74件中 11 - 20件表示
  • レディスミス・ブラック・マンバーゾ

    レディスミス・ブラック・マンバーゾから見た公正取引公正取引

    シャバララが復帰しはじめたので、『Wenyukela』の制作は進んだ。「Wenza Ngani? (How Did You Do That?)」など、人種差別などの道徳的なテーマを含んだ曲を収録している。他の収録曲「Fak' Ibhande (Don't Drink and Drive)」は、飲酒運転の危険性を警告している。「Wenyukela」はイエス・キリストの復活と、1994年の南アフリカの改革をテーマに。「Selingelethu Sonke」はアフリカで公正取引を求めた曲。グループはオックスファムのキャンペーンで公正取引問題について語った。レディスミス・ブラック・マンバーゾ フレッシュアイペディアより)

  • フェアトレード・タウン

    フェアトレード・タウンから見た公正取引公正取引

    フェアトレード・タウン(Fairtrade Town)とは、発展途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することを旨とした「公平貿易証明」がなされた商品(フェアトレード製品)の利用を促進しているとして、公正貿易証明団体から認定された都市である。フェアトレード・タウン フレッシュアイペディアより)

  • フェアトレード・タウン

    フェアトレード・タウンから見たフェアトレード公正取引

    フェアトレード・タウン(Fairtrade Town)とは、発展途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することを旨とした「公平貿易証明」がなされた商品(フェアトレード製品)の利用を促進しているとして、公正貿易証明団体から認定された都市である。フェアトレード・タウン フレッシュアイペディアより)

  • ハイチにおけるコーヒー生産

    ハイチにおけるコーヒー生産から見た公正取引公正取引

    1850年にコーヒーはハイチの主要輸出品目として束の間の復興を果たし、世界第3位の主要生産国に浮上した1949年には市場は浮上と後退の循環の最中にあった。ハイチのコーヒーは国際競争に苦しんだ。コーヒー生産市場における景気局面の後退のためハイチは、世界経済が好況局面に転換することへの期待から、コーヒー農家農園を焼き木炭生産に舵を切った。 ハイチがコーヒーの主要生産国であった時代には、労働人口の80パーセントが農業関連の産業に従事していた。1980年代に入ると、その割合は66パーセントにまで低下したW。農業の技術面で従事していない労働者は、市場や仲買、輸出を担っていた。フェアトレード政策が実行されたが、ハイチのコーヒーは右肩上がりを続けた。ハイチにおけるコーヒー生産 フレッシュアイペディアより)

  • メノナイト

    メノナイトから見た公正取引公正取引

    中庸メノナイトには最大の会派であるメノナイト・ブレザレンとメノナイト教会が含まれる。礼拝や実践の形においては、プロテスタントの宗派と大きな違いはない。特別の服装形態はないし、技術を使うことに制限もない。礼拝の様式は異なる宗派の間で大きく変化している。正式な礼拝のきまりは無い。典型的なものは賛美歌の歌唱、聖句の朗読、祈りと説教である。聖歌隊を好む教会もある。また電子楽器で当世風のキリスト教音楽を演奏する場合もある。メノナイトの宗派は独立経営であり、独自の牧師を指名する。牧師が宗派から承認される必要はないし、他の宗派から牧師が指名されることもある。会員の数に応じて少額の献金が行われ、会報の発行や他の宗派、他の国との交流のための機能を果たすために使われる。中庸メノナイトの特徴有る性格は規則よりも強調するものに傾いている。平和の強調、社会と奉仕の強調である。しかし、会員が特別の社会で生活するのではなく、世界に対する「塩と光」として一般社会に参加している(マタイ伝5章13節、14節)。メノ・シモンズの教義の主要な要素は保たれているが、中庸な形である。破門は滅多に行われず、行われたとしても社会が固いきずなに結ばれている宗派よりも効果が少ない。破門は起こる可能性がある。第二次世界大戦で軍隊に従軍した会員に対してメノナイト・ブレザレンが行ったのが顕著な例である。軍隊に従軍することは一般に認められていないが、法律専門家や法執行機関に従事することは認められる。地元や海外での奉仕活動と広い社会の支援は奨励されている。メノナイト中央委員会が海外支援の指導に当たっている。1万の村(Ten Thousand Villages)はフェアトレード商品の再販売業者として活動している。メノナイト フレッシュアイペディアより)

  • 空木 マイカ

    空木マイカから見たフェアトレード公正取引

    空木 マイカ(うつぎ まいか、1983年10月20日 - )は、兵庫県出身のラジオパーソナリティ・ディスクジョッキー。FM BIRD所属。JICA中部なごや地球ひろばのオフィシャルサポーターとして、エチオピア、ルワンダを視察した経験から自身のラジオ番組やイベントにおいてアフリカの現状や国際協力についても伝え続けている。他にコップなごや水基金のコーデュネーターや、子どもを対象にしたボランティア団体elSOULの東海支部代表、フェアトレードタウンなごや推進委員など活動は多岐にわたる。東日本大震災後は名古屋から現地ボランティアを支援する団体Supporter’s Supportを立ち上げ、代表として活動中。空木マイカ フレッシュアイペディアより)

  • 高瀬幸途

    高瀬幸途から見たフェアトレード公正取引

    現在は、生活クラブ生協や関西よつ葉連絡会・使い捨て時代を考える会/安全農産供給センターなど、都市消費者の力を集めて小規模農業者との連携を作る運動=産消提携(産直)をフェアトレード運動と同質のものであり、むしろ、世界最先端を切り開くものであると評価している。高瀬幸途 フレッシュアイペディアより)

  • 自由競争

    自由競争から見た公正取引公正取引

    自由競争が行われている場合には、理論上販売者と需要者の互いがより大きな利益を得るということが事業の目標となり、このことから消費者はより良い商品をより安く手軽に入手できる消費活動を営むことが可能になる。このため、一部の販売者が利権を守るためのカルテルや談合などの行為は避けるべき行為と位置付けられる。自由競争が成り立つ理想的な状態に近づけるために、独占禁止法や公正取引といった概念が近代経済学に取り入れられている。自由競争 フレッシュアイペディアより)

  • シャンティ国際ボランティア会

    シャンティ国際ボランティア会から見たフェアトレード公正取引

    寄付および募金。その他に、絵本を届ける運動。クラフト・エイドでのフェアトレード製品購入。もので寄付する。報告会、チャリティ寄席への参加。東京事務所でのボランティアなど。シャンティ国際ボランティア会 フレッシュアイペディアより)

  • 熊本市国際交流会館

    熊本市国際交流会館から見たフェアトレード公正取引

    1階:エントランスロビー、海外新聞雑誌コーナー、インターネット及びパンフレット・コーナー、BBCニュース(テレビ)、Link Cafe(フェアトレードカフェ)熊本市国際交流会館 フレッシュアイペディアより)

74件中 11 - 20件表示

「フェアトレード」のニューストピックワード