154件中 121 - 130件表示
  • 2006 FIFAワールドカップ日本代表

    2006 FIFAワールドカップ日本代表から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    2002年7月22日、フィリップ・トルシエの後任として、世界のスーパースターとして名高いジーコが日本代表監督に就任した。前々回のフランス大会以来となるアジア地区予選を順当に勝ち上がり、最終予選ではグループB1位となり、(開催国のドイツを除き)世界各地の地区予選に参加した国々の中でワールドカップ一番乗りを決めた。2006 FIFAワールドカップ日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 黄金のカルテット

    黄金のカルテットから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    ブラジルの「黄金の中盤」にならって名づけられたのが日本の「黄金のカルテット」である。稲本潤一、小野伸二、中村俊輔、中田英寿の4人は、早くから代表で活躍していたものの、稲本以外はポジションが重なることもあって、フィリップ・トルシエ監督時代には、1度も同時にピッチに立つことがなかった。それがジーコが代表監督に就任した初陣・2002年10月16日のジャマイカ戦で初めて同時にピッチに立ち、この言葉と共に大きな注目を集めた。黄金のカルテット フレッシュアイペディアより)

  • キリンチャレンジカップ

    キリンチャレンジカップから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    第1回は「キリンチャレンジ」と銘打って、1998年(平成10年)10月にフィリップ・トルシエ監督就任後最初の国際試合となった、日本代表vsエジプト代表の試合を開催。それ以後2000年(平成12年)まで「キリンチャレンジ」、もしくは「キリンビバレッジ・サッカー」と題して開催されてきたが、2001年(平成13年)からA代表の全ての試合において「キリンチャレンジカップ」と題して開催するようになり、A代表はもとより、オリンピック(U-23)・ユース・女子代表(なでしこジャパン)の強化・親善試合もカバーして開催している。キリンチャレンジカップ フレッシュアイペディアより)

  • 下田崇

    下田崇から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    この活躍によりフィリップ・トルシエ時代の日本代表に招集され、1999年3月の対ブラジル戦(国立)では先発に抜擢され初キャップを記録、この試合が唯一のA代表での出場となっている。2000年にはアジアカップ・レバノン大会にA代表メンバーとして登録。下田崇 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    ジュニアユース時代から各年代別で日本代表に選出されてきた。小野伸二、稲本潤一、遠藤保仁といった、いわゆる黄金世代が準優勝した1999 FIFAワールドユース選手権では、フィリップ・トルシエ監督の下、一つ下の世代から代表候補入りを果たしている。2004年のアテネオリンピックには、キャプテンとして田中マルクス闘莉王、松井大輔、大久保嘉人、駒野友一らと共に出場。山本昌邦監督に本職だったボランチから右サイドバックやリベロに起用され、これを機に、ユーティリティプレーヤーとして活躍することが多くなった。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 戸田和幸

    戸田和幸から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    2001年、ボランチ転向後招集されたトルシエジャパンではFIFAコンフェデレーションズカップ2001にて日本代表デビューを果たす。以降、不可欠な存在となる。戸田和幸 フレッシュアイペディアより)

  • 市川大祐

    市川大祐から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエが三つの年代を指揮した日本代表チームでは、就任当初から高い信頼と評価を受ける。だが、オーバートレーニング症候群を発症し、代表から長期間離脱。ワールドユース及びシドニーオリンピックも、本戦には出場できなかった。市川大祐 フレッシュアイペディアより)

  • オスカープロモーション

    オスカープロモーションから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    フローラン・ダバディー(フィリップ・トルシエ元サッカー日本代表監督の通訳)オスカープロモーション フレッシュアイペディアより)

  • 藤田俊哉

    藤田俊哉から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    清水商業高校では、2年時に高校選手権優勝を経験。筑波大学を経て1994年、この年にJリーグへ昇格するジュビロ磐田に入団。1年目からレギュラーを獲得し、中山雅史、名波浩らとともに、ステージ優勝6回、年間優勝3回、そしてアジアクラブ選手権優勝1回という磐田黄金時代を作り上げ、自身もJリーグベストイレブンに3度選出された。2001年にはJリーグMVPも受賞するなど、リーグではその能力を数々の実績で証明している。一方で日本代表においては、ファルカン、加茂周、トルシエ、ジーコと歴代の監督により招集されたが、いずれの監督下でもレギュラーではなくサブとしての登用であった事から、当時はインタビューなどで「頂点を極めたなんて思ったことは一度もありません」と語っている。海外クラブに所属する選手を重用する傾向があったジーコ監督時代の2003年には、代表定着を狙うためにオランダのFCユトレヒトに半年間の期限付き移籍。この時期は積極的に代表に呼ばれたが、やはりレギュラー定着はできなかった。ユトレヒトでは1ゴールを記録するなど上々の成績を残した。シーズン終了後には移籍期間延長の打診もあり、藤田自身もオランダでのプレーの続行を望んだが、ユトレヒトには完全移籍に移行する際の移籍金を支払う資金力が無く、加えて成績が下降傾向だった磐田からは移籍期限終了に伴う磐田への復帰を強く要請されたため、日本へ復帰した。藤田俊哉 フレッシュアイペディアより)

  • 河合じゅんじ

    河合じゅんじから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    1999年に掲載。サッカー日本代表監督フィリップ・トルシエをモデルとしたとるしえ監督を主人公としたギャグ漫画。河合じゅんじ フレッシュアイペディアより)

154件中 121 - 130件表示

「フィリップ・トルシエ」のニューストピックワード