124件中 41 - 50件表示
  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見た深セン市

    2011年2月22日、中国サッカー・スーパーリーグの深セン(深圳)・深圳紅鑽の監督に就任した。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見たサッカーのフォーメーション

    彼が指導者として教育を受けた時代には3バックが全盛だったこともあり、どのチームに赴いてもフラットスリーと言われる3-5-2(3-4-1-2)システムを軸にしてきた(マルセイユではコーチ陣の助言により、一部の試合で4バックも用いている)。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見たサッカーナイジェリア代表

    1997年2月、 ナイジェリア代表監督に就任した。フランスワールドカップのアフリカ予選首位突破を達成するも、サッカー協会と決裂して同年9月に解任された。理由は契約更改の際、トルシエが年俸の先払いを要求したためだったが、後任のボラ・ミルティノビッチはトルシエと同様の要求を認めさせている。これはサッカー協会幹部による資金の横領が日常茶飯事で、スタッフへの給与未払いが珍しくないアフリカ諸国において、指導者の間では常識的な要求とされている。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見たサッカーコートジボワール代表

    1993年 、アビジャンでの功績が認められ、前年アフリカネイションズカップを制したコートジボワール代表監督に就任したが、サッカー協会と決裂し解任された。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見た観光庁

    2007年12月、JFLFC琉球の総監督に就任し日本サッカー界に復帰した。2009年12月10日、フランスから国家功労勲章(レジオンドヌール勲章)シュヴァリエを受章された。2010年1月28日、2018/2022 FIFAワールドカップ日本開催招致アンバサダーに就任した。また、7月8日、観光庁スポーツ観光マイスターに就任した。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見たサッカースロバキア代表

    2000年、五輪代表をA代表に合流させるも、2月のカールスバーグカップでメキシコに敗れると、続く香港リーグ選抜には引き分け(PK戦で一応「勝利」した)。3月は中国と引き分け、続く4月には韓国に敗戦と成績は上向かず。このため、サッカー協会幹部から解任の声が挙がるが、岡野俊一郎会長(当時)の判断で6月にモロッコで行われるハッサン二世国王杯ならびに日本国内で行われるキリン杯の成績で去就を決定することとなる。そして、迎えたハッサン二世国王杯ではほぼベストメンバーを組んできた前回W杯王者・フランスと2-2で引き分け(但し、PK戦で敗れた)、続く2戦目では前回W杯で辛酸を舐めさせられたジャマイカに4-0で大勝。帰国後の続くキリン杯ではボリビア、スロバキアと対戦し、1勝1分。スロバキアと同点優勝。4試合で2勝2分という成績を残し、事実上解任を免れた。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見たコパ・アメリカ

    1999年、清雲栄純の後任としてU-20代表監督を兼職(契約外のため無報酬だった)。FIFAワールドユース・ナイジェリア大会では準優勝を果たした。FIFA主催の国際大会で日本が決勝に進出するのは、史上初の快挙であった。秋には中田英寿も合流したU-22代表を率いて、2大会連続の五輪出場を決める。一方、A代表では特別招待国として参加したコパ・アメリカ(南米選手権)で2敗1分け(1次リーグ敗退)に終わる等、ほとんど実績を残せず、批判の声も現れ始めた。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見た蕎麦

    プライベートではアシスタントのフローラン・ダバディーと行動を共にし、日本の文化を学んだ。好きな日本食は蕎麦だったそうである。相撲部屋を見学した際に貴乃花光司に感銘を受けて親しくなり、後に貴乃花が膝を負傷したとき、トルシエの紹介によってフランスで手術を受けている。またダバディーの知り合いだった滝川クリステルを「フランス語で直接会話できる才色兼備な女性」として大変気に入っていたらしい。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見たサッカーデンマーク代表

    これらを特徴とする。前三者は欧州を席巻したアリーゴ・サッキ率いるACミランが、最後の点は1986年のメキシコワールドカップでのデンマーク代表チームの布陣がヒントになっているといわれる。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見たサッカーカタール代表

    2003年-2004年 カタール代表フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

124件中 41 - 50件表示

「フィリップ・トルシエ」のニューストピックワード