前へ 1 2 3 4
32件中 1 - 10件表示
  • 公正取引

    公正取引から見たスターバックス

    その後、フェアトレードの考えに共感した流通ビジネスを巻き込みより一般市場向けの製品の販売を始めた。また、フェアトレード認証マークも生まれた。現在、イギリスやカナダを中心とした欧米ではフェアトレード認証製品の販売や利用を促進している街を認定する「フェアトレード・タウン」制度が広がっているほか、スターバックスに代表されるような一般の企業も参入している。公正取引 フレッシュアイペディアより)

  • 公正取引

    公正取引から見たイオン (企業)

    日本のフェアトレードは、1986年に株式会社プレス・オルターナティブの「第3世界ショップ」に始まる。1989年にオルター・トレード・ジャパン(ATJ)が設立され、主として生協内でフェアトレードを広げた。1990年代にはいくつもの団体が生まれ、日本各地でフェアトレードショップができた。2000年代に入り2002年にスターバックスコーヒーの販売を始めたことを筆頭に、2003年にイオンがコーヒーの販売を始めるなど特にコーヒー製品で大手企業が参入している。公正取引 フレッシュアイペディアより)

  • 公正取引

    公正取引から見たコーヒー

    国際的な貧困対策、環境保護を目的としアジア、アフリカ、中南米などの発展途上国から先進国への輸出において、こうした取引形態が採用される場合がある。主な品目としてコーヒー、バナナ、カカオのような食品、手工芸品、衣服がある。公正取引 フレッシュアイペディアより)

  • 公正取引

    公正取引から見た林昌宏

    ジャン=ピエール・ボリス、林昌宏(訳) 『コーヒー、カカオ、コメ、綿花、コショウの暗黒物語』(作品社、2005/11)公正取引 フレッシュアイペディアより)

  • 公正取引

    公正取引から見た清水正

    清水正 『世界に広がるフェアトレード ― このチョコレートが安心な理由 ―(創成社新書(26))』(創成社、2008/6) ISBN 4-7944-5026-5公正取引 フレッシュアイペディアより)

  • 公正取引

    公正取引から見た関税

    途上国の商品を先進国に輸出する際、最高400%以上の関税がかかる国や分野があり途上国がこの関税障壁に費やす費用は年間1,000億米ドルに達する。公正取引 フレッシュアイペディアより)

  • 公正取引

    公正取引から見た貧困

    国際的な貧困対策、環境保護を目的としアジア、アフリカ、中南米などの発展途上国から先進国への輸出において、こうした取引形態が採用される場合がある。主な品目としてコーヒー、バナナ、カカオのような食品、手工芸品、衣服がある。公正取引 フレッシュアイペディアより)

  • 公正取引

    公正取引から見た公正取引委員会

    公正取引(こうせいとりひき、、、、フェアトレード、公平貿易)は、発展途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することを通じ、立場の弱い途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す運動である。オルタナティブ・トレード(Alternative Trade)とも言う。連帯経済の一翼を担う活動でもある。「公正取引」という表現は政府との関係がある組織(例:公正取引委員会)にも使われているので、誤解対策のために「適正な報酬での取引」という交代表現も使われている。公正取引 フレッシュアイペディアより)

  • 公正取引

    公正取引から見た世界貿易機関

    オックスファムインターナショナル、渡辺龍也訳 『貧富・公正貿易・NGO ― WTO に挑む国際 NGO オックスファムの戦略』(新評論、2006/03) ISBN 4-7948-0685-X公正取引 フレッシュアイペディアより)

  • 公正取引

    公正取引から見た明石書店

    長坂寿久(編) 『日本のフェアトレード ― 世界を変える希望の貿易』(明石書店、2008/05) ISBN 4-7503-2793-X公正取引 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
32件中 1 - 10件表示

経済の話題
クリップランキング

「フェアトレード」のニューストピックワード