142件中 91 - 100件表示
  • 2006 FIFAワールドカップ日本代表

    2006 FIFAワールドカップ日本代表から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    2002年7月22日、フィリップ・トルシエの後任として、世界のスーパースターとして名高いジーコが日本代表監督に就任した。2006 FIFAワールドカップ日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 市川大祐

    市川大祐から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエ監督が三つの年代を指揮した日本代表チームでは、就任当初から高い信頼と評価を受ける。だが、オーバートレーニング症候群を発症し、代表から長期間離脱。シドニーオリンピックも、本戦には出場できなかった。後にフル代表に復帰すると、2002年FIFAワールドカップ・日韓大会にも出場。チュニジア戦では鮮やかなクロスボールで中田英寿の得点をアシストするなど活躍。サイドにそれを本職とする選手を配置することが少ないトルシエのシステムにあって、2002年W杯の日本代表で唯一本職の右サイドのプレーヤーとして選出されていた。トルコ戦で敗れてベスト16が決定した際に涙を流し、トルシエに健闘を称えられた。その後は、オーバートレーニング症候群やケガなどで安定したコンディションを維持できない事が多く、ジーコ体制以降は代表から遠ざかった。市川大祐 フレッシュアイペディアより)

  • 日仏関係

    日仏関係から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    1998年 - 3月、「日本におけるフランス年」はじまる(99年3月まで)。6月、サッカー日本代表がフランスで開催されたFIFAワールドカップ・第16回大会に出場。多数の日本人がフランスに渡航したが、チケット問題なども発生。大会後にフランス人のフィリップ・トルシエ、日本代表監督に就任。日仏関係 フレッシュアイペディアより)

  • ライス・エンボリ

    ライス・エンボリから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    父親はDRコンゴ人で、母親はアルジェリア人。2008年にはオリンピック・マルセイユ時代の恩師フィリップ・トルシエに誘われ、日本フットボールリーグ(JFL)のFC琉球でプレー。2009年からブルガリアのPFCスラヴィア・ソフィアへと活動の場を移し、2009-10シーズンはブルガリア・リーグ最優秀GKに輝いた。2010年5月に母親の祖国であるアルジェリア国籍を取得し、W杯直前合宿で代表入り。本大会の2戦目イングランド戦、3戦目アメリカ戦でアルジェリアのゴールを守った。ライス・エンボリ フレッシュアイペディアより)

  • ブルキナファソのスポーツ

    ブルキナファソのスポーツから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    サッカーは非常に人気があり、トップレベルにおいても大衆レベルにおいても広く全国的に行われている。代表チームはYennenga王女の伝説の馬にちなんで、「レエタロン」(種牡馬)の愛称で呼ばれている。1998年、ブルキナファソはアフリカネイションズカップの開催国となり、ボボ・ディウラッソで多目的スタジアムが建設された。この大会ではフィリップ・トルシエ監督に率いられ、初のベスト4に入った。ブルキナファソのスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・ラデベ

    ルーカス・ラデベから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    ラデベの代表デビューは1992年7月7日のカメルーン戦で、4年後のアフリカネイションズカップ1996では優勝に貢献。1998 FIFAワールドカップではフィリップ・トルシエ監督、2002 FIFAワールドカップはカルロス・ケイロス監督の下でキャプテンとして出場を果たした。ルーカス・ラデベ フレッシュアイペディアより)

  • 平山智規

    平山智規から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    東海大一中から静岡北高を経て、1996年に柏レイソルへ練習生として入団。ブラジルのジュベントスへ留学を経験した後、3年目の1999年途中からチームでポジションを掴み始め、同時にシドニー五輪予選を戦うU-22代表にも招集された。2000年末には、トルシエ監督の日本代表合宿にも招集された。2003年8月のナイジェリア戦を前に、負傷により辞退した奥大介(横浜F・マリノス)に代わって代表に招集されたが、試合出場の機会はなかった。平山智規 フレッシュアイペディアより)

  • 吉原宏太

    吉原宏太から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    初芝橋本高校のエースとして、第74回全国高校サッカー選手権にてチームをベスト4に導き、得点王に輝く。卒業後、1996年当時ジャパンフットボールリーグでJリーグ昇格を争っていたコンサドーレ札幌に入団。同期入団に吉成大がいる。1998年に札幌がJリーグに昇格、同年3月21日の清水エスパルス戦にてJデビューを果たすが、同年の新規参入チームに不利なJ2降格ルールも災いし、1999年、札幌はJ2での戦いを余儀なくされてしまう。同年、所属クラブがJ2所属にもかかわらず得点を重ねた事が認められ、フィリップ・トルシエ監督が指揮するU-22オリンピック代表に選出される。同年には同監督が五輪代表ともども一括して指揮していたフル代表にも選出され、7月2日コパ・アメリカ(南米選手権)パラグアイ戦にて国際Aマッチ1試合のキャップを記録した。2000年からはJ1でのプレーを希望、オファーがあり故郷にも近いガンバ大阪に移籍した。吉原宏太 フレッシュアイペディアより)

  • 黄金世代

    黄金世代から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    ただ、1999年に当時のA代表監督も務めていたフィリップ・トルシエを代表監督に迎えて出場したワールドユース選手権・ナイジェリア大会では、イングランド代表やポルトガル代表といった強豪チームを下して決勝まで進み、スペイン代表(0-4)には惨敗したものの、「準優勝」という成績を収めて、同大会における最高成績を収めた(もし、この快挙が無ければ、彼らが”黄金世代”と呼ばれなかった可能性は高い)。黄金世代 フレッシュアイペディアより)

  • 大仁邦彌

    大仁邦彌から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    1992年に日本サッカー協会に入り、施設委員会委員長や女子委員長を歴任。1996年より強化委員長を務め、1998年の加茂周監督更迭から岡田武史監督への交代、および2002年のフィリップ・トルシエ監督就任に関わった。また、川淵三郎会長の下で2006年より副会長を3期6年にわたって務めた。大仁邦彌 フレッシュアイペディアより)

142件中 91 - 100件表示

「フィリップ・トルシエ」のニューストピックワード