前へ 1 2
14件中 1 - 10件表示
  • ヨアヒム・レーヴ

    ヨアヒム・レーヴから見たフィリップ・ラームフィリップ・ラーム

    2010年FIFAワールドカップ・南アフリカ大会の3位決定戦直前にインフルエンザに罹患(代表のフィリップ・ラームとルーカス・ポドルスキも感染)、39度の高熱を出し倒れ試合前の記者会見も欠席する事態になった。しかし試合当日はベンチ入りし指揮を執っていた。ヨアヒム・レーヴ フレッシュアイペディアより)

  • トビアス・ラウ

    トビアス・ラウから見たフィリップ・ラームフィリップ・ラーム

    バイエルン・ミュンヘンへ移籍を果たしたものの、大腿部の怪我とウイルス感染にかかってしまい、一年目の出場数は8試合に終わった。これが原因でUEFA欧州選手権2004に出場出来なかった。 翌シーズンになると、レンタル先で左SBにコンバートされブレイクしたフィリップ・ラームとオリンピック・マルセイユへ去ったビセンテ・リザラズが僅か半年で戻ってきたことや、自身の怪我もあり5試合に終わった。トビアス・ラウ フレッシュアイペディアより)

  • ストレート・アライ

    ストレート・アライから見たフィリップ・ラームフィリップ・ラーム

    ポール タグリアブ(en、NFL理事)、フィリップ・ラーム(サッカー選手)ストレート・アライ フレッシュアイペディアより)

  • アンドレアス・ヒンケル

    アンドレアス・ヒンケルから見たフィリップ・ラームフィリップ・ラーム

    その守備能力の高さとスピードを買われ、トップチーム昇格から3年、シュトゥットガルトの右サイドバックの座を掴み取り、ドイツ国内でも屈指のサイドバックに成長する。その安定したプレーからチーム内での信頼度は大きく、2003年、バイエルン・ミュンヘンから若きスター候補生・フィリップ・ラームがレンタル加入したときもその座を譲らなかった。(この移籍とポジション争いから、ラームは左サイドバックとしての才能を開花させることになった。)アンドレアス・ヒンケル フレッシュアイペディアより)

  • アンドレアス・オットル

    アンドレアス・オットルから見たフィリップ・ラームフィリップ・ラーム

    2005年7月1日にトップチームとプロ契約。彼はフィリップ・ラーム、クリスティアン・レルらと共にバイエルンの中で数少ない地元ミュンヘン出身の選手となっていた。アンドレアス・オットル フレッシュアイペディアより)

  • バスティアン・シュヴァインシュタイガー

    バスティアン・シュヴァインシュタイガーから見たフィリップ・ラームフィリップ・ラーム

    2004年のUEFA欧州選手権2004ではその実力が認められ本大会のメンバー入り。チームはグループリーグ敗退となったが、シュヴァインシュタイガーはフィリップ・ラームとともに実力を世界中に知らしめた。バスティアン・シュヴァインシュタイガー フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・ロドリゲス・レデスマ

    ペドロ・ロドリゲス・レデスマから見たフィリップ・ラームフィリップ・ラーム

    2010 FIFAワールドカップ本大会では5試合(このうち3試合は終了間際の途中出場)に出場した。グループリーグでは初戦のスイス戦に途中出場しただけであったが、決勝トーナメントでは1回戦のポルトガル戦と準々決勝のパラグアイ戦に途中出場し、パラグアイ戦ではゴールポストを直撃するシュートを放ってダビド・ビジャの決勝点を演出した。準決勝のドイツ戦では不調のトーレスの代わりに初めて先発出場し、精力的な動きで相手DFフィリップ・ラームと対等に渡り合った。1-0とリードしていた82分にはフリーのトーレスを差し置いてシュートを試みたが、トニ・クロースにクリアされた。決勝のオランダ戦(1-0)にも右サイドハーフとして先発出場し、60分でヘスス・ナバスと交代したが、チームは延長戦の末に勝利して初優勝を果たした。ペドロ・ロドリゲス・レデスマ フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝から見たフィリップ・ラームフィリップ・ラーム

    試合開始直後から、ホームスタジアムの声援の後押しを受けたバイエルン・ミュンヘンがボールを支配し、度々チャンスを作る。チェルシーは守備の要であったイヴァノヴィッチ、メイレレス、ラミレス、テリーの4人を出場停止で欠いているため、決勝戦までチャンピオンズリーグ出場経験のなかったU-21イングランド代表のバートランドを先発メンバーに抜擢、ロッベンとラームを抑える役目を託しある程度の成果を上げたものの、ボールを積極的に奪うことはできず劣勢に立たされる。37分にドログバがヒールキックでランパードに戻して右サイドに展開し、カルーがミドルシュートを放った場面ぐらいしかノイアーの守るバイエルンゴールを脅かす場面はなかった。一方、バイエルンは36分に左サイドからリベリーが上げたクロスボールをミュラーがダイレクトボレーシュートを放ち、42分にはフリーでボールを受けたゴメスがペナルティーエリア内でシュートを放つなど好機を多く作りシュートも10本以上放ったものの、放ったシュートのほとんどがペナルティーエリアライン外から放たれた枠外シュートであり、こちらも敵のゴールを脅かす場面は少なかった。また、多くのCKも獲得し、ショートコーナーなど変化をつけながら何度となくクロスを上げるものの、そのほとんどをチェルシーにクリアされ、チャンスを活かすことができなかった。UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・トーレス

    フェルナンド・トーレスから見たフィリップ・ラームフィリップ・ラーム

    2008年にスイスとオーストリアで共催されたUEFA欧州選手権2008にはスペイン代表の中心選手として臨み、グループリーグ初戦のロシア戦ではビジャの先制点をお膳立てした。途中交代時にルイス・アラゴネス監督との握手を拒否した(ように見えた)ことが批判の対象になったが、交代を命じた監督の采配に不満があったことは否定し、ゴールを奪えない自分自身に対して腹を立てていただけと弁解した。2戦目のスウェーデン戦でこの大会での初得点を決めた。コンビを組むビジャの負傷により決勝のドイツ戦はトーレスの1トップとなったが、前半33分にシャビのスルーパスに反応し、先にコースに入ったフィリップ・ラームを持ち前のスピードで外側から抜き去りイェンス・レーマンの鼻先で体勢を崩しながらもループシュートを決め、結局この得点が決勝点となりスペイン代表の優勝を決めた。この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれ、試合後には「夢が叶った。これは自分にとって初めてのタイトルであり、これから獲得する多くのタイトルのうちの1つ目であることを願っているよ。UEFA欧州選手権での優勝はFIFAワールドカップ優勝に匹敵するほど重要なものだ。僕らは今までこの試合(決勝戦)をブラウン管越しに眺めていたが、今回はピッチの上で戦っていて、しかもその試合に勝った。僕の仕事はゴールを奪うことだ。より多くのタイトルを勝ち取りたいし、欧州や世界の舞台でより重要な選手になりたい」と語った。大会後にはパートナーを組むビジャとともに大会ベストイレブンに選ばれた。フェルナンド・トーレス フレッシュアイペディアより)

  • ビセンテ・リザラズ

    ビセンテ・リザラズから見たフィリップ・ラームフィリップ・ラーム

    2005年、シーズン終了後にリザラズは1度現役引退を表明するが、2年間のレンタル移籍を終えて戻って来た左SBのフィリップ・ラームが、右足十字靭帯断裂という大怪我を負った状態でチームに復帰したため、クラブ側の訴えに応じ1年間現役を続行することを決めた。シーズン中盤でラームが復帰すると、ラームとポジション争いをしながらも、その後も負傷で離脱しがちだったラームの穴をしっかりと埋めた。ビセンテ・リザラズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
14件中 1 - 10件表示

「フィリップ・ラーム」のニューストピックワード