154件中 91 - 100件表示
  • 波戸康広

    波戸康広から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    日本代表では、2001年3月のフランスに0対5で惨敗した後、守備の建て直しが急務と考えたフィリップ・トルシエ監督によって日本代表の右ウイングバックに抜擢された。翌月のスペイン戦でスタメン代表デビューを飾ると、中田英寿から「今日1番良かった選手」と称賛されるほど活発に右サイドを上下し、レギュラー格として定着。2001年の日本代表の殆どの試合に出場していたが、2002年ワールドカップ本大会前には清水エスパルスで三都主アレサンドロとの強力ウイングバックコンビとして調子を上げてきた、より攻撃的な市川大祐が起用されるようになり、波戸は本大会メンバーから外れた。波戸康広 フレッシュアイペディアより)

  • ホイッスル!

    ホイッスル!から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    飛葉中サッカー部での基本戦術でもある中学生では扱うのが難しいとされる3バックシステムのフラットスリーを鮮やかに駆使し、中心に位置するセンターバックとして試合中はもう一人の監督のような存在となり、西園寺の指示を受けつつ周囲の選手への正確なコーチングやラインコントロールに加えて、自身を中心に統率された組織守備で最終ラインを死守する。東京都選抜でもディフェンスの要として活躍し、風祭の兄貴分としてプレーのヒントを与えたりしているが、椎名をよく知る黒川曰く「クレバーで底意地の悪いプレー」が特徴である。ホイッスル! フレッシュアイペディアより)

  • ベノワ・ペドレッティ

    ベノワ・ペドレッティから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    FCソショーではキャプテンを務めクープ・ドゥ・ラ・リーグを掲げた。レイモン・ドメネク前フランスA代表監督が当時率いていたU-21フランス代表としてU-21 EURO2002準優勝を経てジャック・サンティニの指揮するフル代表へ初招集。2003年のFIFAコンフェデレーションズカップ、EURO2004のメンバーに名を連ねた後、憧れのクラブであったオリンピック・マルセイユに移籍するも、下部組織から上がって来たばかりのサミル・ナスリを重用したフィリップ・トルシエに干され1年でオリンピック・リヨンに移籍。そのリヨンでもジュニーニョ・ペルナンブカーノを筆頭に中盤の選手層が厚かった為に控えに甘んじることが多く、従って代表からも遠ざかることとなった。2006-2007シーズンに出場機会を求めてソショー在籍時の監督であったジャン・フェルナンデスが指揮を執るブルゴーニュの小クラブAJオセールへ移籍。同クラブでは移籍したブノワ・シェイルの後を継ぎキャプテンを務めた。輝きを取り戻したプレイと、ディフェンスにも汗しキャプテンとしてチームを鼓舞する姿が心を捉え、2010ワールドカップ予選時には崩壊状態にあったフランス代表を立て直せる選手として、元レキップ紙の名物記者であり現在カナルプリュスで解説者を務めるピエール・メネスを筆頭に代表復帰を望む声は多かった。2009-2010シーズンはリーグ最優秀監督に選ばれたジャン・フェルナンデスの標榜するコンパクトな守備と鋭いカウンター戦術を決定的なロングパスで司り、リーグ3位と大躍進の一年となった。ベノワ・ペドレッティ フレッシュアイペディアより)

  • ウマル

    ウマルから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    (ちなみに、フィリップ・トルシエのイスラム教における名はオマルである)ウマル フレッシュアイペディアより)

  • 服部年宏

    服部年宏から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    アトランタオリンピックで、ブラジル代表の最大のキーマンとされたジュニーニョ・パウリスタのマンマーク役を務め完封した事で一躍その名を上げると、同年には日本代表にも初召集されデビューを果たす。1998年ワールドカップ、2002年ワールドカップに出場。トルシエ政権下では左ストッパーとしてレギュラーに定着していた時期もあったが、2001年にフランスに大敗後、守備強化を掲げたトルシエは服部を左サイドの守備固め要員に回し、左ストッパーにはユースや五輪で頭角を示していた中田浩二が起用されたため、本大会では控えになった。監督がジーコに変わってからは左サイドバックとして起用されたが、世代交代やシステム変更もあり代表から外れた。服部年宏 フレッシュアイペディアより)

  • 田中誠 (サッカー選手)

    田中誠 (サッカー選手)から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    日本代表にはなかなか縁がなかった(トルシエ政権下では、田中が必ずしも得意でないフィード力がDFに求められていたことが原因、と田中はインタビューで示唆している)が、ジーコ指揮下では右のストッパーとして次第に出場機会を得る(磐田での主要ポジションであったリベロの位置には宮本恒靖がいたため)。2006年ドイツW杯代表にも選出されたが、ドイツでの直前合宿中に左ハムストリング肉離れのためチームを離脱し帰国。本大会への出場は叶わなかった。田中誠 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 滝川クリステル

    滝川クリステルから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    大学生時代の終わり頃にハーフ(ダブル)である自分のアイデンティティーについて強く悩み、サンフランシスコかフランスのどちらかに行こうと迷った末、フランスに行こうと決めたが、両親に「日本で語学を生かせる仕事に就いてほしい」と反対される。そんな中、サッカーワールドカップの日本代表監督が、フランス人のフィリップ・トルシエだったことがきっかけで「自分ならワールドカップで通訳なしの取材ができ、架け橋になれるかもしれない」と思い、アナウンサーを目指す。滝川クリステル フレッシュアイペディアより)

  • サミル・ナスリ

    サミル・ナスリから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    2004年、UEFA U-17欧州選手権にフランス代表として出場。決勝では勝ち越しゴールをあげるなど、優勝に貢献し脚光を浴びる。同年、ユース期から所属していたオリンピック・マルセイユと3年間のプロ契約を結び、9月12日のFCソショー戦でリーグ・アンデビュー。11月にフィリップ・トルシエが監督に就任するとレギュラーに抜擢される。チームは不振を極め、トルシエも2005年5月に解任されるが、ナスリはその後もマルセイユの司令塔として4シーズンに渡ってプレーした。サミル・ナスリ フレッシュアイペディアより)

  • ディフェンダー (サッカー)

    ディフェンダー (サッカー)から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    近代においては4バックでは中央の2人がセンターバックでゾーンディフェンスを行い、特定の役割を持たず状況に応じてプレーするのが一般的である。対して3バックでは両側のセンターバックでマンマークを行い、中央のセンターバックがスィーパーになる「2ストッパー1スウィーパー」が一般的である。かつて日本代表で、フィリップ・トルシエが模索したフラットスリーでは3人ともが特定のマークを担当せずスウィーパーも置かない方式であり、3バックとしてはかなり特異な戦術であると言える。ディフェンダー (サッカー) フレッシュアイペディアより)

  • アーセン・ベンゲル

    アーセン・ベンゲルから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    フランスワールドカップ終了後、ベンゲルは日本サッカー協会技術委員会から日本代表監督就任を依頼されたが、アーセナルFCと既に契約していることを理由に断った。当時日本サッカー協会技術委員長であった大仁邦彌によれば、その後、日本サッカー協会は直接フランスサッカー協会と交渉し、ちょうどスケジュールの空いていたフィリップ・トルシエを紹介された、という。このことを、ベンゲルがトルシエを日本代表監督へ推薦したと解説されることがあるが、トルシエを日本サッカー協会へ推薦・紹介したのは当時のフランスサッカー協会副会長であり、ベンゲルは直接には関与していない。ただし、ベンゲルはトルシエと知り合いであったため、フランス協会によってリストアップされた数名の候補に名前が挙がっていたトルシエを自分の代わりに推したと言われている。日本サッカー協会はベンゲルにトルシエの能力や人物像などについて相談しつつ、契約を結ぶことに決定した。なお、当時の日本サッカー協会会長の岡野俊一郎によれば、ベンゲルに一度断られたあと、「2002年W杯の日本代表監督は貴方しかいない」と手紙を出したが再度断られ、技術委員会がベンゲルの推薦したトルシエにしたいと言うので、ベンゲルの推薦ならということで、トルシエに決めたという。アーセン・ベンゲル フレッシュアイペディアより)

154件中 91 - 100件表示

「フィリップ・トルシエ」のニューストピックワード