142件中 61 - 70件表示
  • 熊谷浩二

    熊谷浩二から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    三本木農高では全国高校サッカー選手権大会に3年間出場することができなかったが、ユース代表としては1995年のワールドユースで代表のキャプテンも務め、中田英寿らと共に世界を相手にベスト8という成績を残た。当時の共に戦ったメンバーの中には、奥大介、松田直樹、森岡隆三、山田暢久といった選手がいる。またトルシエジャパン時代には代表候補にも選ばれた。熊谷浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 松永英機

    松永英機から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    2005年よりJ1ヴィッセル神戸の監督に就任。だが神戸は前年9月のイワン・ハシェック監督の解任後、オーナーの三木谷浩史の意向を受けてフィリップ・トルシエ、山本昌邦、ピエール・リトバルスキーなどの大物に監督のオファーを出したが全部断られ、結局リトバルスキーの下でヘッドコーチを務めることが内定していた松永が「繰り上げ」の形で就任した、というのが実情であった。同シーズンの第6節までで1勝3敗2分けの17位と出遅れたことを理由に解任されたが、この時点でリーグ戦が始まってまだ1ヶ月であり、松永の方針がチームに浸透していたとは言い難く、さらにJリーグ昇格後も毎年のように残留争いを繰り広げていた神戸では、第6節までのこのような成績はある程度予想されていたこともあり、早急に結果を求めようとし過ぎる三木谷の姿勢は物議を醸した(ちなみに三木谷は松永の後任のエメルソン・レオンも2ヶ月で解任している)。松永英機 フレッシュアイペディアより)

  • 都築龍太

    都築龍太から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエ監督時代の2001年に、日本代表に初招集。楢崎正剛と川口能活の牙城に阻まれて第3GKとしての立場が中心だったが、監督がジーコに交代して以降も安定して招集されていた。しかし、2004年2月9日、他7人の選手と共に茨城県鹿嶋市の日本代表合宿所から無断外出し、飲食していたことが発覚。当時監督のジーコは「裏切り行為と感じた、信頼関係を失った」として、都築ら8人を代表から外し、以降2006年に1度だけ招集された(この時は川口、楢崎が負傷していた)のを除き、代表から遠ざかる。都築龍太 フレッシュアイペディアより)

  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    アムカル・ペルミ退団後、2011年3月、日本人選手獲得を公言していたフィリップ・トルシエ率いる中国スーパーリーグの深圳紅鑽球倶楽部と契約し、楽山孝志と共に入団したが、右側足首痛症負傷。治療する環境が揃っていない事を理由に契約解除し退団した。巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 服部年宏

    服部年宏から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    10代から日本代表に選ばれており、1998年ワールドカップ、2002年ワールドカップにも出場した。監督がトルシエからジーコに変わってからはしばらく左サイドバックとして起用されていたが、世代交代やシステム変更もあり、代表から外れた。服部年宏 フレッシュアイペディアより)

  • 久保竜彦

    久保竜彦から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    1998年、高木が移籍すると広島のエースとして定着する。同年、フィリップ・トルシエがサッカー日本代表監督に就任するとその初試合となる同年10月対エジプト戦に初選出初キャップを飾り、以降も日本代表に選出され続けた。2001年、ヴァレリー・ニポムニシ広島監督が目指した攻撃サッカーでは中心選手として活躍、公式戦全試合に出場している。久保竜彦 フレッシュアイペディアより)

  • 明神智和

    明神智和から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    2000年、当時のU-23兼日本代表監督であったフィリップ・トルシエの高い評価を受け、シドニーオリンピック代表に選出された。また、この年A代表にも選出されアジアカップでは2得点を挙げ、日本代表のアジア制覇に貢献。以後、トルシエジャパンのレギュラーの座を獲得、2002年の日韓W杯でも3試合に出場し、日本代表初の決勝トーナメント進出に貢献した。2003年には、山本昌邦監督率いるU-22日本代表のテストマッチに(アテネオリンピックのオーバーエイジ枠を見据えて)出場したが、本大会には選出されなかった。明神智和 フレッシュアイペディアより)

  • サミル・ナスリ

    サミル・ナスリから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    2004年、UEFA U-17欧州選手権にフランス代表として出場。決勝では勝ち越しゴールをあげるなど、優勝に貢献し脚光を浴びる。同年、ユース期から所属していたオリンピック・マルセイユと3年間のプロ契約を結び、9月12日のFCソショー戦でリーグ・アンデビュー。11月にフィリップ・トルシエが監督に就任するとレギュラーに抜擢される。チームは不振を極め、トルシエも2005年5月に解任されるが、ナスリはその後もマルセイユの司令塔として4シーズンに渡ってプレーした。サミル・ナスリ フレッシュアイペディアより)

  • 滝川クリステル

    滝川クリステルから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    大学生時代の終わり頃にハーフ(ダブル)である自分のアイデンティティーについて強く悩み、サンフランシスコかフランスのどちらかに行こうと迷った末、フランスに行こうと決めたが、両親に「日本で語学を生かせる仕事に就いてほしい」と反対される。そんな中、サッカーワールドカップの日本代表監督がフランス人のフィリップ・トルシエだったことがきっかけで「自分ならワールドカップで通訳なしの取材ができ、架け橋になれるかもしれない」と思い、アナウンサーを目指す。滝川クリステル フレッシュアイペディアより)

  • デットマール・クラマー

    デットマール・クラマーから見たオマール・トルシエフィリップ・トルシエ

    その一方で口は相当悪かったようで、岡野俊一郎は度々出るクラマーの罵言雑言を意訳するのに苦労した経験から、会長時代同じく短気で直言癖があることをベンゲルの情報から知ると通訳を担当することとなったフローラン・ダバディーに「トルシエの汚い言葉は一切訳すな」と注意した。デットマール・クラマー フレッシュアイペディアより)

142件中 61 - 70件表示

「フィリップ・トルシエ」のニューストピックワード