154件中 61 - 70件表示
  • 曽ヶ端準

    曽ヶ端準から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    2000年からフィリップ・トルシエ監督が率いるA代表としてプレー。国際Aマッチデビュー戦となったイタリア戦では楢崎正剛と川口能活の怪我により出番が回ってきた格好となったが、落ち着いたプレーを披露し高い評価を得た。2002年日韓W杯のメンバーとして選ばれるも控えに終わった。アテネオリンピックでは山本昌邦五輪監督から小野伸二と共にオーバーエイジ枠で招集されたが、直前の強化試合で致命的なミスから失点すると本大会でも安定感を見せられず3試合で7失点を喫した。曽ヶ端準 フレッシュアイペディアより)

  • 中西永輔

    中西永輔から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    1997年に加茂周体制で代表デビュー。当初は両サイドバックの控え要員だったが、岡田監督に対人ディフェンス力を買われ、翌年に開催されたフランスW杯ではレギュラーのストッパーとして出場する。アルゼンチン戦ではクラウディオ・ロペスのマークを担当し完封、岡田監督からも称賛されたが、アルゼンチン戦とクロアチア戦で1枚ずつイエローカードを貰い、ジャマイカ戦には出場停止となった。トルシエ体制においても日韓W杯が開催された2002年までたびたび招集され続けたが、W杯も含め重要な大会のメンバーには選出されなかった。シドニー五輪メンバーが合流する前でFWの人材不足の時期、クラブでもチーム事情によりFWを担当していた中西がFWで起用された。逆に本職のDFでの出番は少なかった。中西永輔 フレッシュアイペディアより)

  • 名良橋晃

    名良橋晃から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    監督がフィリップ・トルシエに変わると、右サイドは望月、伊東、明神、酒井、石井など、本来ボランチの選手を主に起用する形となり召集されることはなかったが、クラブでは常に安定したパフォーマンスを示していた事で、代表監督がジーコに変わるとすぐさま召集を受け、ジーコジャパン立ち上げ当初のレギュラーとして出場する。しかしジーコがディフェンスラインを総入れ替えすると、以降は代表に召集されなくなった。名良橋晃 フレッシュアイペディアより)

  • 明神智和

    明神智和から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    2000年、当時のU-23兼日本代表監督であったフィリップ・トルシエの高い評価を受け、シドニーオリンピック代表に選出された。また、この年A代表にも選出されアジアカップでは2得点を挙げ、日本代表のアジア制覇に貢献。指揮官は「完璧なチームとは、8人の明神と3人のクレイジーな選手で構成される」、「3人の個性派に、8人の明神がいればチームはできる」、「8人の明神と3人の天才がいれば勝てる」といったニュアンスの発言を残し、組織的な日本のチームにおいて不可欠な選手であると絶賛した。明神智和 フレッシュアイペディアより)

  • 米山篤志

    米山篤志から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    トルシエ監督時代には日本代表にも選出され、2000年2月26日のAFCアジアカップ2000 (予選) のブルネイ戦で国際Aマッチのキャップを記録した。米山篤志 フレッシュアイペディアより)

  • 東洋工業サッカー部

    東洋工業サッカー部から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    日本代表GKコーチとして、ハーフナー・ディド(オフト監督時代)、望月一頼(トルシエ監督時代)を輩出している。東洋工業サッカー部 フレッシュアイペディアより)

  • ジョエル・バツ

    ジョエル・バツから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    引退後はパリSGで指導者の道を歩み始め、1996年に同チームでリカルド・ゴメスと共に初めて監督に就任。その後LBシャトールーの監督へと就任するが、1999年に成績不振で解任される。この年12月にはフィリップ・トルシエ率いる日本代表の臨時コーチとして来日も果たした。現在はオリンピック・リヨンのGKコーチを務めている。ジョエル・バツ フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・ラデベ

    ルーカス・ラデベから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    ラデベの代表デビューは1992年7月7日のカメルーン戦で、4年後のアフリカネイションズカップ1996では優勝に貢献。1998 FIFAワールドカップではフィリップ・トルシエ監督、2002 FIFAワールドカップはカルロス・ケイロス監督の下でキャプテンとして出場を果たした。ルーカス・ラデベ フレッシュアイペディアより)

  • デットマール・クラマー

    デットマール・クラマーから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    しかしその一方で口は相当悪かったらしく、コーチと兼任でクラマーの通訳も担当していた岡野が度々出るクラマーの罵言雑言を意訳するのに苦労した経験(直訳で伝えると、怒鳴られた選手はショックを受け、その場で泣き出すほど酷かったという)から、会長時代にクラマーと同じく短気で直言癖があるフィリップ・トルシエ監督の通訳を担当する事となったフローラン・ダバディーに「トルシエの汚い言葉は意訳して伝えろ、難しければ訳さなくて良い。」と注意していた。デットマール・クラマー フレッシュアイペディアより)

  • ライス・エンボリ

    ライス・エンボリから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    父親はコンゴ民主共和国人で、母親はアルジェリア人。2008年にはオリンピック・マルセイユ時代の恩師フィリップ・トルシエに誘われ、日本フットボールリーグ (JFL) のFC琉球でプレー。2009年からブルガリアのPFCスラヴィア・ソフィアへと活動の場を移し、2009-10シーズンはブルガリア・リーグ最優秀GKに輝いた。2010年5月に母親の祖国であるアルジェリア国籍を取得し、W杯直前合宿で代表入り。本大会の2戦目イングランド戦、3戦目アメリカ戦でゴールを守った。ライス・エンボリ フレッシュアイペディアより)

154件中 61 - 70件表示

「フィリップ・トルシエ」のニューストピックワード