154件中 111 - 120件表示
  • タイエ・タイウォ

    タイエ・タイウォから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    2005年1月10日にフランスのオリンピック・マルセイユに加入すると元日本代表監督であるフィリップ・トルシエ監督の下、名手ビセンテ・リザラズが抜けた左サイドバックを日本代表の中田浩二と争った。2006年にはアフリカ・ヤングプレーヤー・オブ・ザ・イヤーを獲得した。左サイドバックのレギュラーとして、2007-08・2008-09・2010-11シーズンの3度に渡りってリーグベストイレブンに選出された。タイエ・タイウォ フレッシュアイペディアより)

  • ミッシェル・ポルナレフ

    ミッシェル・ポルナレフから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    「哀しみの終わるとき」、「渚の想い出」、「愛の休日」、「哀しみのエトランゼ」などの作詞は、フランスで最も有名な作詞家であるジャン=ルー・ダバディの作品である。なお、子息にあたるフロラン・ダバディは、サッカー日本代表監督だったフィリップ・トルシエのアシスタント、通訳を務めたことから、日本でも広く知られている。ミッシェル・ポルナレフ フレッシュアイペディアより)

  • 日仏関係

    日仏関係から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    1998年 - 3月、「日本におけるフランス年」はじまる(99年3月まで)。6月、サッカー日本代表がフランスで開催されたFIFAワールドカップ・第16回大会に出場。多数の日本人がフランスに渡航したが、チケット問題なども発生。大会後にフランス人のフィリップ・トルシエ、日本代表監督に就任。日仏関係 フレッシュアイペディアより)

  • 小笠原満男

    小笠原満男から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    1999年、U-20日本代表として1999 FIFAワールドユース選手権に全試合出場し、1次リーグのアメリカ戦で1得点を決めるなど準優勝に貢献した。U-22日本代表にも選出されるが、監督のフィリップ・トルシエからプレー中におけるコミュニケーションの乏しさを指摘され、9月にスタメン出場した韓国との親善試合を最後に招集外となった。小笠原満男 フレッシュアイペディアより)

  • 大河原亮

    大河原亮から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    FC琉球時代には元日本代表監督のフィリップ・トルシエ氏の指導を受ける。また、チームメイトには、野田恭平、白井博幸、山下芳輝、永井秀樹、中村友亮などがいた。大河原亮 フレッシュアイペディアより)

  • 三都主アレサンドロ

    三都主アレサンドロから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    2001年11月に日本への帰化申請が認められると、フィリップ・トルシエによって日本代表に招集され、2002年3月のウクライナとの親善試合で代表デビューを果たす。2002 FIFAワールドカップの日本代表にも選出された。同大会のグループリーグでは初戦のベルギー戦に途中出場。さらに決勝トーナメント1回戦のトルコ戦では、トルシエ監督の奇策により変則の左ウイングで先発出場すると、惜しくもクロスバー直撃のフリーキックを放つなどしたが、1点をリードされる展開にトルシエ監督がメンバーやフォーメーションを従来の形に戻したため、前半のみで交代となった。三都主アレサンドロ フレッシュアイペディアより)

  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    アムカル・ペルミ退団後、2011年3月、日本人選手獲得を公言していたフィリップ・トルシエ率いる中国スーパーリーグの深圳紅鑽球倶楽部と契約し、楽山孝志と共に入団したが、右側足首痛症負傷。治療する環境が揃っていない事を理由に契約解除し退団した。巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • U-20サッカー日本代表

    U-20サッカー日本代表から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    1999年ナイジェリア大会では、前年のフランスW杯にも出場した小野伸二を中心に、のちにA代表に名を連ねる本山雅志、高原直泰、小笠原満男、遠藤保仁、中田浩二、稲本潤一、加地亮、酒井友之、播戸竜二、2大会連続出場の永井雄一郎・南雄太らを擁した、いわゆる「黄金世代」が、フィリップ・トルシエ監督の指揮の元に準優勝という日本サッカー史上に残る快挙を成し遂げた。大会の直前に主力であった金古聖司・市川大祐を負傷と疾病で欠き、また稲本も負傷の回復途上でコンディションが整わないなど不安視される要素も多かったが、その穴を感じさせぬ各選手の活躍が目立った。精神面・戦術面双方の支柱であったキャプテン小野を警告累積による出場停止で欠いた決勝ではスペインに0-4で完敗したものの、小野・本山は大会ベストイレブンにも選出された。U-20サッカー日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 樋渡群

    樋渡群から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    樋渡の通訳について、元日本代表監督のフィリップ・トルシエのアシスタントを務めたことでも知られるフローラン・ダバディは自身のtwitterで「通訳、上手いです。問題ありません。やはり彼も現役の指導者なだけに、サッカーをよく知っています?? 真面目そうですから、ハリル氏と気が合うでしょう」と評価した上で、樋渡をメインの通訳とした上でもう数人の通訳配置の必要性を主張している。樋渡群 フレッシュアイペディアより)

  • 呂比須ワグナー

    呂比須ワグナーから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエ監督による新体制移行後も代表招集され、1999年に行われたコパ・アメリカ1999ではペルー戦・ボリビア戦でそれぞれ1得点を挙げた。しかし日本代表はこの大会で良いところなく敗退し、トルシエは「呂比須以外の選手はこの大会の価値を理解していない」と発言した。余談であるが呂比須が代表で挙げた5得点のうち3得点がW杯予選、2得点がコパ・アメリカであり、すべて最重要な大会のビッグマッチである。(1998年3月4日のダイナスティカップで1得点したが、対戦相手が香港リーグ選抜であっため国際Aマッチ扱いではない。)呂比須ワグナー フレッシュアイペディアより)

154件中 111 - 120件表示

「フィリップ・トルシエ」のニューストピックワード