前へ 1 2 3
23件中 1 - 10件表示
  • バスティアン・シュヴァインシュタイガー

    バスティアン・シュヴァインシュタイガーから見たフィリップ・ラームフィリップ・ラーム

    バスティアン・シュヴァインシュタイガー(Bastian Schweinsteiger, ; 1984年8月1日 - )は、ドイツ出身のサッカー選手。シカゴ・ファイアー所属。元ドイツ代表。ポジションは主にセンターハーフを務めるが、キャリアの始めにはサイドハーフのポジションでプレイしていた。2014年9月2日に代表を引退したフィリップ・ラームの後任としてドイツ代表のキャプテンに指名された。バスティアン・シュヴァインシュタイガー フレッシュアイペディアより)

  • ヨシュア・キミッヒ

    ヨシュア・キミッヒから見たフィリップ・ラームフィリップ・ラーム

    バイエルンでは同年8月9日に行われたDFBポカール1回戦の戦でデビューし、同年9月12日に行われたFCアウクスブルク戦においてフィリップ・ラームとの交代でリーグデビューを果たした。加入初年度はウィンターブレイク明けの2016年2月以降、守備陣の故障者続出という内部事情もありセンターバックを務めるなどプレーの幅を広げ、グアルディオラ監督の下でリーグ戦23試合に出場し、バイエルンのリーグ優勝に貢献した。ヨシュア・キミッヒ フレッシュアイペディアより)

  • ストレート・アライ

    ストレート・アライから見たフィリップ・ラームフィリップ・ラーム

    ポール タグリアブ(en、NFL理事)、フィリップ・ラーム(サッカー選手)ストレート・アライ フレッシュアイペディアより)

  • アンドレアス・オットル

    アンドレアス・オットルから見たフィリップ・ラームフィリップ・ラーム

    2005年7月1日にトップチームとプロ契約。彼はフィリップ・ラーム、クリスティアン・レルらと共にバイエルンの中で数少ない地元ミュンヘン出身の選手となっていた。アンドレアス・オットル フレッシュアイペディアより)

  • ウィリー・サニョル

    ウィリー・サニョルから見たフィリップ・ラームフィリップ・ラーム

    2006年冬には契約満了と共にユヴェントスFC移籍の噂が流れたが結局は契約延長した。2007年はアキレス腱の怪我からの復帰のためにリハビリ中であったが、復帰のメドが経たずその間にクリスティアン・レルやフィリップ・ラーム等にポジションを奪われたため2009年2月22日をもって現役を引退した。ウィリー・サニョル フレッシュアイペディアより)

  • リュドヴィク・マニャン

    リュドヴィク・マニャンから見たフィリップ・ラームフィリップ・ラーム

    2005-2006シーズンからはVfBシュトゥットガルトへフリーで移籍し、フィリップ・ラームの移籍した穴を埋めるプレーを披露。ドイツ・ワールドカップ欧州予選にも出場し続け、その安定したプレーが認められる形で、予選を勝ち抜いたスイス代表の本戦出場メンバーにも招集される。4試合中3試合に左サイドバックとして出場したマニャンは、この大会本戦で一度も失点を味わうことのなかった唯一のチームの一員として活躍を見せた(チームは対ウクライナ戦でPK戦の末、決勝トーナメント一回戦敗退)。リュドヴィク・マニャン フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝から見たフィリップ・ラームフィリップ・ラーム

    試合開始直後から、ホームスタジアムの声援の後押しを受けたバイエルン・ミュンヘンがボールを支配し、度々チャンスを作る。チェルシーは守備の要であったイヴァノヴィッチ、メイレレス、ラミレス、テリーの4人を出場停止で欠いているため、決勝戦までチャンピオンズリーグ出場経験のなかったU-21イングランド代表のバートランドを先発メンバーに抜擢、ロッベンとラームを抑える役目を託しある程度の成果を上げた ものの、ボールを積極的に奪うことはできず劣勢に立たされる。37分にドログバがヒールキックでランパードに戻して右サイドに展開し、カルーがミドルシュートを放った場面ぐらいしかノイアーの守るバイエルンゴールを脅かす場面はなかった。一方、バイエルンは36分に左サイドからリベリーが上げたクロスボールをミュラーがダイレクトボレーシュートを放ち、42分にはフリーでボールを受けたゴメスがペナルティーエリア内でシュートを放つなど好機を多く作りシュートも10本以上放ったものの、放ったシュートのほとんどがペナルティーエリアライン外から放たれた枠外シュートであり、こちらも敵のゴールを脅かす場面は少なかった。また、多くのCKも獲得し、ショートコーナーなど変化をつけながら何度となくクロスを上げるものの、そのほとんどをチェルシーにクリアされ、チャンスを活かすことができなかった。UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • アンドレアス・ヒンケル

    アンドレアス・ヒンケルから見たフィリップ・ラームフィリップ・ラーム

    その守備能力の高さとスピードを買われ、トップチーム昇格から3年、シュトゥットガルトの右サイドバックの座を掴み取り、ドイツ国内でも屈指のサイドバックに成長する。その安定したプレーからチーム内での信頼度は大きく、2003年、バイエルン・ミュンヘンから若きスター候補生・フィリップ・ラームがレンタル加入したときもその座を譲らなかった。(この移籍とポジション争いから、ラームは左サイドバックとしての才能を開花させることになった。)アンドレアス・ヒンケル フレッシュアイペディアより)

  • ビセンテ・リザラズ

    ビセンテ・リザラズから見たフィリップ・ラームフィリップ・ラーム

    2005年、シーズン終了後にリザラズは1度現役引退を表明するが、2年間のレンタル移籍を終えて戻って来た左SBのフィリップ・ラームが、右足十字靭帯断裂という大怪我を負った状態でチームに復帰したため、クラブ側の訴えに応じ1年間現役を続行することを決めた。シーズン中盤でラームが復帰すると、ラームとポジション争いをしながらも、その後も負傷で離脱しがちだったラームの穴をしっかりと埋めた。ビセンテ・リザラズ フレッシュアイペディアより)

  • ミュンヘン

    ミュンヘンから見たフィリップ・ラームフィリップ・ラーム

    フィリップ・ラーム:サッカー選手ミュンヘン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
23件中 1 - 10件表示

「フィリップ・ラーム」のニューストピックワード