154件中 81 - 90件表示
  • 2000年シドニーオリンピック

    2000年シドニーオリンピックから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    サッカーはフィリップ・トルシエがA代表監督を兼任する形で率い、メンバーの大半がA代表でプレーしていた上に各年代の大会で好成績を収めていたこともあって前評判も高く、南アフリカ・スロバキア・ブラジルと同組になったグループリーグで2勝1敗の2位で勝ち上がり、銅メダルを獲得したメキシコシティオリンピック以来32年ぶりの決勝トーナメント進出を果たした。アメリカとの準々決勝ではPK戦までもつれ、4人目の中田英寿が外してベスト8で敗退となった。なお、この試合の中継がすべての競技を通じて最高の視聴率(42.3%)を獲得した。2000年シドニーオリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 阿部敏之

    阿部敏之から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    筑波大学を中退して1995年に鹿島アントラーズに入団。ブラジル留学を経て、鹿島アントラーズにて主力として活躍。フィリップ・トルシエ監督就任直後の1998年9月には日本代表候補にも選ばれた。阿部敏之 フレッシュアイペディアより)

  • 周海浜

    周海浜から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    2006年に行われたトゥーロン国際大会に中国代表として出場し、アルゼンチンと対戦し1対0で勝利。その試合でのパフォーマンスを元日本代表監督のフィリップ・トルシエは「今日見た中で一番の選手だ。彼のフィジカルは素晴らしくピッチ全体を支配していた」と評価している。周海浜 フレッシュアイペディアより)

  • サッカーのユニット

    サッカーのユニットから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    フラット3(2002 FIFAワールドカップ・日本代表フィリップ・トルシエ監督時代)サッカーのユニット フレッシュアイペディアより)

  • 3月21日

    3月21日から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    1955年 - フィリップ・トルシエ、サッカー指導者3月21日 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    1996年に高校を卒業し、Jリーグ・名古屋グランパスエイトに加入。「日本人ストライカーを育てたい」と語るアーセン・ベンゲル監督の下、同年3月のスーパーカップで先発出場し、デビュー戦で1得点1アシストを記録した。1997年、U-20日本代表としてワールドユース出場。名古屋ではストイコビッチと好連携を築き、1998年には公式戦18得点(リーグ戦ではチーム得点王となる16得点)を記録。Jリーグで結果を残したことで海外移籍につながると考えていたが、移籍金や契約期間の関係で不調に終わり、翌1999年のシーズン終了後の移籍も叶わなかった。フィリップ・トルシエ監督率いるシドニーオリンピックを目指す日本代表に招集され、アジア予選では平瀬とともにレギュラー格として出場を続けていたが、平瀬が得点を量産するのに対しなかなか得点ができず、スランプだった柳沢が復調してきた事や、ひとつ下のワールドユース組のエース高原がFW争いに加わり、出番が減っていった。トルシエからは「クラブでレギュラーを取らなければ代表でも呼べない」と発破をかけられるが、呂比須ワグナーやウェズレイとのレギュラー争いに勝てずベンチ要員となると、シドニー五輪本大会のメンバーから外れた。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 2006 FIFAワールドカップ デイリー&ウィークリー

    2006 FIFAワールドカップ デイリー&ウィークリーから見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    解説 - フィリップ・トルシエ、前園真聖、浅野哲也、ラモス瑠偉(東京ヴェルディ1969監督)2006 FIFAワールドカップ デイリー&ウィークリー フレッシュアイペディアより)

  • 林健太郎 (サッカー選手)

    林健太郎 (サッカー選手)から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    一方で非常に熱くなる一面もあり、審判への抗議も多い。2007年には家本政明主審のジャッジに対し「相変わらずヘタクソだな」とスタンドから野次を飛ばし出場停止処分を受けている。また、フィリップ・トルシエが日本代表監督時の代表合宿に招集され、練習時にトルシエに「カカッテコイ!」と体当たりを促されて本気の体当たりを食らわし、トルシエの肋骨にひびを入れたという事もあった(当時のコーチ山本昌邦の著書より)。林健太郎 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 森健兒

    森健兒から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    1990年、三菱重工の子会社で、宇宙ロケットの燃料を扱う日本液体水素という関連会社の社長に出向し、四年間にわたった名古屋との二重生活にピリオドを打ち東京に戻る。1993年のプロリーグのスタートへ向け、準備作業に引き出され1991年、Jリーグ専務理事に就任。川淵を補佐する管理本部の統括者となり、Jリーグホームタウン委員長、資格委員会(選手契約担当)委員長などの役職を兼ね、Jリーグ胎動期の実務の多くを取り仕切った。1991年に初年度からのJリーグ加盟団体を選定する際、清水エスパルスのホームスタジアム・静岡市清水日本平運動公園球技場日本平運動公園球技場の改修を要求した。特筆すべきは、映像及び著作権ビジネスに精通し、NHKをパートナーとして取り込んだ点。1993年4月NHKと民放各社と共同で「Jリーグ映像」を設立し代表取締役社長。これにより試合中継映像の品質を確保し放映権販売に寄与。また公式スポンサーの獲得や広告の質の向上などをもたらした。1993年4月、33年間勤務した三菱重工を退社しJリーグ専務理事に専任。1997年、福島県に開設された日本サッカー界初のナショナルトレーニングセンター「Jヴィレッジ」の総合企画、施設建設及び運営、事業性の確保など全般にわたり指導性を発揮した。1998年、日本サッカー協会専務理事、1999年、日本体育協会理事などの要職を務めたが、2000年のトルシエ解任騒動から川淵とギクシャクし始め2002年日韓ワールドカップ終了後に、サッカー協会専務理事、Jリーグ理事、日本体育協会理事を全て退任した。現在は日本サッカー協会特別顧問。何度となく起こった川淵降ろしに、反・川淵グループが対抗馬に担ぎ出そうとしたのがこの森だったが、川淵が余りに太くなった為、実現に至ることはなかった。森健兒 フレッシュアイペディアより)

  • 久保竜彦

    久保竜彦から見たフィリップ・トルシエフィリップ・トルシエ

    1998年、高木が移籍すると広島のエースとして定着する。同年、フィリップ・トルシエがサッカー日本代表監督に就任するとその初試合となる同年10月対エジプト戦に初選出初キャップを飾り、以降も日本代表に選出され続けた。2001年、ヴァレリー・ニポムニシが目指した攻撃サッカーでは中心選手として活躍、公式戦全試合に出場している。久保竜彦 フレッシュアイペディアより)

154件中 81 - 90件表示

「フィリップ・トルシエ」のニューストピックワード