142件中 41 - 50件表示
  • 広野インターチェンジ

    広野インターチェンジから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    当ICから国道6号を経てJヴィレッジに至る道路は、「トルシエ通り」と命名されている。広野インターチェンジ フレッシュアイペディアより)

  • 米山篤志

    米山篤志から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    トルシエ監督時代には日本代表にも選出され、2000年2月26日のAFCアジアカップ予選・ブルネイ戦で国際Aマッチのキャップを記録した。米山篤志 フレッシュアイペディアより)

  • 木之本興三

    木之本興三から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    日本サッカー協会ではワールドカップ2002年大会に向けた強化推進本部副本部長を務め、本大会では日本代表団長となった。本大会を直前に控えてフィリップ・トルシエが選考した23人のメンバーを発表した。大会期間中、ホテルで意識を失ったり、バージャー病に冒されたことが判明した。木之本興三 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田俊哉

    藤田俊哉から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    一方で日本代表においては、ファルカン、加茂周、トルシエ、ジーコと歴代の監督により招集されたが、いずれの監督下でもレギュラーではなくサブとしての登用であった事から、当時はインタビューなどで「頂点を極めたなんて思ったことは一度もありません」と語っている。海外クラブに所属する選手を重用する傾向があったジーコ監督時代の2003年には、代表定着を狙うためにオランダのFCユトレヒトに半年間の期限付き移籍。この時期は積極的に代表に呼ばれたが、やはりレギュラー定着はできなかった。ユトレヒトでは1ゴールを記録するなど上々の成績を残した。シーズン終了後には移籍期間延長の打診もあり、藤田自身もオランダでのプレーの続行を望んだが、ユトレヒトには完全移籍に移行する際の移籍金を支払う資金力が無く、加えて成績が下降傾向だった磐田からは移籍期限終了に伴う磐田への復帰を強く要請されたため、日本へ復帰した。藤田俊哉 フレッシュアイペディアより)

  • ベノワ・ペドレッティ

    ベノワ・ペドレッティから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    レイモン・ドメネク前フランスA代表監督が当時率いていたU-21フランス代表として2002年UEFA U-21欧州選手権準優勝を経てジャック・サンティニの指揮するフル代表へ初招集。2003年のFIFAコンフェデレーションズカップ、UEFA欧州選手権2004のメンバーに名を連ねた後、憧れのクラブであったオリンピック・マルセイユに移籍するも、下部組織から上がって来たばかりのサミル・ナスリを重用したフィリップ・トルシエに干され1年でオリンピック・リヨンに移籍。そのリヨンでもジュニーニョ・ペルナンブカーノを筆頭に中盤の選手層が厚かった為に控えに甘んじることが多く、従って代表からも遠ざかることとなった。2006-2007シーズンに出場機会を求めてソショー在籍時の監督であったジャン・フェルナンデスが指揮を執るブルゴーニュの小クラブAJオセールへ移籍。輝きを取り戻したプレイと、ディフェンスにも汗しキャプテンとしてチームを鼓舞する姿が心を捉え、2010ワールドカップ予選時には崩壊状態にあったフランス代表を立て直せる選手として、元レキップ紙の名物記者であり現在カナルプリュスで解説者を務めるピエール・メネスを筆頭に代表復帰を望む声は多かった。ベノワ・ペドレッティ フレッシュアイペディアより)

  • シドニーオリンピックにおけるサッカー競技

    シドニーオリンピックにおけるサッカー競技から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    日本はフィリップ・トルシエ監督がA代表監督と兼任する形でチームを率い、年代別の世界大会で好成績を収めてきた選手たちを中心に、アジア予選は12試合合計66得点をマークして全勝と、他のチームを寄せ付けない強さを発揮し難なく突破。本大会もA代表の中心選手となっていた中田英寿や中村俊輔などを中心とする「史上最強」と称されたメンバーが出場(黄金世代参照)し、グループリーグを2勝1敗の2位で突破して銅メダルに輝いた1968年メキシコシティ大会以来32年ぶりの決勝トーナメント進出を果たす。準々決勝でアメリカにPK戦までもつれた末敗れてベスト8となった。シドニーオリンピックにおけるサッカー競技 フレッシュアイペディアより)

  • 田坂和昭

    田坂和昭から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    日本代表の合宿で京都に滞在した際、三浦知良の「金閣寺、行くぞ」という号令の下、田坂、きーちゃん、ゴン、トシヤの5人で日本代表のジャージを着たまま電車に乗って行った。代表監督がフィリップ・トルシエになってからチームの雰囲気は変わり、「メシ喰ったら自分の部屋に帰ってゲームをするようになった」という。田坂和昭 フレッシュアイペディアより)

  • 2002 FIFAワールドカップ日本代表

    2002 FIFAワールドカップ日本代表から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    監督はフランス人のフィリップ・トルシエ。フランス大会直後の1998年9月に就任して以降、ユース代表・シドニーオリンピック代表監督を兼任し、若い世代の選手達の育成に尽力。ひいてはA代表メンバーの底上げを図った。本大会のメンバーは、シドニー世代で25歳の中田英寿・松田直樹・宮本恒靖らを中心に据え、22歳の小野伸二・稲本潤一ら「黄金世代」とも呼ばれる1979年度生まれが5人を占めており、若手が多く起用された。また、前回大会メンバーである中山雅史・秋田豊の両ベテランの選出と、国内で評判の高かったフリーキックの名手である中村俊輔が落選したことは大きな波紋を呼んだ。エースストライカーとして期待されていた高原直泰は、大会直前にエコノミークラス症候群(肺血栓塞栓症)を発症し出場を断念している。2002 FIFAワールドカップ日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 黄金のカルテット

    黄金のカルテットから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    ブラジルの「黄金の中盤」にならって名づけられたのが日本の「黄金のカルテット」である。稲本潤一、小野伸二、中村俊輔、中田英寿の4人は、早くから代表で活躍していたものの、稲本以外はポジションが重なることもあって、フィリップ・トルシエ監督時代には、1度も同時にピッチに立つことがなかった。それがジーコが代表監督に就任した初陣・2002年10月16日のジャマイカ戦で初めて同時にピッチに立ち、この言葉と共に大きな注目を集めた。黄金のカルテット フレッシュアイペディアより)

  • 河合じゅんじ

    河合じゅんじから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    1999年に掲載。サッカー日本代表監督フィリップ・トルシエをモデルとしたとるしえ監督を主人公としたギャグ漫画。河合じゅんじ フレッシュアイペディアより)

142件中 41 - 50件表示

「フィリップ・トルシエ」のニューストピックワード