153件中 81 - 90件表示
  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見たアーセナルFC

    1998年9月20日、フランスワールドカップ終了後に日本代表監督に就任。契約期間は2年で、その後2年はオプション。ファルカン監督以来5年ぶり、3人目の外国人監督となった。A代表とU-21代表(98年当時)の監督を兼任。当時日本サッカー協会技術部門の長であった大仁邦彌は、ワールドカップ以後の続投を要請していた岡田武史前監督の辞任を受け、アーセン・ベンゲルに監督就任を依頼するもアーセナルFCと既に契約していることを理由に断られる。大仁によれば、その後協会は直接フランスサッカー協会と交渉し、ちょうどスケジュールの空いていたトルシエを紹介された、という。日本サッカー協会はベンゲルに彼の能力や人物像などについて相談しつつ、トルシエと契約を結ぶことに決定した。尚、当時の日本サッカー協会会長の岡野俊一郎によれば、ベンゲルに一度断られたあと、『2002年W杯の日本代表監督は貴方しかいない』と手紙を出したが再度断られ、技術委員会がベンゲルの推薦したトルシエにしたいと言うので、ベンゲルの推薦ならということで、トルシエに決めたという。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見たアフリカサッカー連盟

    1997年10月、ブルキナファソ代表監督に就任した。同国は翌年2月にアフリカネイションズカップ開催国となっており、契約期間は大会終了までの5ヵ月間だった。ブルキナファソ代表は直前のワールドカップ地区予選では6戦6敗、アフリカサッカー連盟加盟の52ヵ国中48位にランクされている弱小チームだった。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見たFCルーアン

    1978年、トルシエはルーアンに移籍し、3シーズンで79試合に出場、8ゴールを挙げた。選手生活と並行して学業にも励み、1981年には運動療法士の資格を得た。1981年、スタッド・ランスに移籍。最初のシーズンは31試合に出場したが、翌シーズンは8試合の出場にとどまった。1983年に初級の指導者ライセンスを取得して国立サッカー研究所(INF)からU-15フランス代表の指導を打診されたトルシエは、ランスとの間に残っている1シーズンの契約を破棄して、28歳でサッカー選手から指導者へと転じた。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見たASECミモザ

    かつてフランスのクラブでプレーしていたチャド人のの紹介により、1989年12月にコートジボワールのASECミモザ・アビジャン監督に就任した。選手たちが「甘やかされている」と感じたトルシエは、遅刻禁止、食事管理の徹底をはじめとする厳しい規律をクラブにもたらし、不敗のまま3シーズン連続(1990、1991、1992)の国内リーグ優勝、1990年に国際大会優勝に導いた。トルシエの常軌を逸した行動や発言は地元の人々の関心を集め、ジャーナリストたちに数多くの話題を提供した。この時期に彼は「白い魔術師」(または「白い呪術師」。フランス語:sorcier blanc、英語:white witch doctor)として知られるようになった。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見たパリ交通公団

    パリではASフレヌというクラブに入り、初めてサッカークラブに所属した。1968年にはRATP(パリ交通公団)が運営するUSメトロというクラブに加入し、13歳から19歳までプレーした。中学を卒業後、トルシエはRATPの専門学校に進学した。1974年にRATPに就職し、自動券売機のメンテナンスを担当、サッカーは公団のアマチュアクラブで続けながら、プロサッカー選手となることを夢見ていた。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見た日本プロサッカーリーグ

    2004年11月にJリーグ・ヴィッセル神戸から監督就任のオファーが届くが、フランスのオリンピック・マルセイユから届いたオファーで翻意し、マルセイユの監督に就任した。契約期間は2年。就任時の順位は5位。リーグ・アン第17節より指揮を執り、マルセイユにおいても3バックのシステムを用いていたが、第24節から4バックへと変更。第26節で2位となり、首位オリンピック・リヨンと勝点差を6まで縮めるが、2月に行われたウィダード・カサブランカとの親善試合でファビアン・バルテズが主審の胸に唾を吐くという事件を起こして以後失速。勝点でスタッド・レンヌと並んだものの、得失点差でリーグを5位で終えることになる。5位になったことにより2004-05シーズンではUEFAチャンピオンズリーグおよびUEFAカップ出場権を獲得できず、2005年6月に解任されることとなった。フランス代表左サイドバックのビセンテ・リザラズはトルシエからは疎んじられ、冬の移籍市場で移籍した。一方で、就任直後からサミル・ナスリを重用し、1月にタイエ・タイウォを獲得するなど若手を積極的に活用した。また、中田浩二も獲得した。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見たコートジボワール

    かつてフランスのクラブでプレーしていたチャド人のの紹介により、1989年12月にコートジボワールのASECミモザ・アビジャン監督に就任した。選手たちが「甘やかされている」と感じたトルシエは、遅刻禁止、食事管理の徹底をはじめとする厳しい規律をクラブにもたらし、不敗のまま3シーズン連続(1990、1991、1992)の国内リーグ優勝、1990年に国際大会優勝に導いた。トルシエの常軌を逸した行動や発言は地元の人々の関心を集め、ジャーナリストたちに数多くの話題を提供した。この時期に彼は「白い魔術師」(または「白い呪術師」。フランス語:sorcier blanc、英語:white witch doctor)として知られるようになった。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見た2006 FIFAワールドカップ・アジア予選

    2003年7月、カタール代表監督に2年契約で就任するも2006 FIFAワールドカップ・アジア予選で苦戦を強いられ、2004年7月に行われたアジアカップの初戦インドネシア戦に1対2で敗れた後にカタールサッカー協会から解任を通告された(なお、トルシエは開幕前に、この大会限りでの辞任を表明していた)。フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見たJヴィレッジ

    マミーすいとん - Jヴィレッジがある福島県楢葉町の郷土料理でトルシエが名付け親フィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・トルシエ

    フィリップ・トルシエから見たスタッド・ラヴァル

    1955年、フランス・パリで6人兄弟の長男として生まれる。14歳離れた末弟のリュドヴィクも後にフィリップの助力によりラヴァルでプロのゴールキーパーとなる。一家は1958年に両親の故郷であるサルト県に移ったが、1967年(または1966年)に再びパリに戻ったフィリップ・トルシエ フレッシュアイペディアより)

153件中 81 - 90件表示

「フィリップ・トルシエ」のニューストピックワード