フェイエノールト ニュース&Wiki etc.

フェイエノールト(Feyenoord Rotterdam)は、1908年創設のオランダ・南ホラント州・ロッテルダムに本拠地を置くサッカークラブ。エールディヴィジに所属。ホームスタジアムのスタディオン・フェイエノールトはデ・カイプと呼ばれ、スタディオンクラブとして全国的人気を集めている。伝統的に赤と白のユニフォームを着用し… (出典:Wikipedia)

「フェイエノールト」Q&A

  • Q&A

    小野、中田、俊輔、香川、岡崎、長谷部、長友、誰が最も偉大な足跡を欧州で残しましたか?…

    [続きを読む]

    回答数:5質問日時 - 2016年12月17日 16:18

  • Q&A

    オランダ代表のレロイ・フェル(スウォンジー所属)について。 フェルは、両足からの強烈…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年12月2日 12:16

  • Q&A

    11月9日、平戸オランダ商館(長崎県平戸市)で行われた締結式でフェイエノールトとVフ…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年11月11日 10:18

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「フェイエノールト」のつながり調べ

  • エストゥディアンテス

    エストゥディアンテスから見たフェイエノールト

    そして、1905年8月4日、彼らは新しいクラブを創設することにした。名称は"Club Atletico Estudiantes"(クラブ・アトレチコ・エストゥディアンテス)。設立時の首脳陣がみな大学生であったことから、エストゥディアンテス(学生)の名称がつけられた。1965年にオスバルド・スベルディア監督が就任すると、スベルディア監督は当時としては革新的な戦術(オフサイドトラップの使用や戦術的ファールの遂行など)を用い、傑出した才能を持つ選手たちを率いて黄金期を作り上げた。1967年にはアルゼンチンの5大クラブ以外で初めてリーグ優勝。1968年のコパ・リベルタドーレスでは、準決勝でラシン・クラブを、決勝でSEパルメイラス(ブラジル)を破り、アルゼンチンのクラブとしてはインデペンディエンテとラシン・クラブに次いで3クラブ目となる南米制覇を遂げた。フアン・ラモン・ベロンはパルメイラスとの決勝3試合(ファーストレグ、セカンドレグ、プレーオフ)すべてで得点し、得点ランキング3位の9得点を挙げた。1969年の同大会ではウニベルシダ・カトリカ(チリ)やナシオナル・モンテビデオ(ウルグアイ)を破って2連覇を達成し、1970年大会ではリーベル・プレートやCAペニャロール(ウルグアイ)を破って3連覇を達成。1971年大会でも決勝に進出したが、ナシオナル・モンテビデオに敗れて準優勝に終わった。1968年のインターコンチネンタルカップではマンチェスター・ユナイテッドFC(イングランド)と対戦し、ボビー・チャールトンやジョージ・ベストらが名を連ねたイングランドの名門に1勝1分で勝利した。1969年の同大会ではジャンニ・リベラなどを擁するACミラン(イタリア)と対戦したが、2試合合計2-4で敗れた。キーパーのアルベルト・ポレッティがリベラの頭にひじ打ちを食らわせて大会から永久追放されるなど、セカンドレグは大荒れの展開の試合となった。1970年の同大会では、UEFAチャンピオンズカップでACミランなどを破って優勝したフェイエノールト(オランダ)と対戦したが、2試合合計2-3で敗れた。この時期のエストゥディアンテスにはJ・R・ベロンの他にカルロス・ビラルドなども在籍していた。(エストゥディアンテス フレッシュアイペディアより)

  • ボルシア・ドルトムント

    ボルシア・ドルトムントから見たフェイエノールト

    監督に就任したザマーは、人員整理とチームの立て直しに着手する。メラーがライバルのシャルケ04に移籍して話題をさらわれたが、ヨルク・ハインリッヒを連れ戻すなどしてチームの再建に成功し、3位というまずまずの成績で就任1年目を終了した。そして、マルシオ・アモローゾ、トマーシュ・ロシツキー、ヤン・コラー、セバスティアン・ケールを補強して戦力アップが図られたことで、2001-02シーズンには久しぶりのリーグ優勝を果たす。UEFAカップでも決勝に進出したが、フェイエノールトに敗れてしまい、UEFAカップウィナーズカップ、UEFAチャンピオンズリーグに続く3つ目のタイトルを逃した。この試合では、コーラーが退場によって選手生活を終えてしまった。コーラーをはじめとして、2004年にはロイターも引退してチームは中軸を失った。(ボルシア・ドルトムント フレッシュアイペディアより)

「フェイエノールト」のニューストピックワード