23件中 11 - 20件表示
  • デニス・アオゴ

    デニス・アオゴから見たフィリップ・ラームフィリップ・ラーム

    2011-12シーズンにクラブで不振を見せていたものの、レーヴ監督の信頼は厚く2012年最初の試合となるフランス戦へ向けて招集される。同試合(1-2)では主将のフィリップ・ラームが負傷したこともあり代役として先発出場したが、対峙するマテュー・ドゥビュシーを抑えることが出来ず2失点に関与し、批判が集中した。その後パフォーマンスが向上することもなくUEFA EURO 2012の一員に選出されることはなかった。デニス・アオゴ フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・ロドリゲス・レデスマ

    ペドロ・ロドリゲス・レデスマから見たフィリップ・ラームフィリップ・ラーム

    2010 FIFAワールドカップ本大会では5試合(このうち3試合は終了間際の途中出場)に出場した。グループリーグでは初戦のスイス戦に途中出場しただけであったが、決勝トーナメントでは1回戦のポルトガル戦と準々決勝のパラグアイ戦に途中出場し、パラグアイ戦ではゴールポストを直撃するシュートを放ってダビド・ビジャの決勝点を演出した。準決勝のドイツ戦では不調のトーレスの代わりに初めて先発出場し、精力的な動きで相手DFフィリップ・ラームと対等に渡り合った。1-0とリードしていた82分にはフリーのトーレスを差し置いてシュートを試みたが、トニ・クロースにクリアされた。決勝のオランダ戦 (1-0) にも右サイドハーフとして先発出場し、60分でヘスス・ナバスと交代したが、チームは延長戦の末に勝利して初優勝を果たした。ペドロ・ロドリゲス・レデスマ フレッシュアイペディアより)

  • 11月11日

    11月11日から見たフィリップ・ラームフィリップ・ラーム

    1983年 - フィリップ・ラーム、サッカー選手11月11日 フレッシュアイペディアより)

  • ペア・メルテザッカー

    ペア・メルテザッカーから見たフィリップ・ラームフィリップ・ラーム

    2014年のワールドカップブラジル大会では準々決勝のフランス戦を除く6試合に出場し、グループリーグ第2戦のガーナ戦では通算100試合出場を達成、決勝のアルゼンチン戦では延長後半にメスト・エジルとの交代で出場を果たしドイツの24年ぶり4回目の優勝に貢献した。この試合が最後の出場となり、1か月後の同年8月15日に代表からの引退を表明した。メルテザッカーはドイツ代表としての11年間のキャリアにおいて国際Aマッチ104試合に出場し4得点を記録した。また、ワールドカップ優勝メンバーの代表からの引退はフィリップ・ラームやミロスラフ・クローゼに続いて3人目となった。ペア・メルテザッカー フレッシュアイペディアより)

  • ユリアン・ドラクスラー

    ユリアン・ドラクスラーから見たフィリップ・ラームフィリップ・ラーム

    2012年5月26日、ドイツ代表として、スイス代表戦でA代表デビューし、2013年6月2日のアメリカ代表戦で代表初ゴールを挙げた。2014年5月13日に行われたポーランド代表との親善試合ではフィリップ・ラームら主力選手が不在だったこともあり、ドイツ代表史上最年少でキャプテンを務めた。ユリアン・ドラクスラー フレッシュアイペディアより)

  • ヨアヒム・レーヴ

    ヨアヒム・レーヴから見たフィリップ・ラームフィリップ・ラーム

    2010年FIFAワールドカップ・南アフリカ大会の3位決定戦直前にインフルエンザに罹患(代表のフィリップ・ラームとルーカス・ポドルスキも感染)、39度の高熱を出し倒れ試合前の記者会見も欠席する事態になった。しかし試合当日はベンチ入りし指揮を執っていた。ヨアヒム・レーヴ フレッシュアイペディアより)

  • 1983年

    1983年から見たフィリップ・ラームフィリップ・ラーム

    11月11日 - フィリップ・ラーム、サッカー選手1983年 フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・ポドルスキ

    ルーカス・ポドルスキから見たフィリップ・ラームフィリップ・ラーム

    大会後、フィリップ・ラームやペア・メルテザッカーや長年に渡ってコンビを組んだクローゼが代表からの引退を表明したが、ポドルスキは「まだハングリーだ。ワールドカップのタイトルという望みを超えるものは存在しないが、今でも私はドイツ代表の試合に大きな喜びを感じている。ブラジルで出場機会がなく代表に留まることが不可能と感じていたら引退を検討するべきだったが、そうは感じていない」として代表を続ける意向を示したが、2015年には『ビルト』紙の取材に対して「欧州選手権が最後の主要な大会になる」との意向を示した。ルーカス・ポドルスキ フレッシュアイペディアより)

  • サッカードイツ代表

    サッカードイツ代表から見たフィリップ・ラームフィリップ・ラーム

    2014年のワールドカップブラジル大会では、1次リーグ・グループGを2勝1分けで1位通過、決勝トーナメント初戦のアルジェリアには延長までもつれて苦戦したものの2-1で下し、準々決勝では1-0でフランスを退け、4大会連続の準決勝進出を決めた。開催国ブラジルと2002年の決勝以来の対戦となった準決勝では、ネイマール、チアゴ・シウヴァを欠くブラジルに対し前半だけで5点を奪い、7-1で圧勝(ブラジルが歴史的惨敗を喫したため、開催地にちなんで「ミネイロンの惨劇(または、ミネイロンの悲劇)()」などと呼ばれた)した。この試合ではクローゼが2点目を決めてワールドカップの通算得点記録を16とし、単独トップに立った。決勝では3大会連続の対戦となるアルゼンチンに対し、延長戦までスコアレスでもつれたが、延長後半8分に途中出場したマリオ・ゲッツェがゴールを奪い、この1点を守り切って西ドイツ時代から通算して4度目、東西ドイツ統一後初めての優勝を決めると同時に南米で開催されたワールドカップで初めて優勝した欧州のチームとなった。また大会を通じて活躍したキーパーのマヌエル・ノイアーが最優秀ゴールキーパーに選出された。大会終了後に発表されたFIFAランキングでは、20年ぶりに首位に返り咲いた。一方で、長年代表で主力として活躍したフィリップ・ラーム、クローゼ、ペア・メルテザッカーの3人が代表引退を表明した。サッカードイツ代表 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐美貴史

    宇佐美貴史から見たフィリップ・ラームフィリップ・ラーム

    バイエルン時代のチームメイトであるフィリップ・ラームからは「彼はあまりに若く、経験が少ないままバイエルンに加入してしまった。でも、間違いなくものすごい才能の持ち主だったよ」と2015年に評されている。宇佐美貴史 フレッシュアイペディアより)

23件中 11 - 20件表示

「フィリップ・ラーム」のニューストピックワード