32件中 21 - 30件表示
  • 公正取引

    公正取引から見た開発途上国

    公正取引(こうせいとりひき、、、、フェアトレード、公平貿易)は、発展途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することを通じ、立場の弱い途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す運動である。オルタナティブ・トレード(Alternative Trade)とも言う。連帯経済の一翼を担う活動でもある。「公正取引」という表現は政府との関係がある組織(例:公正取引委員会)にも使われているので、誤解対策のために「適正な報酬での取引」という交代表現も使われている。公正取引 フレッシュアイペディアより)

  • 公正取引

    公正取引から見たバナナ

    国際的な貧困対策、環境保護を目的としアジア、アフリカ、中南米などの発展途上国から先進国への輸出において、こうした取引形態が採用される場合がある。主な品目としてコーヒー、バナナ、カカオのような食品、手工芸品、衣服がある。公正取引 フレッシュアイペディアより)

  • 公正取引

    公正取引から見たイギリス

    第二次世界大戦後の東欧の経済復興のため手工業品の輸入を行ったのがフェアトレードの考えの始まりと言われる。1960年代に経済的、社会的に立場の弱い生産者に対して通常の国際市場価格よりも高めに設定した価格で継続的に農産物や手工芸品などを取引し、発展途上国の自立を促すという運動としてヨーロッパから始まった。イギリスのトレードクラフトやドイツのゲパのような団体が生まれた。公正取引 フレッシュアイペディアより)

  • 公正取引

    公正取引から見たカカオ

    国際的な貧困対策、環境保護を目的としアジア、アフリカ、中南米などの発展途上国から先進国への輸出において、こうした取引形態が採用される場合がある。主な品目としてコーヒー、バナナ、カカオのような食品、手工芸品、衣服がある。公正取引 フレッシュアイペディアより)

  • 公正取引

    公正取引から見た児童労働

    需要や市場価格の変動によって生産者が不当に安い価格で買い叩かれ、あるいは恒常的な低賃金労働者が発生することを防ぎまた児童労働や貧困による乱開発という形での環境破壊を防ぐことを目的としている。最終的には生産者・労働者の権利や知識、技術の向上による自立を目指す。公正取引 フレッシュアイペディアより)

  • 公正取引

    公正取引から見た連帯経済

    公正取引(こうせいとりひき、、、、フェアトレード、公平貿易)は、発展途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することを通じ、立場の弱い途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す運動である。オルタナティブ・トレード(Alternative Trade)とも言う。連帯経済の一翼を担う活動でもある。「公正取引」という表現は政府との関係がある組織(例:公正取引委員会)にも使われているので、誤解対策のために「適正な報酬での取引」という交代表現も使われている。公正取引 フレッシュアイペディアより)

  • 公正取引

    公正取引から見た輸出

    国際的な貧困対策、環境保護を目的としアジア、アフリカ、中南米などの発展途上国から先進国への輸出において、こうした取引形態が採用される場合がある。主な品目としてコーヒー、バナナ、カカオのような食品、手工芸品、衣服がある。公正取引 フレッシュアイペディアより)

  • 公正取引

    公正取引から見た貿易

    国際貿易における先進国と途上国の公平さを図り立場の弱い途上国の生産者・労働者により良い取引状況を提供し、彼らの権利を強化することで持続可能な開発が実現できるように貢献する。また、従来の国際貿易の規則と実態を変化させるために働きかける。公正取引 フレッシュアイペディアより)

  • 公正取引

    公正取引から見た環境保護

    国際的な貧困対策、環境保護を目的としアジア、アフリカ、中南米などの発展途上国から先進国への輸出において、こうした取引形態が採用される場合がある。主な品目としてコーヒー、バナナ、カカオのような食品、手工芸品、衣服がある。公正取引 フレッシュアイペディアより)

  • 公正取引

    公正取引から見た非政府組織

    オックスファムインターナショナル、渡辺龍也訳 『貧富・公正貿易・NGO ― WTO に挑む国際 NGO オックスファムの戦略』(新評論、2006/03) ISBN 4-7948-0685-X公正取引 フレッシュアイペディアより)

32件中 21 - 30件表示

経済の話題
クリップランキング

「フェアトレード」のニューストピックワード