124件中 21 - 30件表示
  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見たアリーゴ・サッキ

    これらを特徴とする。前三者は欧州を席巻したアリーゴ・サッキ率いるACミランが、最後の点は1986年のメキシコワールドカップでのデンマーク代表チームの布陣がヒントになっているといわれる。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見たフロラン・ダバディ

    当時の日本サッカー協会会長岡野俊一郎いわくユーモアのセンス、勤勉さ、そして口の悪さなど、長沼健監督下で特別コーチとして招いたデッドマール・クラマーと非常によく似ていたらしい(岡野はクラマーの通訳兼代表コーチとして、選手に向けられるクラマーの過激な発言の意訳に相当苦労した経験から、トルシエのアシスタントだったフロラン・ダバディにも「トルシエの言う事を直訳するな!」と厳しく注意していたと言う)。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見た清雲栄純

    1999年、清雲栄純の後任としてU-20代表監督を兼職(契約外のため無報酬だった)。FIFAワールドユース・ナイジェリア大会では準優勝を果たした。FIFA主催の国際大会で日本が決勝に進出するのは、史上初の快挙であった。秋には中田英寿も合流したU-22代表を率いて、2大会連続の五輪出場を決める。一方、A代表では特別招待国として参加したコパ・アメリカ(南米選手権)で2敗1分け(1次リーグ敗退)に終わる等、ほとんど実績を残せず、批判の声も現れ始めた。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見たデッドマール・クラマー

    当時の日本サッカー協会会長岡野俊一郎いわくユーモアのセンス、勤勉さ、そして口の悪さなど、長沼健監督下で特別コーチとして招いたデッドマール・クラマーと非常によく似ていたらしい(岡野はクラマーの通訳兼代表コーチとして、選手に向けられるクラマーの過激な発言の意訳に相当苦労した経験から、トルシエのアシスタントだったフロラン・ダバディにも「トルシエの言う事を直訳するな!」と厳しく注意していたと言う)。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見た木之本興三

    Jリーグの専務理事だった木之本興三は、「彼は本当に四六時中サッカーのことしか考えていない。人間性は正直どうかと思う面もあるが、指導者としての態度は理想的な人物」と述べている。古くからの友人であるベンゲルも「仕事に対しては常に真剣。中途半端なことはせず、勤勉で真面目、そして厳しい」と評している。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見た秋田豊

    1955年 フランス・パリで6人兄弟の長男として生まれる。実家は精肉店だった。1976年 フランスリーグでプロサッカー選手となる。現役時代はディフェンダーとしてスタッド・ランスやレッドスターFC、FCルーアン(いずれも2部)でプレーし、膝を故障し選手としては無名のまま28歳で引退した。プレイスタイルは本人いわく秋田豊のようであったという。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見たエディ・トムソン

    サッカーに対しての真面目さと激しい性格から、些細なことでムキになったり怒鳴るなど、子供のような一面もある。また、「日本にキャプテンはいらない」などの発言を繰り返し、こういった性向から各国のサッカー協会、クラブチームの首脳陣や選手たち(釜本邦茂、川淵三郎、エディ・トムソン、フレデリック・アントネッティ、ビセンテ・リザラズなど)と確執が絶えなかった。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見たパウロ・ロベルト・ファルカン

    1998年9月20日、フランスワールドカップ終了後に日本代表監督に就任。契約期間は2年で、その後2年はオプション。ファルカン監督以来5年ぶり、3人目の外国人監督となった。A代表とU-21代表(98年当時)の監督を兼任。当時日本サッカー協会技術部門の長であった大仁邦彌は、ワールドカップ以後の続投を要請していた岡田武史前監督の辞任を受け、アーセン・ベンゲルに監督就任を依頼するもアーセナルFCと既に契約していることを理由に断られる。大仁によれば、その後協会は直接フランスサッカー協会と交渉し、ちょうどスケジュールの空いていたトルシエを紹介された、という。日本サッカー協会はベンゲルに彼の能力や人物像などについて相談しつつ、トルシエと契約を結ぶことに決定した。尚、当時の日本サッカー協会会長の岡野俊一郎によれば、ベンゲルに一度断られたあと、『2002年W杯の日本代表監督は貴方しかいない』と手紙を出したが再度断られ、技術委員会がベンゲルの推薦したトルシエにしたいと言うので、ベンゲルの推薦ならということで、トルシエに決めたという。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見たフレデリック・アントネッティ

    サッカーに対しての真面目さと激しい性格から、些細なことでムキになったり怒鳴るなど、子供のような一面もある。また、「日本にキャプテンはいらない」などの発言を繰り返し、こういった性向から各国のサッカー協会、クラブチームの首脳陣や選手たち(釜本邦茂、川淵三郎、エディ・トムソン、フレデリック・アントネッティ、ビセンテ・リザラズなど)と確執が絶えなかった。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見たジャック・サンティニ

    2002年7月、フランス代表監督の最終候補に残るが、面接の結果ジャック・サンティニが選ばれる。8月以降に1年間のサバティカルを利用し、長年の懸案事項であった古傷の膝の手術を行いリハビリに専念した。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

124件中 21 - 30件表示

「フィリップ・トルシエ」のニューストピックワード