154件中 51 - 60件表示
  • 岡中勇人

    岡中勇人から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    1993年Jリーグ開幕節前から本並健治と正ゴールキーパーの座を巡って熾烈な争いをしていたが、しばらくはベンチを温める状態が続いた。本並が腎臓破裂の重傷を負い、長期離脱中は正GKとしてゴールを守り続けた。1994年に本並が復帰すると再びベンチを温める時期が続いたが、1996年シーズン途中に本並からポジションを奪い返し、1997年に本並がヴェルディ川崎に移籍した後も絶対的守護神としてゴールを守り続けた。1998年には岡田武史、フィリップ・トルシエの両監督からいずれも日本代表に招集された。しかし、2000年に病気の影響で開幕から離脱している間に都築龍太にポジションを奪われる。復帰後も都築からレギュラーを奪った松代直樹が正GKを務めていたため出場機会が激減し、2002年にJ2の大分トリニータへ移籍。G大阪には松下電器時代から数えて11シーズン在籍した。岡中勇人 フレッシュアイペディアより)

  • 廣山望

    廣山望から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    U-20日本代表がベスト8に進出した1997 FIFAワールドユース選手権では4試合出場1ゴール。フィリップ・トルシエが監督を務めた1998年バンコク・アジア大会のU-21日本代表では5試合に出場。廣山望 フレッシュアイペディアより)

  • 山下芳輝

    山下芳輝から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    高校卒業後、山下は1996年にJリーグへ同年昇格したアビスパ福岡へ入団。地元出身の希望の星として注目され、開幕戦 でJリーグデビューを果たした。以後、下位に低迷する苦しいチーム事情の中、上野優作と2トップを組み、1997年のJ1参入決定戦では1回戦(J1参入決定予備戦)の川崎フロンターレ戦で後半途中から出場し、ロスタイムに同点ゴールを決め、クラブを2部(J2)降格の危機から救った。その後も福岡のエースとして活躍する一方、日本代表(五輪代表監督兼務)のフィリップ・トルシエ監督から2000年のシドニー五輪に向け1999年に開催されたアジア地区予選のU-22日本代表に選出された。オリンピック本戦出場はならなかった。その後、2001年にはトルシエ監督により日本代表(フル代表)にも招集され、FIFAコンフェデレーションズカップ2試合に出場した。しかし同年に福岡はJ2に降格し、山下は福岡と入れ替わりで1部(J1)に昇格したベガルタ仙台へ期限付き移籍した。山下芳輝 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井友之

    酒井友之から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    U-19、20日本代表では、1998年アジアユース選手権に準優勝、1999年U-20ワールドユース選手権に準優勝。アジアユース選手権ではボランチとして出場していたが、1999年U-20ワールドユース選手権では、右ウイングバックと当初目されていた市川大祐が大会を欠場したため、フィリップ・トルシエによって酒井が同ポジションにコンバートされ全試合に出場した。酒井友之 フレッシュアイペディアより)

  • 平瀬智行

    平瀬智行から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    1993年、鹿児島実業高等学校に入学。3年時の第74回高校サッカー選手権で優勝(静岡学園高と両校優勝)を果たすと、1996年に鹿島アントラーズへ入団。同期に柳沢敦や池内友彦がいる。1998年にはブラジルのCFZ・ド・リオへ留学を果たし、1999年、当時の代表監督フィリップ・トルシエに見込まれ、シドニーオリンピック予選の代表に選出された。アジア予選ではゴールを量産し、チーム最多の17得点を挙げる活躍を見せ、本戦出場の原動力となった。平瀬智行 フレッシュアイペディアより)

  • 丸の内御三家

    丸の内御三家から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    1993年のJリーグ開始と前後して日本サッカー界がメディアの注目を集めるようになった時期から「御三家」にも変化が生じるようになり、オランダ人のハンス・オフト、ブラジル人のパウロ・ロベルト・ファルカン、「御三家」外の加茂周が登用されるなど、かつての影響力は低下しているとも評されるが、1999年に日本代表監督のフィリップ・トルシエの解任騒動が浮上した際には、「御三家」の内の古河電工および早稲田大学出身者が解任派、三菱重工および慶應義塾大学出身者が続投派に分裂し、水面下で駆け引きが行われたとの報道がなされた。JFA内部では1990年代以降も古河や三菱の出身者が要職を占めるケースが多いが、会長は川淵三郎(古河電工)、犬飼基昭(三菱重工)、小倉純二(古河電工)、大仁邦彌(三菱重工)、田嶋幸三(古河電工)と、2010年代に入った後も両社の出身者が続いている。丸の内御三家 フレッシュアイペディアより)

  • 熊谷浩二

    熊谷浩二から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    三本木農高では全国高校サッカー選手権大会に3年間出場することができなかったが、ユース代表としては1995年のワールドユースで代表のキャプテンも務め、中田英寿らと共に世界を相手にベスト8という成績を残した。当時の共に戦ったメンバーの中には、奥大介、松田直樹、森岡隆三、山田暢久といった選手がいる。またトルシエジャパン時代には代表候補にも選ばれた。熊谷浩二 フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ

    フィリップから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエ - フランス出身のサッカー指導者。フィリップ フレッシュアイペディアより)

  • 吉原宏太

    吉原宏太から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    1999年、札幌に残留した吉原は5月2日のヴァンフォーレ甲府戦でハットトリックを達成するなど順調に得点を重ね、J2所属にもかかわらずフィリップ・トルシエ監督が指揮するU-22オリンピック代表に選出され、アジア予選ではスーパーサブとして起用され、途中出場ながら得点を量産し、高い得点率を示す。さらにコパ・アメリカ(南米選手権)に参加するA代表で中山雅史が大会直前のアルゼンチン合宿で負傷離脱すると、トルシエは五輪予選期間中にも関わらず吉原を追加招集で呼び寄せる。五輪チームを離れ大会直前にA代表に初合流したが、出場は7月2日のパラグアイ戦のみで、フル代表キャップもこれが唯一となった。このシーズンは自身は代表での離脱がありながらも15得点を記録したもののチームは昇格を逃したためJ1でのプレーを希望、オファーがあり故郷にも近いガンバ大阪に移籍した。吉原宏太 フレッシュアイペディアより)

  • 大仁邦彌

    大仁邦彌から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    1992年に日本サッカー協会に入り、施設委員会委員長や女子委員長を歴任。1996年より強化委員長を務め、1998年の加茂周監督更迭から岡田武史監督への交代、および2002年のフィリップ・トルシエ監督就任に関わった。また、川淵三郎会長の下で2006年より副会長を3期6年にわたって務めた。大仁邦彌 フレッシュアイペディアより)

154件中 51 - 60件表示

「フィリップ・トルシエ」のニューストピックワード