前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
74件中 1 - 10件表示
  • 連帯経済

    連帯経済から見たフェアトレード公正取引

    連帯経済とは以下に示される経済活動を総称したものであるが、これら一見すると別々のものに見える活動は、現在の資本主義経済の主な担い手である私企業とは異なり、社会的連帯を基盤として行われる経済活動である点が共通している。株式会社など従来の私企業の経済で運営されるもの(特にフェアトレードに多い)でも、連帯経済の担い手と分類されるものでは経営理念で社会的連帯がうたわれており、実際にそのような理念で業務が行われている。私企業による経済活動では基本的に株主利益が最重要視され、その株主利益を損なったり、あるいは法令に違反したりしない範囲でしか労働者や環境が保護されない構造がある以上、そうではなく社会的連帯を最重要視することで従来の経済活動では見落とされがちである分野も配慮してゆき、特に従来の経済体制の中で社会的疎外に苦しむ人たちを社会の中に取り込んでゆこうというのが、連帯経済の主な趣旨であると言える。連帯経済 フレッシュアイペディアより)

  • チョコレボ

    チョコレボから見たフェアトレード公正取引

    チョコレボ(Choco-Revo!!=Chocolate Revolutionの略)は、フェアトレードやオーガニックのチョコレートなど、人と地球に優しいチョコレートの認知を高め、流通・生産を促進するキャンペーン。主催団体はチョコレボ実行委員会、発起人兼代表は星野智子。チョコレボ フレッシュアイペディアより)

  • ディーン・ニューコム

    ディーン・ニューコムから見たフェアトレード公正取引

    フェアトレードとして知られる『ピープル・ツリー』の2014年アンバサダー、ディーン・ニューコム フレッシュアイペディアより)

  • 経済産業委員会

    経済産業委員会から見た公正取引公正取引

    経済産業委員会は、衆議院、参議院にそれぞれ置かれる常任委員会である。経済産業委員会が最初に置かれたのは、2001年1月31日に召集された第151回国会である。衆参の経済産業委員会はそれぞれの議院規則により所管が定められており、経済産業省・公正取引委員会・公害等調整委員会所管(鉱業等に係る土地利用に関する事項に限る。)を対象とする(衆議院規則92条9号、参議院規則74条9号)。具体的には、資源エネルギー、特許、中小企業、公正取引、鉱業等に係る土地利用等などである。経済産業委員会 フレッシュアイペディアより)

  • フェアトレード

    フェアトレードから見た公正取引公正取引

    フェアトレード フレッシュアイペディアより)

  • フェア・トレード

    フェア・トレードから見た公正取引公正取引

    フェア・トレード フレッシュアイペディアより)

  • 適正な報酬での取引

    適正な報酬での取引から見た公正取引公正取引

    適正な報酬での取引 フレッシュアイペディアより)

  • 原田さとみ

    原田さとみから見た公正取引公正取引

    1995年3月に結婚。語学留学のために一時期フランスに滞在した後、1999年8月に名古屋市中区の長屋通りで自身のセレクトショップ「ペネロープ・パリ・ペティヨン」を創業した。以来、実妹とともに店を経営しつつ、エシカルファッションの提案とフェアトレードの推進、および名古屋の活性化をテーマに様々な活動を展開中。具体的な活動内容としては、ストリートファッションショーやオープンカフェイベントの企画、在名のNPO法人や独立行政法人などが主催する講演への参加、育児雑誌での連載などがある。また、第1子出産のために2000年から休業していたタレント活動も2005年4月に再開した。原田さとみ フレッシュアイペディアより)

  • グリーン・アンド・ブラックス

    グリーン・アンド・ブラックスから見た公正取引公正取引

    グリーン・アンド・ブラックスは、1991年に、クレイグ・サムズ(Craig Sams)とその妻で、雑誌編集者・ジャーナリストとして活躍していたジョセフィン・フェアレー(Josephine Fairley)によって創業された。社名の由来は、創業に関わった者の人名ではなく言葉遊びにように付けられたものであり、グリーンは創業者たちの環境問題への関心を、ブラックは製造を目指したココアパウダーの比率が高いチョコレートを表している。1994年から、同社はベリーズのマヤ族(Maya peoples)の農民からフェアトレードによるカカオ豆の購入を始めて「マヤゴールド・チョコレートバー」を生産し、同年の を受賞し、またイギリスで最初のフェアトレード認証を受けた。同社は、ベリーズのプンタゴルダ(Punta Gorda, Belize)に小さな事務所を構えている。グリーン・アンド・ブラックス フレッシュアイペディアより)

  • アニータ・ロディック

    アニータ・ロディックから見たフェアトレード公正取引

    アニータは国際連合で働いたことがあり、世界各国を旅した経験から様々な人と文化に触れていた。1976年、夫がアメリカに単身赴任している間に、娘2人とザ・ボディショップ1号店をリトルハンプトンに開店した。はじめは、たった15品の化粧品からのスタートだった。6ヶ月後に2号店をオープン。ゴードンも帰国後にビジネスに加わった。1991年には、支店が700店舗に増えていた。自然由来の成分で作る、自社製品の動物実験をしない、容器のリユースを促進するための商品量り売り、弱い立場にある生産者からフェアトレードで原材料を購入するなど、画期的な施策を打ち出し広めていった。2004年までに、1980店舗をもち、のべ77億人に商品を売ったとされる。ザ・ボディショップは、世界の28のトップ・ブランド中、イギリスで最も信頼できるブランドの2位に選ばれた。アニータ・ロディック フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
74件中 1 - 10件表示

「フェアトレード」のニューストピックワード