311件中 51 - 60件表示
  • フィリピン

    フィリピンから見た

    火山と地震が多いのはプレートテクトニクスによるものである。また、鉱物資源に富み、金鉱床は南アフリカに次ぐ規模を誇り、鉱床は世界規模で、ニッケル・クロム・亜鉛も多い。地熱発電は電力需要の18%を賄い、アメリカに次ぐ量である。フィリピン フレッシュアイペディアより)

  • フィリピン

    フィリピンから見たGDP

    IMFによると、フィリピンの2011年のGDPは2131億ドルであり、福岡県とほぼ同じ経済規模である。一人当たりのGDPは2223ドルであり、世界平均のおよそ20%の水準である。2011年にアジア開発銀行が公表した資料によると、1日2ドル未満で暮らす貧困層は3842万人と推定されており、国民の40%以上を占めている。フィリピン フレッシュアイペディアより)

  • フィリピン

    フィリピンから見たミンダナオ島

    1762年に、一時的にマニラがイギリス軍に占領されたが、1763年にパリ条約が結ばれ再びスペインの管轄下に戻った。18世紀になってスペインは南部への侵攻を開始したが、西南ミンダナオ島、スールー諸島、南パラワン島では、スールー王国をはじめとするイスラム勢力の抵抗に遭い、最後まで征服できなかった。フィリピン フレッシュアイペディアより)

  • フィリピン

    フィリピンから見たアルテミオ・リカルテ

    日本はフィリピンを軍政下においた後、1943年にラウレルを大統領として、フィリピンを独立させた(第二共和国)。その後ラウレルは日本との協力関係を築きフィリピン政府の運営を進めた。しかし、ラウレル政権は必ずしも日本の言うことを全て聞き入れた訳ではなく、地主支配の維持を図ったために、アルテミオ・リカルテのようなフィリピン親日派からも離反が相次ぎ、新たなる親日組織マカピリが設立された。また、アメリカの援助を受けて結成された反日ゲリラ組織のユサフェ・ゲリラと共産系のフクバラハップが各地で抗日ゲリラ戦争をけしかけたが、大きな支持を受けることはできなかった。フィリピン フレッシュアイペディアより)

  • フィリピン

    フィリピンから見た東南アジア諸国連合

    東南アジア諸国連合(ASEAN)では創設以来の加盟国である。フィリピン フレッシュアイペディアより)

  • フィリピン

    フィリピンから見たアメリカ合衆国議会

    その後フィリピン議会議員マニュエル・ケソンの尽力で、アメリカ合衆国議会は1916年ジョーンズ法で自治を認めが成立。1934年アメリカ議会はタイディングス・マクダフィー法で10年後の完全独立を認め、フィリピン議会もこれを承諾、フィリピン自治領からに移行したが、アメリカはフィリピンに膨大な利権を確保し続けた。フィリピン フレッシュアイペディアより)

  • フィリピン

    フィリピンから見たトウモロコシ

    フィリピンは他の東南アジア新興国と同様に基本的には農業国であり、全人口の約40パーセントが第一次産業に従事している。亜熱帯に属することから多種多様な作物を作ることが可能で、サトウキビやココナッツ、コプラ、マニラ麻、タバコ、バナナなどの生産が盛んである。主食用には米、トウモロコシを産し、特に米の生産が多く、毎年約1500万トンもの米を産出する世界第8位の米生産国であるが、その自給率は低く、大量の米を輸入している。特に米に至っては世界最大の米輸入国であり、アジア有数の農業国でありながら、大量の食糧を輸入するというジレンマ状態に陥っている。そのことが、フィリピンの社会問題となっており、2007年-2008年の世界食料価格危機には政治的に大きな影響を受けた。その根本原因には過剰な人口(人口爆発)と、過酷な貧困問題に加え、前近代的な農法から来る農業生産性の低さと、フィリピン政府・官僚の腐敗、外貨を得るために輸出商品作物の栽培に偏っているなど、様々な原因が指摘されている。フィリピン フレッシュアイペディアより)

  • フィリピン

    フィリピンから見た一院制

    議会は、上院と下院の両院制(二院制)。上院は、24議席で任期6年。3年ごとに半数改選。下院は、憲法上は250議席以下と規定されているが、現在は214議席。20%を政党別の候補者リストから、残りを小選挙区制で選出され任期は3年である。選挙は、2007年など3で割り切れる年に行われる。アロヨ政権は現在の大統領制から議院内閣制へ、両院制議会から一院制へ移行する憲法改正を提案するが進展は見られない。地方自治体の州、市町村の正副首長と地方議会の議員は任期3年。フィリピン フレッシュアイペディアより)

  • フィリピン

    フィリピンから見た

    フィリピンは他の東南アジア新興国と同様に基本的には農業国であり、全人口の約40パーセントが第一次産業に従事している。亜熱帯に属することから多種多様な作物を作ることが可能で、サトウキビやココナッツ、コプラ、マニラ麻、タバコ、バナナなどの生産が盛んである。主食用には、トウモロコシを産し、特に米の生産が多く、毎年約1500万トンもの米を産出する世界第8位の米生産国であるが、その自給率は低く、大量の米を輸入している。特に米に至っては世界最大の米輸入国であり、アジア有数の農業国でありながら、大量の食糧を輸入するというジレンマ状態に陥っている。そのことが、フィリピンの社会問題となっており、2007年-2008年の世界食料価格危機には政治的に大きな影響を受けた。その根本原因には過剰な人口(人口爆発)と、過酷な貧困問題に加え、前近代的な農法から来る農業生産性の低さと、フィリピン政府・官僚の腐敗、外貨を得るために輸出商品作物の栽培に偏っているなど、様々な原因が指摘されている。フィリピン フレッシュアイペディアより)

  • フィリピン

    フィリピンから見たダグラス・マッカーサー

    第二次世界大戦中の1941年12月に、米軍との間に開戦した日本軍が米軍を放逐しマニラに上陸した。敗走を続けるアメリカ陸軍司令官のダグラス・マッカーサーはオーストラリアに逃亡し、日本軍は1942年の上半期中にフィリピン全土を占領した。フィリピン フレッシュアイペディアより)

311件中 51 - 60件表示

「フィリピン」のニューストピックワード