40件中 11 - 20件表示
  • 公正取引

    公正取引から見たジャワ島

    19世紀のオランダ東インド会社の官僚だったエドゥアルト・ダウエス・デッケルは、帰国後ムルタトゥーリのペンネームでジャワ島のコーヒープランテーションでの無慈悲な搾取の実態を基にした小説『』を書き、社会にセンセーションを与えた。搾取に対する償いをするべきという民意の高まりから、19世紀末にオランダ政府は「倫理政策」を策定し、植民地の人々のための公共事業や社会インフラ整備などの投資を行うようになった。しかし、第二次世界大戦によって植民地経営・経済が麻痺状態となり、植民地への関心は薄れてしまった。公正取引 フレッシュアイペディアより)

  • 公正取引

    公正取引から見た世界貿易機関

    オックスファムインターナショナル、渡辺龍也訳 『貧富・公正貿易・NGO ― WTO に挑む国際 NGO オックスファムの戦略』(新評論、2006/03) ISBN 4-7948-0685-X公正取引 フレッシュアイペディアより)

  • 公正取引

    公正取引から見た新評論

    マイケル・バラット ブラウン、青山薫、市橋秀夫 『フェア・トレード ― 公正なる貿易を求めて』(新評論、1998/04) ISBN 4-7948-0400-8公正取引 フレッシュアイペディアより)

  • 公正取引

    公正取引から見た日本経済新聞出版社

    ジョセフ・スティグリッツ、アンドリュー・チャールトン(著)、高遠裕子(翻訳) 『フェアトレード ― 格差を生まない経済システム』(日本経済新聞出版社、2007/03) ISBN 4-532-35251-7公正取引 フレッシュアイペディアより)

  • 公正取引

    公正取引から見た明石書店

    長坂寿久(編) 『日本のフェアトレード ― 世界を変える希望の貿易』(明石書店、2008/05) ISBN 4-7503-2793-X公正取引 フレッシュアイペディアより)

  • 公正取引

    公正取引から見た青土社

    デイヴィッド ランサム、市橋秀夫 『フェア・トレードとは何か』(青土社、2004/11) ISBN 4-7917-6151-0公正取引 フレッシュアイペディアより)

  • 公正取引

    公正取引から見た創成社

    清水正 『世界に広がるフェアトレード ― このチョコレートが安心な理由 ―(創成社新書(26))』(創成社、2008/6) ISBN 4-7944-5026-5公正取引 フレッシュアイペディアより)

  • 公正取引

    公正取引から見た合同出版

    FLO編、フェアトレード・リソースセンター(翻訳) 『これでわかるフェアトレードハンドブック ― 世界を幸せにするしくみ』(合同出版、2008/06) ISBN 4-7726-0421-9公正取引 フレッシュアイペディアより)

  • 公正取引

    公正取引から見た作品社

    ジャン=ピエール・ボリス、林昌宏(訳) 『コーヒー、カカオ、コメ、綿花、コショウの暗黒物語』(作品社、2005/11)公正取引 フレッシュアイペディアより)

  • 公正取引

    公正取引から見た日経BP社

    ニコ・ローツェン、フランツ・ヴァン・デル・ホフ(著)、永田千奈(翻訳) 『フェアトレードの冒険 草の根グローバリズムが世界を変える』(日経BP社、2007/11) ISBN 4-8222-4624-8公正取引 フレッシュアイペディアより)

40件中 11 - 20件表示

「フェアトレード」のニューストピックワード