3848件中 71 - 80件表示
  • JtoS

    JtoSから見たフィリピンフィリピン

    JUN(ジュン)フィリピンマニラ生まれ 1984年3月29日-)A型JtoS フレッシュアイペディアより)

  • ルベン・アビト

    ルベン・アビトから見たフィリピンフィリピン

    ルベン・アビト(Ruben L.F.Habito 1947年-)は、フィリピンの宗教学者・カトリック司祭。ルベン・アビト フレッシュアイペディアより)

  • アップル・デ・アップ

    アップル・デ・アップから見たフィリピンフィリピン

    フィリピン出身で母国語はタガログ語であり、渡米した頃は英語が全く話せなかったが、勤勉の末、タブーに「アップルは俺より英単語を知っている」とまで言わしめた。アップル・デ・アップ フレッシュアイペディアより)

  • 1999 AFC女子選手権

    1999 AFC女子選手権から見たフィリピンフィリピン

    1999 AFC女子選手権(英文:1999 AFC Women's Championship)は1999年11月7日から21日にフィリピンで開催された女子サッカー大会。第12回となるこの大会にはアジアサッカー連盟(AFC)所属の15ヶ国・地域が参加した。1999 AFC女子選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ヤシ酒

    ヤシ酒から見たフィリピンフィリピン

    ヤシ酒は、東南アジアやアフリカの赤道付近で比較的有名な酒であるものの、地域によって呼び名は様々である。例えば、ナイジェリアでは「emu」や「oguro」、コンゴでは「nsamba」や「malafu」、ガーナでは「nsafufuo」、インドの南部では「kallu」、スマトラ島の北部では「tuak」、ボルネオ島では「goribon」や「tuba」、フィリピンでは「tuba」と呼ばれている。また、上記の地域から外れるが、メキシコやマリアナ諸島でも「tuba」と呼ばれている。なお、トディ(シュロ酒)は、主にスリランカやミャンマーなどで消費されている。ヤシ酒 フレッシュアイペディアより)

  • ホエール (潜水艦)

    ホエール (潜水艦)から見たフィリピンフィリピン

    8月21日、ホエールは9回目の哨戒でフィリピン方面に向かった。当時、ウィリアム・ハルゼー大将率いる第3艦隊がパラオ攻略作戦の援護を企図しており、ハルゼー大将はフィリピンからカロリン諸島までの広大な海域を潜水艦で哨戒することを望んでいた。ホエールはシーホース (USS Seahorse, SS-304) 、セグンド (USS Segundo, SS-398) とともにウルフパックを組み、9月3日にサイパン島に寄港した後、特設沿岸掃海艇ヒード (USS Heed, AMC-100) の護衛を受けつつ担当海域に向かった。9月6日、ホエール以下はサマール島沖でバーベロ (USS Barbero, SS-317) と会合した。ホエールは以後の8日間、修理や訓練、緊急潜航に費やした。ハルゼー大将はフィリピンとペリリューの間にホエールを含む10隻の潜水艦を、日本海軍が採用したような二重の散開線を構成して配備させた。この散開線は俗に「ハルゼーの動物園」(あるいは単に Zoo )と呼ばれたが効果は全くなく、以後の作戦で二度と採用されることはなかった。9月17日、ホエール以下のウルフパックは台湾の東南部に移動するよう指令を受け、9月20日に到着した。この後10月に入るまで、台湾の南端からルソン海峡、バシー海峡、バタン諸島で哨戒を行った。10月3日、ホエール以下はルソン海峡に西側に移動した。10月6日昼過ぎ、ホエール以下はの地点で門司からシンガポールに向かっていたヒ77船団を発見。ホエールは魚雷を6本発射し、タンカーあかね丸(石原汽船、10,241トン)に2本から5本を命中させ4分で撃沈した。シーホースも、あかね丸の遭難者を救助していた第21号海防艦を一撃で撃沈した。翌日、ホエールはこれまでのウルフパックを解散してアスプロ (USS Aspro, SS-309) 、カブリラ (USS Cabrilla, SS-288) と新しいウルフパックを編成して南西諸島で哨戒を行った。10月29日、ホエールは68日間の行動を終えてミッドウェー島に帰投した。ホエール (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • パーチ (SS-313)

    パーチ (SS-313)から見たフィリピンフィリピン

    6月27日、パーチは2回目の哨戒でフィリピン、スリガオ海峡方面に向かった。7月29日にのディナガット島東方海上でい号観音丸(田谷亀一、115トン)を撃沈した。8月26日、パーチは59日間の行動を終えて真珠湾に帰投した。パーチ (SS-313) フレッシュアイペディアより)

  • チョ・チュク・モ

    チョ・チュク・モから見たフィリピンフィリピン

    Mike Orangeが去った後Ka-sing Lawをギターに迎える。2007年マニラ(フィリピン)にてツアー、その後デモCDを作成。2008年春、ギターのKa-sing LawとドラムのCheong Ho二人がメインバンドに集中すべくChochukmoを去る。チョ・チュク・モ フレッシュアイペディアより)

  • ハワイ料理

    ハワイ料理から見たフィリピンフィリピン

    アメリカ合衆国や日本、ポルトガル、プエルトリコ、中国、朝鮮半島、フィリピンなどからの移民たちの食文化の影響を受けて成立した、今日のハワイ州民の日常食。家庭やレストランで食べられるほか、プレート・ランチとして、好みの料理にアイスクリームのスクープ2杯分の白飯とマカロニサラダやポテトサラダを添えて供される。また、あらかじめ小型の容器に詰められたものは日本同様にベントー(弁当)と呼ばれている。黎明期のハワイの外食産業には日本人、特に沖縄出身者が多かったため、日本料理および沖縄料理の影響が随所にみられるのが特徴である。ハワイ料理 フレッシュアイペディアより)

  • インディアナ (戦艦)

    インディアナ (戦艦)から見たフィリピンフィリピン

    8月には第38.3任務群の一部としてパラオ、続いてフィリピンへの砲撃を行った。続いてレイテ島侵攻の支援として9月12日から30日まで艦砲射撃を行った。その後ワシントン州ブレマートンへ向かい、10月23日に到着した。インディアナ (戦艦) フレッシュアイペディアより)

3848件中 71 - 80件表示

「フィリピン」のニューストピックワード