461件中 31 - 40件表示
  • フィリピン

    フィリピンから見たアーネル・ピネダ

    アーネル・ピネダ (Arnel Pineda) - 歌手。ジャーニーの2代目ボーカリスト。フィリピン フレッシュアイペディアより)

  • フィリピン

    フィリピンから見たハーバート・フーヴァー

    その後フィリピン議会議員マニュエル・ケソンの尽力で、アメリカ合衆国議会は1916年ジョーンズ法で自治を認めが成立。1920年代にRCAが広域無線局を設置、ここを中継地点として香港経由で中国と交信した。1929年に世界恐慌が発生すると無課税でアメリカ本土に移入されていたフィリピンの砂糖がアメリカ本土の甜菜糖やキューバ糖に打撃を与え、アメリカの資産家で破産するものが続出した。そのためフィリピン糖排撃の声が高まり、関税を課すことを目的にフィリピン独立が叫ばれるようになった。1934年アメリカ議会はフーバー大統領の反対を押し切り、タイディングス・マクダフィー法で10年後の完全独立を認め、フィリピン議会もこれを承諾、フィリピン自治領からフィリピン・コモンウェルスに移行したが、アメリカはフィリピンにアメリカへの依存貿易を続けさせるなどの利権を確保し続けた。フィリピン フレッシュアイペディアより)

  • フィリピン

    フィリピンから見たホセ・ラウレル

    アメリカは1935年にはフィリピンの独立を約束していたので、大日本帝国も1943年5月に御前会議でフィリピン()とビルマを独立させた。1943年10月14日、ホセ・ラウレルを大統領とするフィリピン第二共和国が成立した。しかしアメリカは日本の傀儡政権であるとしこれを認めなかった。。その後ラウレルは日本との協力関係を築きフィリピン政府の運営を進めた。日本の敗戦が濃厚になると1944年12月8日に親日義勇隊のマカピリが設立されベニグノ・ラモスなどが参加し、戦闘に加わった。また、アメリカの援助を受けて結成された反日ゲリラ組織のユサフェ・ゲリラと共産系のフクバラハップが各地で抗日ゲリラ戦争を行った。フィリピン フレッシュアイペディアより)

  • フィリピン

    フィリピンから見たマニュエル・ケソン

    その後フィリピン議会議員マニュエル・ケソンの尽力で、アメリカ合衆国議会は1916年ジョーンズ法で自治を認めが成立。1920年代にRCAが広域無線局を設置、ここを中継地点として香港経由で中国と交信した。1929年に世界恐慌が発生すると無課税でアメリカ本土に移入されていたフィリピンの砂糖がアメリカ本土の甜菜糖やキューバ糖に打撃を与え、アメリカの資産家で破産するものが続出した。そのためフィリピン糖排撃の声が高まり、関税を課すことを目的にフィリピン独立が叫ばれるようになった。1934年アメリカ議会はフーバー大統領の反対を押し切り、タイディングス・マクダフィー法で10年後の完全独立を認め、フィリピン議会もこれを承諾、フィリピン自治領からフィリピン・コモンウェルスに移行したが、アメリカはフィリピンにアメリカへの依存貿易を続けさせるなどの利権を確保し続けた。フィリピン フレッシュアイペディアより)

  • フィリピン

    フィリピンから見たエフレン・レイズ

    ボクシングやビリヤードは世界チャンピオンを多く輩出している。「アジアの怪物」と呼ばれているボクサーマニー・パッキャオや、ビリヤードのエフレン・レイズなどはその世界では伝説的である。パッキャオの世界的活躍は彼を祖国の英雄へと押し上げ、後に続くフィリピン人ボクサーの米国での成功や世界的評価の急上昇という好循環を齎している。フィリピン フレッシュアイペディアより)

  • フィリピン

    フィリピンから見たF・シオニル・ホセ

    20世紀後半の文学は英語、タガログ語、その他のフィリピン地方言語などの様々な現地語で書かれた。著名な作家としては、『』(1961年)でフィリピン人のアイデンティを題材にしたニック・ホアキンや、英語で『』五部作(:en:Po-on (novel)、:en:The Pretenders (novel)、:en:My Brother, My Executioner、:en:Mass (novel)、:en:Tree (novel))、『』などを著しフィリピン近現代史を題材にしたF・シオニル・ホセ、タガログ語で『 (Maynila: Sa Mga Kuko ng Liwanag)』(1968年)を書いたエドガルド・M・レイエスらの名が挙げられる(後に映画化された『:en:Mga Kwento ni Lola Basyang』)。フィリピン フレッシュアイペディアより)

  • フィリピン

    フィリピンから見たラモン・マグサイサイ

    冷戦下では地主支配(アシエンダ)打倒を訴える共産系のフクバラハップが勢力を拡大し、ルソン島ではゲリラ戦争が続いたが、1950年代中に共産ゲリラはアメリカからの全面的な支援を受けたラモン・マグサイサイの手によって一度壊滅した。その後、親米政権によって農地改革が行われたものの、実効性には乏しいものとなった。フィリピン フレッシュアイペディアより)

  • フィリピン

    フィリピンから見たコメディアン

    ドルフィー (Dolphy) - コメディアンフィリピン フレッシュアイペディアより)

  • フィリピン

    フィリピンから見たライノセラス

    更新世中期の遺跡として、ルソン島北部のカガヤン渓谷にあるリワン遺跡が発見されている。そこからエレファス(古代象)、ステゴドン(ステゴドン象)、ライノセラス(古代犀)などの絶滅種の動物化石が出土し、他の出土品ではチョッパー(片面礫器)、チョッピング・トゥール(両面礫器)、フレーク・トゥール(剥片石器)など多量に発見されている。カガヤン渓谷に「カガヤン原人」の骨化石を求めて発掘作業が行われている。フィリピン フレッシュアイペディアより)

  • フィリピン

    フィリピンから見たエドガルド・M・レイエス

    20世紀後半の文学は英語、タガログ語、その他のフィリピン地方言語などの様々な現地語で書かれた。著名な作家としては、『』(1961年)でフィリピン人のアイデンティを題材にしたニック・ホアキンや、英語で『』五部作(:en:Po-on (novel)、:en:The Pretenders (novel)、:en:My Brother, My Executioner、:en:Mass (novel)、:en:Tree (novel))、『』などを著しフィリピン近現代史を題材にしたF・シオニル・ホセ、タガログ語で『 (Maynila: Sa Mga Kuko ng Liwanag)』(1968年)を書いたエドガルド・M・レイエスらの名が挙げられる(後に映画化された『:en:Mga Kwento ni Lola Basyang』)。フィリピン フレッシュアイペディアより)

461件中 31 - 40件表示