154件中 41 - 50件表示
  • 望月一頼

    望月一頼から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    1998年11月、フィリップ・トルシエ監督率いるサッカー日本代表にGKコーチとしてスタッフ入りし、ワールドユースナイジェリア大会やシドニーオリンピック、アジアカップ2000などの試合でチームを支えた。望月一頼 フレッシュアイペディアより)

  • 氏家英行

    氏家英行から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    移籍1年目にフィリップ・トルシエ監督のもとでU-20日本代表としてFIFAワールドユース選手権メンバーに選ばれた。控え選手だったがムードメーカーとしてチームを盛り立て、小野伸二が累積警告のため出場できなかった決勝戦にはトリプルボランチのひとりとして先発出場した。氏家英行 フレッシュアイペディアより)

  • AFCアジアカップ2004

    AFCアジアカップ2004から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    その一方で、日本躍進の立役者の一人でもあったフィリップ・トルシエが、成績不振を理由に大会途中でカタール代表監督を解任されるなど、以前から中東諸国で散見される粛清人事も見られた。AFCアジアカップ2004 フレッシュアイペディアより)

  • エスタディオ・ヌエボ・アルカンヘル

    エスタディオ・ヌエボ・アルカンヘルから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    2001年4月にはフィリップ・トルシエ率いるサッカー日本代表が当地で、スペイン代表と対戦。1-0でスペイン代表が勝利を収めている。エスタディオ・ヌエボ・アルカンヘル フレッシュアイペディアより)

  • シドニーオリンピックにおけるサッカー競技

    シドニーオリンピックにおけるサッカー競技から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    日本はフィリップ・トルシエ監督がA代表監督と兼任する形でチームを率い、年代別の世界大会で好成績を収めてきた選手たちを中心に、アジア予選は12試合合計66得点をマークして全勝と、他のチームを寄せ付けない強さを発揮し難なく突破。本大会もA代表の中心選手となっていた中田英寿や中村俊輔などを中心とする「史上最強」と称されたメンバーが出場(黄金世代参照)し、グループリーグを2勝1敗の2位で突破して銅メダルに輝いた1968年メキシコシティ大会以来32年ぶりの決勝トーナメント進出を果たす。準々決勝でアメリカにPK戦までもつれた末敗れてベスト8となった。シドニーオリンピックにおけるサッカー競技 フレッシュアイペディアより)

  • 楽山孝志

    楽山孝志から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    2011年から、フィリップ・トルシエ率いる中国超級の深圳紅鑽に、巻誠一郎と共に契約した。同年6月、青島中能戦にて中国超級における日本人選手初ゴールおよび自身キャリアにおけるリーグ戦初ゴールを決めている。巻が怪我で帰国するなど他の外国人選手に怪我が続出し、その結果同シーズンで深圳は甲級(2部)に降格してしまうが、その中で楽山はほぼフル出場し最終節の29節には2アシストでベスト11 にも選ばれるなど活躍した。楽山孝志 フレッシュアイペディアより)

  • すいとん

    すいとんから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    マミーすいとん - 福島県楢葉町のすいとん。元・サッカー日本代表監督のフィリップ・トルシエが名前を付けたことで知られる。すいとん フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤由紀彦

    佐藤由紀彦から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    2001年、新加入のMFケリーに一時ポジションを奪われたが、全体練習後に長澤徹コーチの下でクロスを「常人ではありえないほど」繰り返し蹴り込んで向上を追及し、5月になって布陣を変更してからはケリーがトップ下、佐藤が右サイドに入る形で先発に復帰。長澤の助言を受けてオフ・ザ・ボールの動きも大きく向上し、ケリーとのコンビネーションは、自ら「運命的な出会い」とコメントする程 絶妙なものとなった。同年9月にはフィリップ・トルシエ監督率いる日本代表候補に初選出。リーグ戦終了後には優秀選手賞として表彰された。佐藤由紀彦 フレッシュアイペディアより)

  • 深セン市足球倶楽部

    深セン市足球倶楽部から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエが監督に就任したが、超級リーグで最下位となり甲級(2部リーグ)への降格が決まった。深セン市足球倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌邦

    山本昌邦から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    ワールドユース後は磐田のコーチを経て、1998年に日本代表コーチに就任し、監督のフィリップ・トルシエを補佐。1999 FIFAワールドユース選手権で準優勝、2000年のシドニーオリンピックでベスト8、AFCアジアカップ2000で優勝、FIFAコンフェデレーションズカップ2001で準優勝、2002 FIFAワールドカップでベスト16の成績を残した。山本昌邦 フレッシュアイペディアより)

154件中 41 - 50件表示

「フィリップ・トルシエ」のニューストピックワード