153件中 11 - 20件表示
  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見た中田浩二 (サッカー選手)

    2004年11月にJリーグ・ヴィッセル神戸から監督就任のオファーが届くが、フランスのオリンピック・マルセイユから届いたオファーで翻意し、マルセイユの監督に就任した。契約期間は2年。就任時の順位は5位。リーグ・アン第17節より指揮を執り、マルセイユにおいても3バックのシステムを用いていたが、第24節から4バックへと変更。第26節で2位となり、首位オリンピック・リヨンと勝点差を6まで縮めるが、2月に行われたウィダード・カサブランカとの親善試合でファビアン・バルテズが主審の胸に唾を吐くという事件を起こして以後失速。勝点でスタッド・レンヌと並んだものの、得失点差でリーグを5位で終えることになる。5位になったことにより2004-05シーズンではUEFAチャンピオンズリーグおよびUEFAカップ出場権を獲得できず、2005年6月に解任されることとなった。フランス代表左サイドバックのビセンテ・リザラズはトルシエからは疎んじられ、冬の移籍市場で移籍した。一方で、就任直後からサミル・ナスリを重用し、1月にタイエ・タイウォを獲得するなど若手を積極的に活用した。また、中田浩二も獲得した。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見たサミル・ナスリ

    2004年11月にJリーグ・ヴィッセル神戸から監督就任のオファーが届くが、フランスのオリンピック・マルセイユから届いたオファーで翻意し、マルセイユの監督に就任した。契約期間は2年。就任時の順位は5位。リーグ・アン第17節より指揮を執り、マルセイユにおいても3バックのシステムを用いていたが、第24節から4バックへと変更。第26節で2位となり、首位オリンピック・リヨンと勝点差を6まで縮めるが、2月に行われたウィダード・カサブランカとの親善試合でファビアン・バルテズが主審の胸に唾を吐くという事件を起こして以後失速。勝点でスタッド・レンヌと並んだものの、得失点差でリーグを5位で終えることになる。5位になったことにより2004-05シーズンではUEFAチャンピオンズリーグおよびUEFAカップ出場権を獲得できず、2005年6月に解任されることとなった。フランス代表左サイドバックのビセンテ・リザラズはトルシエからは疎んじられ、冬の移籍市場で移籍した。一方で、就任直後からサミル・ナスリを重用し、1月にタイエ・タイウォを獲得するなど若手を積極的に活用した。また、中田浩二も獲得した。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見た大仁邦弥

    1999年7月、南米選手権に参加した日本代表がグループリーグ最下位で敗退した後、日本サッカー協会に突然現れたトルシエが「協会幹部はいいよな。酒飲んでゴルフするだけで、代表の結果は関係ないもんな」と職員全員に聞こえるように英語で言い出した。その言葉に反応した当時の技術委員長の大仁邦弥がトルシエ監督の胸ぐらをつかみ「南米選手権で負けたのが、協会のせいなのか?」と言った。2人のつかみ合いは誰も止められず、しばらく続いたという。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見たテレビ東京

    2006年3月17日、 イスラム教に改宗し、本名自体をフィリップから、ムスリム名・オマルへ改名した。妻のドミニクも改宗し、アミナに改名。イスラム教に改宗後、セルマとマリアムという2人の女児を養子とする。同年、6月に テレビ東京とドイツW杯コメンテーター契約を結び、同局の中継放送・及び各種関連番組に出演した。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見たロジェ・ルメール

    1977年、トルシエを見出したがクラブを去ると、トルシエは後任監督のとはそりが合わず、1977年11月にロジェ・ルメールが監督を務めるフランス2部のレッドスターに移籍した。トルシエは「もっとも影響力の強い監督」としてスキバとルメールの名前を挙げている。レッドスターでは経営難から選手にはまともに給料も支払われず、1977-78シーズンの2部リーグ・グループBでは3位という成績にも関わらずプロ資格を失いディヴィジョン・ドヌールに降格したフィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見たビセンテ・リザラズ

    2004年11月にJリーグ・ヴィッセル神戸から監督就任のオファーが届くが、フランスのオリンピック・マルセイユから届いたオファーで翻意し、マルセイユの監督に就任した。契約期間は2年。就任時の順位は5位。リーグ・アン第17節より指揮を執り、マルセイユにおいても3バックのシステムを用いていたが、第24節から4バックへと変更。第26節で2位となり、首位オリンピック・リヨンと勝点差を6まで縮めるが、2月に行われたウィダード・カサブランカとの親善試合でファビアン・バルテズが主審の胸に唾を吐くという事件を起こして以後失速。勝点でスタッド・レンヌと並んだものの、得失点差でリーグを5位で終えることになる。5位になったことにより2004-05シーズンではUEFAチャンピオンズリーグおよびUEFAカップ出場権を獲得できず、2005年6月に解任されることとなった。フランス代表左サイドバックのビセンテ・リザラズはトルシエからは疎んじられ、冬の移籍市場で移籍した。一方で、就任直後からサミル・ナスリを重用し、1月にタイエ・タイウォを獲得するなど若手を積極的に活用した。また、中田浩二も獲得した。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見たフロラン・ダバディ

    当時の日本サッカー協会会長岡野俊一郎いわくユーモアのセンス、勤勉さ、そして口の悪さなど、長沼健監督下で特別コーチとして招いたデッドマール・クラマーと非常によく似ていたらしい(岡野はクラマーの通訳兼代表コーチとして、選手に向けられるクラマーの過激な発言の意訳に相当苦労した経験から、トルシエのアシスタントだったフロラン・ダバディにも「トルシエの言う事を直訳するな!」と厳しく注意していたと言う)。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見たサッカーフランス代表

    2000年、五輪代表をA代表に合流させるも、2月のカールスバーグカップでメキシコに敗れると、続く香港リーグ選抜には引き分け(PK戦で一応「勝利」した)。3月は中国と引き分け、続く4月には韓国に敗戦と成績は上向かず。このため、サッカー協会幹部から解任の声が挙がり、先走った朝日新聞に至っては「トルシエ解任」と掲載するなどしたが、岡野俊一郎会長(当時)の判断で6月にモロッコで行われるハッサン二世国王杯ならびに日本国内で行われるキリン杯の成績で去就を決定することとなる。そして、迎えたハッサン二世国王杯ではほぼベストメンバーを組んできた前回W杯王者・フランスと2-2で引き分け(但し、PK戦で敗れた)、続く2戦目では前回W杯で辛酸を舐めさせられたジャマイカに4-0で大勝。帰国後の続くキリン杯ではボリビア、スロバキアと対戦し、1勝1分。スロバキアと同点優勝。4試合で2勝2分という成績を残し、事実上解任を免れた。なお川淵三郎によれば、本当は2年契約が満了した時点でベンゲルに監督を交代することが当初より決まっていたが、ベンゲル側の事情によりその話が流れたため、トルシエとの契約を延長せざるを得なかったという。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見たサッカー日本代表

    1998年から2002年まで日本サッカー協会の要請を受け、サッカー日本代表監督となる。アフリカでは「白い呪術師」(フランス語:sorcier blanc、英語:white witch doctor)とよばれる。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見た日本サッカー協会

    1998年から2002年まで日本サッカー協会の要請を受け、サッカー日本代表監督となる。アフリカでは「白い呪術師」(フランス語:sorcier blanc、英語:white witch doctor)とよばれる。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

153件中 11 - 20件表示

「フィリップ・トルシエ」のニューストピックワード