142件中 31 - 40件表示
  • スター・システム

    スター・システムから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    スポーツにおいてスターシステムという言葉が多用されるようになったのはフィリップ・トルシエがサッカー日本代表の監督であった1998年 - 2002年ころである。マスコミ報道による過度のプレッシャーにより選手が潰されてしまった実例として、しばしばトルシエは前園真聖の名を挙げた。そのほかにトルシエはイタリアのクラブチームで控えの選手(中田英寿)をスーパースター扱いする日本のマスコミを不思議がっていた。「日本のテレビニュースでは日本人選手が活躍したところだけダイジェストで流すため、その選手が世界的な大物だと視聴者が勘違いしてしまう」と語っていた。世界第二位の市場を持つ日本のマスコミの扱い方次第で、中田クラスの選手が日本市場向けのスポンサーが付けば年に10億円以上稼げて世界のサッカー選手の年収ベスト10に入るという現象が起きていた。このことはサッカーだけでなく野球やゴルフ等の海外での日本選手の行動を扱う際の日本マスコミ報道の異様さを批判する時に度々引用され、それは2002年にトルシエが退任した後も続いている。また2009年には浦和レッズの原口元気がU-19の代表に選出された直後の加熱ぶりに当時の監督であるフォルカー・フィンケはマスコミに対して不快感を示し、5月5日の柏レイソル戦後の記者会見で「あのように実力もあって、もちろん才能のある若い選手が毎日のようにメディアに出てしまうのは良くないことだと思う」と発言しサッカー界のスター・システムのあり方に波紋を広げた。スター・システム フレッシュアイペディアより)

  • アジャム・ブジャラリ・モハメッド

    アジャム・ブジャラリ・モハメッドから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    現役時代はモロッコの国内リーグでプレーし、その後ナイジェリア代表や南アフリカ共和国代表のスタッフとして指導者の経験を積む。この時フィリップ・トルシエに従事しており、1998年(平成10年)にトルシエがサッカー日本代表に就任するとサミアも代表コーチに就任し、トルシエが退任する2002 FIFAワールドカップまでトルシエのサポートを行なっていた。アジャム・ブジャラリ・モハメッド フレッシュアイペディアより)

  • エスタディオ・ヌエボ・アルカンヘル

    エスタディオ・ヌエボ・アルカンヘルから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    2001年4月にはフィリップ・トルシエ率いるサッカー日本代表が当地で、スペイン代表と対戦。1-0でスペイン代表が勝利を収めている。エスタディオ・ヌエボ・アルカンヘル フレッシュアイペディアより)

  • 1955年のスポーツ

    1955年のスポーツから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    3月21日 - フィリップ・トルシエ(フランス、サッカー)1955年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • えみり・ジェンヌ

    えみり・ジェンヌから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    2007年12月21日放送回にフィリップ・トルシエが出演する予定であったが同氏がいつの間にか帰ってしまった為、出演はなかった(いわゆるドタキャン)。番組側はあくまで大人の理由とし番組側に落ち度はなかったとした。えみり・ジェンヌ フレッシュアイペディアより)

  • 榊原信行

    榊原信行から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    2007年12月19日にはサッカーの日本フットボールリーグ(JFL)に所属している沖縄のプロサッカークラブ、「FC琉球」の運営法人である株式会社琉球スポーツキングダムに、榊原が新たに設立した株式会社沖縄ドリームファクトリーを通じてM&Aを行い、経営に参画することとなった。また、榊原のサッカーや沖縄に対する理念を元サッカー日本代表監督のフィリップ・トルシエが理解・共感し、FC琉球の総監督への就任と同時にマネージメントを行うことを発表。2008年より共にJリーグを目指すこととなった。2009年12月、株式会社琉球スポーツキングダムの経営難に伴い、営業権が株式会社沖縄ドリームファクトリーに移管、球団代表に就任。榊原信行 フレッシュアイペディアより)

  • サッカーのユニット

    サッカーのユニットから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    フラット3(2002 FIFAワールドカップ・日本代表フィリップ・トルシエ監督時代)サッカーのユニット フレッシュアイペディアより)

  • スポーツ観光マイスター

    スポーツ観光マイスターから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    この制度は、世界的に活躍する各スポーツ関係者を「スポーツ観光マイスター」として任命することにより、訪日旅行のPRにつなげることを目的とする。同庁の溝畑宏長官の肝いりで2010年に創設された。第1弾として、同7月6日付で元サッカー日本代表監督のフィリップ・トルシエら3人が任命され、同8日に観光庁国際会議室にて任命式が行われた。スポーツ観光マイスター フレッシュアイペディアより)

  • 周海浜

    周海浜から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    2006年に行われたトゥーロン国際大会に中国代表として出場し、アルゼンチンと対戦し1対0で勝利。その試合でのパフォーマンスを元日本代表監督のフィリップ・トルシエは「今日見た中で一番の選手だ。彼のフィジカルは素晴らしくピッチ全体を支配していた」と評価している。周海浜 フレッシュアイペディアより)

  • 保坂和拓

    保坂和拓から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    サッカー日韓ワールドカップでは、朝日放送の地元・大阪(長居スタジアム)で実施されたグループH・チュニジア対日本戦の中継(テレビ朝日系列、2002年6月14日)でピッチレポートを担当。日本が2 - 0で勝利した直後の監督インタビューでは、フィリップ・トルシエ監督との抱擁を通じて、グループステージ突破の喜びを分かち合う姿が放送された。保坂和拓 フレッシュアイペディアより)

142件中 31 - 40件表示

「フィリップ・トルシエ」のニューストピックワード