154件中 71 - 80件表示
  • 上村健一

    上村健一から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    熊本県生まれ。小学校5年時に広島県福山市に転居。小中学校の1年先輩に家本政明がいた。広島県立松永高等学校から1993年にサンフレッチェ広島に入団。同期入団は、盧廷潤、アンドレイ、安部雄大、若松賢治。レギュラー選手では一番の若手で、当時もみ上げを伸ばしてスーツを着用し、ルパン三世のような格好をしていたのでよく先輩にいじられていた。Jリーグ発足直後から試合にも出場、当初は相手に強力なエースストライカーがいる時、それをマンマークで抑える時に出番があった。特に1994年優勝したサントリーシリーズ天王山となった清水エスパルス戦で、清水のエース・トニーニョをハードマークし、仕事をさせなかった。しかしこの後靭帯断裂で負傷した。回復後の1996年にはアトランタオリンピックにサッカー五輪日本代表として出場し、ハンガリー戦でロスタイム直前に交代出場をすると、直後にコーナーキックからのファーストタッチで得点を挙げる。その後もクラブで守備の要としての活躍が認められ、2001年にはフィリップ・トルシエがフランスに大敗後、守備の立て直しに着手した日本代表に招集され4月のスペイン戦でA代表デビュー。しかし試合終盤に負傷交代しチームが失点して敗戦すると、トルシエは会見で「敗戦の責任は最後まで責任を全うできなかった上村にある」と発言している。その後のコンフェデレーションズカップなどにも召集され、Aマッチ計4試合に出場したが、2002年日韓ワールドカップには惜しくも選出されなかった。ヘディングが強く闘志溢れる選手だったが、両膝を悪くしてから足の速いフォワードに振り切られることが多くなった。同年11月のコンサドーレ札幌との最終戦は、上村のワンマンショーのような試合であった。上村健一 フレッシュアイペディアより)

  • 北本久仁衛

    北本久仁衛から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    スキンヘッドがトレードマーク。2003年、土屋征夫に影響を受け、当時は「絶対しない」といっていたスキンヘッドにした。トルシエ・ジャパンの「フラットスリー」がマスコミを賑わせていた頃には、3バックを形成する土屋征夫・シジクレイとともに「ピカッとスリー」「フラッシュスリー」「フラットスキン」などと呼ばれていた。北本久仁衛 フレッシュアイペディアより)

  • ビセンテ・リザラズ

    ビセンテ・リザラズから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    2004年にフランス・リーグ・アンのオリンピック・マルセイユへ移籍するも、フィリップ・トルシエ監督(当時)と起用法を巡って対立し、半年でバイエルン・ミュンヘンに復帰した。ビセンテ・リザラズ フレッシュアイペディアより)

  • 森島寛晃

    森島寛晃から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    2000年には主将としてC大阪の快進撃を支えるも、ステージ優勝まであと1勝と迫った試合で敗れ、クラブの初タイトルを逃した。この年に1stステージMVPと2度目のベストイレブン選出。更に、フィリップ・トルシエの監督就任後遠ざかっていた日本代表にも再び選出され、C大阪のチームメイトである西澤明訓と共に日本の攻撃陣を牽引し、2000年のハッサン2世国王杯、アジアカップ、2001年のFIFAコンフェデレーションズカップなどで日本の上位進出に貢献した。森島寛晃 フレッシュアイペディアより)

  • 川口能活

    川口能活から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    フランスワールドカップ後に就任したフィリップ・トルシエ監督の下では、楢崎正剛の台頭もあり徐々に出場機会が減り、シドニーオリンピックの代表からも外れた。しかし、出番が回ってきたAFCアジアカップ2000ではグループリーグの1試合を除く全試合に出場。決勝のサウジアラビア戦では完封勝利し優勝に貢献した。川口能活 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東輝悦

    伊東輝悦から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエ監督の下では運動量と守備的意識を買われ、ボランチではなく主に右サイドの要員として起用される事が多かった。しかし常に望月や明神や波戸らと併用され、レギュラーとして定着した時期はなかった。2000年のカールスバーグカップ・メキシコ戦では初のゲームキャプテンを任せられるなど、トルシエ監督から絶大な信頼を得る(合宿終了後にゲームキャプテンから一言と言われた際、寡黙な性格のためか「お疲れ様でした」の一言しか言わなかった)。しかし、2002 FIFAワールドカップ日本代表には、負傷から復帰した直後のタイミングとなってしまい選出されなかった。伊東輝悦 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原信行

    榊原信行から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    2007年12月19日には、新たに設立した株式会社沖縄ドリームファクトリーを通じて、日本フットボールリーグ(JFL)所属の沖縄のプロサッカークラブ、「FC琉球」の運営に参画。また、榊原のサッカーや沖縄に対する理念に理解・共感した元サッカー日本代表監督のフィリップ・トルシエが、FC琉球の総監督に就任し、2008年より共にJリーグを目指すこととなった。榊原信行 フレッシュアイペディアより)

  • 中澤佑二

    中澤佑二から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    1999年からプロ契約がきまった。同年のシーズンでレギュラーポジションを獲得し、Jリーグ新人王に輝き、シドニー五輪をめざすトルシエ率いるU-23サッカー日本代表に招集され本大会にも出場した。中澤佑二 フレッシュアイペディアより)

  • 上原慎也

    上原慎也から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    天皇杯沖縄県予選でFC琉球から4得点を奪ったことから、同チーム総監督のフィリップ・トルシエからFC琉球への入団を熱心に勧誘された。上原慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 田坂和昭

    田坂和昭から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    日本代表の合宿で京都に滞在した際、三浦知良の「金閣寺、行くぞ」という号令の下、田坂、北澤豪、中山雅史、藤田俊哉の5人で日本代表のジャージを着たまま電車に乗って行った。代表監督がフィリップ・トルシエになってからチームの雰囲気は変わり、「メシ喰ったら自分の部屋に帰ってゲームをするようになった」という。田坂和昭 フレッシュアイペディアより)

154件中 71 - 80件表示

「フィリップ・トルシエ」のニューストピックワード