3848件中 91 - 100件表示
  • フィリピン大学

    フィリピン大学から見たフィリピンフィリピン

    フィリピン大学(タガログ語名称Unibersidad ng Pilipinas、英語名称University of the Philippines 略称 U.P.)は、1908年に設立されたフィリピンを代表する国立大学である。フィリピン大学 フレッシュアイペディアより)

  • カブリラ (潜水艦)

    カブリラ (潜水艦)から見たフィリピンフィリピン

    9月12日、カブリラは最初の哨戒でフィリピン方面に向かった。9月24日、カブリラは父島近海に接近しつつあった。その時、潜水部隊司令部から「日本の空母2隻が付近を通過するので迎撃せよ」との指令が入り、カブリラは空母を待ち伏せることとした。夜が明ける頃、カブリラはの父島の北東海域で、トラック諸島から横須賀に向かっていた2隻の空母大鷹と冲鷹、護衛の駆逐艦島風を発見した。カブリラは艦首発射管からの魚雷を大鷹に、向きを変えて艦尾発射管からの魚雷を冲鷹に向けてそれぞれ発射するよう接敵し、大鷹に900メートルまで接近して魚雷を6本発射した。しかし、艦尾発射管からの第二撃は島風が接近してきたので断念した。魚雷は6本全部が大鷹に命中した。しかし、爆発したのは艦尾に命中した1本のみで、残る5本は全て不発に終わった。大鷹は、艦尾への魚雷の命中でスクリューと舵が吹き飛んだので航行不能に陥り、手負いの大鷹は冲鷹に曳航されていった。カブリラは大鷹に止めを刺すべく追跡したが、島風の反撃と悪天候の影響で大鷹と冲鷹を見失ってしまった。カブリラ (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • タバカレラ

    タバカレラから見たフィリピンフィリピン

    タバカレラ(TABACALERA)とは、フィリピンのマニラで生産されている葉巻の銘柄。タバカレラ フレッシュアイペディアより)

  • 赤松貞明

    赤松貞明から見たフィリピンフィリピン

    太平洋戦争開戦時は、台湾の高雄基地に開隊の第三航空隊に所属し、フィリピン、蘭印、オーストラリアを転戦。1941年(昭和16年)12月8日の開戦初日はフィリピン・イバ基地上空で米陸軍・カーチスP-40ウォーホーク戦闘機1機を撃破、翌9日にはマニラ上空でP-40戦闘機1機を協同撃墜。翌1942年(昭和17年)2月3日のスラバヤ上空の空戦では、三空先任分隊長の黒澤丈夫大尉の危機を救う形でP-40戦闘機1機を撃墜。更に三空におるティモール島クーパン基地からの、オーストラリアのポートダーウィン攻撃時に、英空軍・スーパーマリン スピットファイアと機種識別した戦闘機1機を撃墜。赤松貞明 フレッシュアイペディアより)

  • 大日本帝国海軍航空隊

    大日本帝国海軍航空隊から見たフィリピンフィリピン

    1941年12月8日、帝国海軍はハワイの真珠湾を攻撃し、アメリカ太平洋艦隊を無力化し、航空機188機以上を破壊した。日本軍側の損害は航空機29機であった。同日から13日まで、台湾に進出していた第十一航空艦隊所属の戦爆連合隊がフィリピンの米軍基地に空襲を掛け、同地の航空戦力を無力化した。12月10日には、仏印に進出していた11航艦所属爆撃機隊が、イギリス海軍のプリンス・オブ・ウェールズとレパルスを撃沈した(マレー沖海戦)。その後もマレー半島・蘭印での航空戦は日本海軍航空隊に一方的に優勢な状況であった。大日本帝国海軍航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 外国人労働者

    外国人労働者から見たフィリピンフィリピン

    1980年代初めにはすでに韓国・フィリピンを中心としたアジアの女性が興行ビザの名目で飲食業を中心として日本に流入していた。バブル期には南米の日系人、次いでパキスタンやバングラデシュ、さらにはイランなど中近東から労働者が続々とやってきた。日本は単純労働者の受け入れを認めていないが、彼らの多くは観光ビザや学生ビザ、研修ビザで来日し、不法就労の形で建設業や製造業に携わった。外国人労働者 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の経済

    2009年の経済から見たフィリピンフィリピン

    7月9日 - フィリピンの中央銀行は政策金利を25bp引き下げ4%にすると発表。2009年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • オランゴ環礁

    オランゴ環礁から見たフィリピンフィリピン

    オランゴ環礁()はフィリピン中部ヴィサヤ地方にある群島。環礁となっている。所属する行政府はセブ州ラプ=ラプ市とコルドバに分かれる。マクタン島の5キロメートル東にあり、セブでも有数のリゾート地である。自然保護区としても名高い。オランゴ環礁 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・マッキンリー

    ウィリアム・マッキンリーから見たフィリピンフィリピン

    マッキンリーは大不況 (1873年-1896年)(特に)後、回復に向けて国を率い、金本位制を導入した。彼はスペインに対し、キューバでの蛮行を止めるように要求した。アメリカ合衆国の世論はスペインに対する憤慨で沸き立っていた。そして1898年、米西戦争が勃発した。戦争はアメリカの勝利で終わった。アメリカ軍はスペイン艦隊を壊滅させ、90日間でキューバとフィリピンを占領した。1898年のパリ協定の結果、スペインの植民地であったプエルトリコ、グアム、フィリピンはアメリカ合衆国に併合され、キューバはアメリカの占領下に置かれた。米比戦争そのものに対する支持は広範囲に及んだが、民主党とアメリカ反帝国主義連盟は共和制の価値が失われることを恐れて、激しくフィリピンの併合に反対した。マッキンリーはまた、1898年にハワイ共和国を併合、同国の全ての居住者がアメリカ国民となった。マッキンリーは1900年の大統領選で再びウィリアム・ジェニングス・ブライアンと争った。ブライアンは外交政策と繁栄の復帰に焦点を合わせた激しい選挙戦を展開したが、マッキンリーは再選を成し遂げた。マッキンリーは1901年、無政府主義者のによって暗殺された。彼の後任は副大統領のセオドア・ルーズベルトが引き継いだ。ウィリアム・マッキンリー フレッシュアイペディアより)

  • プロフェッサー・タナカ

    プロフェッサー・タナカから見たフィリピンフィリピン

    グレート東郷と並んで東洋の悪魔として恐れられ、当時のアメリカマットを席巻した典型的な日系悪役レスラーだが、出自は不明な点が多い。トール・タナカ(Toru Tanaka)あるいはタロー・タナカ(Taro Tnaka)を名乗り日系人を自称していたがギミックの可能性が高く、実際はハワイ生まれのフィリピン系とされている。その他、ミンダナオ島出身説やタイの山岳民族であるとの説もあった。プロフェッサー・タナカ フレッシュアイペディアより)

3848件中 91 - 100件表示

「フィリピン」のニューストピックワード