5448件中 71 - 80件表示
  • 2007年の日本

    2007年の日本から見たフィリピンフィリピン

    安倍晋三総理大臣、フィリピンセブ島のホテルで、日中韓首脳会談に出席。北朝鮮の核兵器放棄を求める共同声明を発表。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 多重国籍

    多重国籍から見たフィリピンフィリピン

    イラン、北朝鮮では他国の国籍を取得しても、自国の国籍を放棄することは困難・不可能となっている。オーストラリア、フィジー、ニュージーランド、フィリピン、サモア、バヌアツでは、二重国籍が認められている。フィリピン・オーストラリア・フィジーは二重国籍認められているが、公職者になることは禁止している。ニュージランドでは国益に反したり、他国を重視しているなど市民権の付与が不適切と判断された場合は剥奪できる。多重国籍 フレッシュアイペディアより)

  • 小野田寛郎

    小野田寛郎から見たフィリピンフィリピン

    情報将校として太平洋戦争に従軍し遊撃戦(ゲリラ戦)を展開、第二次世界大戦終結から29年の時を経て、フィリピン・ルバング島から日本へ帰還を果たした。小野田寛郎 フレッシュアイペディアより)

  • 組体操

    組体操から見たフィリピンフィリピン

    世界各地のNGOによる一般参加者の演技はきわめて多彩であり、二次元波、人間ロケット(大砲)、風車、ヘリコプター、歩行人間城壁、歩行ピラミッド、人間起こし(カタパルト)、三段壁、カタルーニャ式ピラミッド、ポセイドンの柱、回転三段円塔、瞬間直立三段円塔、三段平面塔、四段円塔、稀に五段円塔が披露される。開催国や地域によって演目は大きく異なる。1982年に日本で立ち上がった六段円塔はギネスブックに記載された。マレーシア、香港、ブラジル、インドネシア、フィリピンの演目は日本や東ヨーロッパの技を基本としながらも独自の進化を遂げ、それぞれの地域の強い特色が見られる。かつては組み立て、姿勢を保持した状態での静止の繰り返しであったが、21世紀におけるマレーシア、香港、ブラジルの演技は極めて動的である。ブラジル国内でも、サンパウロとリオデジャネイロ、ニテロイの演技はスタイルが異なる。リオデジャネイロの演技は小規模ではあるが独創的であり芸術的完成度が高い。2011年10月のリオデジャネイロのヒバウタ劇場での舞台上演技では、五基の四段瞬間直立ピラミッドが一瞬で屹立した。インドネシアの回転式二段扇も動的な動きが取り入れられている。組体操 フレッシュアイペディアより)

  • シャリース・ペンペンコ

    シャリース・ペンペンコから見たフィリピンフィリピン

    カーマイン・クラリス・レルシオ・ペンペンコ(1992年5月10日 - )はシャリース(Charice)の芸名で知られるフィリピンの女性歌手である。YouTubeから人気を得た歌手で、オプラ・ウィンフリーに「世界一才能のある少女」と称された。デビュー・アルバム『シャリース』がBillboard 200アルバムチャートで初登場8位を記録し、アジア人アーティストとして初の同チャートトップ10入りを果たした。シャリース・ペンペンコ フレッシュアイペディアより)

  • マニラ

    マニラから見たフィリピンフィリピン

    マニラ市( 、 )は、フィリピン共和国の首都。メトロ・マニラとも呼ばれるマニラ首都圏に所属する都市。フィリピンのルソン島中西部にあり、マニラ湾東岸に位置している。マニラ フレッシュアイペディアより)

  • スカルノ

    スカルノから見たフィリピンフィリピン

    その後1941年12月に太平洋戦争(大東亜戦争)が始まると、アメリカ領フィリピンやイギリス領マレー半島から宗主国の軍隊を放逐した日本軍が、またたくまにオランダ領東インド全域(=インドネシア)からオランダ軍を放逐し、オランダ植民地政府とその軍隊は、多くの兵器のみならず在留オランダ人をも放置したままオーストラリアに逃げることとなった。スカルノ フレッシュアイペディアより)

  • 植民地

    植民地から見たフィリピンフィリピン

    ポルトガルとスペインはイベリア半島におけるイスラム勢力に対する国土回復運動であるレコンキスタを達成した後、大航海時代の先頭を切って海外に進出した。スペインはコロンブスの新大陸発見後、中米のメキシコ、南米のペルーを中心とする大領土を獲得し、さらに太平洋を横断してフィリピン諸島の領有にも成功した。植民地 フレッシュアイペディアより)

  • 開発独裁

    開発独裁から見たフィリピンフィリピン

    当時「開発独裁政権」と名指しされたのは、フェルディナンド・マルコスのフィリピン、スハルトのインドネシア、リー・クアンユーのシンガポールなど、東南アジアの反共諸政権であった。開発独裁 フレッシュアイペディアより)

  • 真珠湾攻撃

    真珠湾攻撃から見たフィリピンフィリピン

    大西と第一航空艦隊参謀長の草鹿龍之介少将は、蘭印(オランダ領東インド)の石油資源獲得のために、アメリカの植民地のフィリピン方面に集中するべきとしてハワイ奇襲作戦に反対したが、山本は両者に「ハワイ奇襲作戦は断行する。両艦隊とも幾多の無理や困難はあろうが、ハワイ奇襲作戦は是非やるんだという積極的な考えで準備を進めてもらいたい」旨を述べ、さらに「僕がいくらブリッジやポーカーが好きだからといってそう投機的だ、投機的だというなよ。君たちのいうことも一理あるが、僕のいうこともよく研究してくれ」と話して説得した。真珠湾攻撃 フレッシュアイペディアより)

5448件中 71 - 80件表示