124件中 31 - 40件表示
  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見たアーセン・ベンゲル

    1998年9月20日、フランスワールドカップ終了後に日本代表監督に就任。契約期間は2年で、その後2年はオプション。ファルカン監督以来5年ぶり、3人目の外国人監督となった。A代表とU-21代表(98年当時)の監督を兼任。当時日本サッカー協会技術部門の長であった大仁邦彌は、ワールドカップ以後の続投を要請していた岡田武史前監督の辞任を受け、アーセン・ベンゲルに監督就任を依頼するもアーセナルFCと既に契約していることを理由に断られる。大仁によれば、その後協会は直接フランスサッカー協会と交渉し、ちょうどスケジュールの空いていたトルシエを紹介された、という。日本サッカー協会はベンゲルに彼の能力や人物像などについて相談しつつ、トルシエと契約を結ぶことに決定した。尚、当時の日本サッカー協会会長の岡野俊一郎によれば、ベンゲルに一度断られたあと、『2002年W杯の日本代表監督は貴方しかいない』と手紙を出したが再度断られ、技術委員会がベンゲルの推薦したトルシエにしたいと言うので、ベンゲルの推薦ならということで、トルシエに決めたという。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見たサッカー南アフリカ共和国代表

    同年、W杯南アフリカ代表監督に就任した。同国初の出場であったフランスワールドカップでは2分1敗で1次リーグ敗退、契約期間満了に伴い退任した。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見た日本フットボールリーグ

    2007年12月、JFLFC琉球の総監督に就任し日本サッカー界に復帰した。2009年12月10日、フランスから国家功労勲章(レジオンドヌール勲章)シュヴァリエを受章された。2010年1月28日、2018/2022 FIFAワールドカップ日本開催招致アンバサダーに就任した。また、7月8日、観光庁スポーツ観光マイスターに就任した。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見たアフリカネイションズカップ

    1993年 、アビジャンでの功績が認められ、前年アフリカネイションズカップを制したコートジボワール代表監督に就任したが、サッカー協会と決裂し解任された。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見たFIFAワールドユース

    1999年FIFAワールドユース・ナイジェリア大会前の2月に行われたブルキナファソでの合宿時及び4月の大会予選時、自身の提案により選手団と共に現地の孤児院を慰問。4月の慰問時には、粉ミルクや医薬品、選手団全員の募金による約25万円分の現地通貨を寄付している。選手達を現地の文化に浸らせ、さらには恵まれた環境とは違う生活がこの世にはあるということを肌で感じさせるため、孤児院に連れて行ったという。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見たヴィッセル神戸

    同年、11月にJリーグ・ヴィッセル神戸から監督就任のオファーが届くが、フランスのオリンピック・マルセイユから届いたオファーで翻意し、マルセイユの監督に就任した。就任後、日本代表時代の教え子だった中田浩二を呼び、左サイドバックとして重用する。就任時と同じ5位という成績でシーズンを終了し、2005年5月 マルセイユの監督を解任された。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見たFIFAコンフェデレーションズカップ

    2001年3月24日、フランスのスタッド・ド・フランス(サン=ドニ)で行われたフランス代表との親善試合で0-5の敗戦。4月のスペイン戦でもフランス戦同様に1トップ3ボランチとも言われる守備的布陣で臨み、0-1で敗れる。2001年6月 日韓共催FIFAコンフェデレーションズカップ準優勝。5試合で6得点1失点、フル代表でのFIFA主催の国際大会での決勝進出も史上初。ワールドフットボールイロレーティングで、2001年8月と02年3月のトルシエジャパンは、日本史上最高の世界8位のレーティングを記録した。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見たパリ

    1955年 フランス・パリで6人兄弟の長男として生まれる。実家は精肉店だった。1976年 フランスリーグでプロサッカー選手となる。現役時代はディフェンダーとしてスタッド・ランスやレッドスターFC、FCルーアン(いずれも2部)でプレーし、膝を故障し選手としては無名のまま28歳で引退した。プレイスタイルは本人いわく秋田豊のようであったという。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見たオリンピック・マルセイユ

    同年、11月にJリーグ・ヴィッセル神戸から監督就任のオファーが届くが、フランスのオリンピック・マルセイユから届いたオファーで翻意し、マルセイユの監督に就任した。就任後、日本代表時代の教え子だった中田浩二を呼び、左サイドバックとして重用する。就任時と同じ5位という成績でシーズンを終了し、2005年5月 マルセイユの監督を解任された。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見たFIFAワールドカップ

    2002年4月25日、ワールドカップ本戦への出場を決めていたポーランド代表とポーランドウッジで親善試合を行い、日本代表史上初となる欧州でのアウェイゲーム勝利(2-0)。2002年6月 日韓ワールドカップでは、有力視されていた中村俊輔を代表から外したことで話題を呼んだ。本大会グループリーグ初戦のベルギー戦では2-2で引き分け、続くロシア戦では1-0で勝利、最後のチュニジア戦も2-0で勝利し、通算2勝1分でグループリーグ1位の成績で突破し、日本代表を初の決勝トーナメント進出に導く。しかし決勝トーナメント1回戦トルコ戦、日本代表は0-1で敗れる。W杯終了後、監督を退任した。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

124件中 31 - 40件表示

「フィリップ・トルシエ」のニューストピックワード