアより)

  • フロラン・ダバディ

    フロラン・ダバディから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    (Florent Dabadie, 1974年11月1日 - )は、フランス・パリ出身のキャスター、ジャーナリスト。父は、作家・作詞家のジャン=ルー・ダバディ(ミッシェル・ポルナレフの数々のヒット曲の作詞でフランスでは広く知られている)。サッカー日本代表監督だったフィリップ・トルシエのアシスタントを務めたことから、日本での知名度を上げた。フロラン・ダバディ フレッシュアイペディアより)

  • 森岡隆三

    森岡隆三から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエ監督時代の日本代表では3-5-2システムのフラット3の中心選手だった。森岡隆三 フレッシュアイペディアより)

  • FIFAコンフェデレーションズカップ2001

    FIFAコンフェデレーションズカップ2001から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    また、本大会では他の各国に比べ弱小国とみなされていたオーストラリアや日本が躍進した。フランク・ファリーナ率いるオーストラリアは前進的な戦術で、グループリーグでフランスに勝利。3位決定戦ではブラジルを破って3位となった。またフィリップ・トルシエ率いる日本は、2001年3月24日仏のサンドニで開催された親善試合フランス戦での0-5の惨敗(サンドニの惨劇)以降、2000年アジアカップ・レバノン大会での積極的な攻撃サッカーから攻守のバランスを考えた対世界仕様のサッカーに転換し、さらにホームの後押しも受けたこともあり、決勝で再びフランスに0-1で惜敗したものの準優勝の座を得た。FIFAコンフェデレーションズカップ2001 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    7月に帰国。徐々にキレと感覚を取り戻すとレギュラーを獲得。2ndステージからの復帰で、12試合出場で3得点。トルシエ率いるU-20日本代表のFWの主軸として、ナイジェリアで開催されたワールドユースに2大会連続で出場。高原直泰と2トップを組み、準決勝・ウルグアイ戦で決勝点を決めるなど、チームの準優勝に貢献した。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
142件中 1 - 10件表示

「フィリップ・トルシエ」のニューストピックワード