フィリップ・ラーム ニュース&Wiki etc.

フィリップ・ラーム(Philipp Lahm, , 1983年11月11日 - )は、ドイツ・ミュンヘン出身のサッカー選手。ドイツ・ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘン所属。ポジションはディフェンダー。左右のサイドバックをこなす。 (出典:Wikipedia)

「フィリップ・ラーム」Q&A

  • Q&A

    wccfのオファーで、 チーム名 →〇〇〇〇〇〇 所属リーグ →ドイツリーグ 在籍選…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月9日 02:40

  • Q&A

    僕が大好きな選手を挙げてみました‼️皆さんはこの中だったら誰がお好きですか ️できれ…

    [続きを読む]

    回答数:4質問日時 - 2016年10月21日 02:05

  • Q&A

    ゲームです。どっちが強そうに見えますか? 理由もちょこっと教えてくれると嬉しいです…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年8月16日 11:01

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「フィリップ・ラーム」のつながり調べ

  • フェルナンド・トーレス

    フェルナンド・トーレスから見たフィリップ・ラーム

    2008年にスイスとオーストリアで共催されたUEFA欧州選手権2008にはスペイン代表の中心選手として臨み、グループリーグ初戦のロシア戦ではビジャの先制点をお膳立てした。途中交代時にルイス・アラゴネス監督との握手を拒否した(ように見えた)ことが批判の対象になったが、交代を命じた監督の采配に不満があったことは否定し、ゴールを奪えない自分自身に対して腹を立てていただけと弁解した。2戦目のスウェーデン戦でこの大会での初得点を決めた。コンビを組むビジャの負傷により決勝のドイツ戦はトーレスの1トップとなったが、前半33分にシャビのスルーパスに反応し、先にコースに入ったフィリップ・ラームを持ち前のスピードで外側から抜き去りイェンス・レーマンの鼻先で体勢を崩しながらもループシュートを決め、結局この得点が決勝点となりスペイン代表の優勝を決めた。この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれ、試合後には「夢が叶った。これは自分にとって初めてのタイトルであり、これから獲得する多くのタイトルのうちの1つ目であることを願っているよ。UEFA欧州選手権での優勝はFIFAワールドカップ優勝に匹敵するほど重要なものだ。僕らは今までこの試合(決勝戦)をブラウン管越しに眺めていたが、今回はピッチの上で戦っていて、しかもその試合に勝った。僕の仕事はゴールを奪うことだ。より多くのタイトルを勝ち取りたいし、欧州や世界の舞台でより重要な選手になりたい」と語った。大会後にはパートナーを組むビジャとともに大会ベストイレブンに選ばれた。(フェルナンド・トーレス フレッシュアイペディアより)

  • アンドレアス・ヒンケル

    アンドレアス・ヒンケルから見たフィリップ・ラーム

    その守備能力の高さとスピードを買われ、トップチーム昇格から3年、シュトゥットガルトの右サイドバックの座を掴み取り、ドイツ国内でも屈指のサイドバックに成長する。その安定したプレーからチーム内での信頼度は大きく、2003年、バイエルン・ミュンヘンから若きスター候補生・フィリップ・ラームがレンタル加入したときもその座を譲らなかった。(この移籍とポジション争いから、ラームは左サイドバックとしての才能を開花させることになった。)(アンドレアス・ヒンケル フレッシュアイペディアより)

「フィリップ・ラーム」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「フィリップ・ラーム」のニューストピックワード