前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
309件中 1 - 10件表示
  • ピーター・ボス

    ピーター・ボスから見たフェイエノールトフェイエノールト

    フェイエノールトが獲得したことで1991年にオランダ復帰し3年契約にサイン。ジャン=ポール・ファン・ハステルや後にロブ・ウィツヘなどと中盤でコンビを組んでリーグ戦1回(1993)、カップ戦3回(1992, 1994, 1995)を獲得と、クラブの90年代の成功に貢献した。ボスは1996年にフェイエノールトを去り、ジェフユナイテッド市原(日本)、ハンザ・ロストック(ドイツ)でプレーし、NACブレダを経て再びジェフユナイテッド市原に戻り、わずか1シーズンで1999年11月に現役を引退した。ピーター・ボス フレッシュアイペディアより)

  • ステフェン・ベルハイス

    ステフェン・ベルハイスから見たフェイエノールトフェイエノールト

    スティーヴン・ベルフハイス(Steven Berghuis、1991年12月19日 - )は、オランダ・アペルドールン出身のサッカー選手。フェイエノールト所属。サッカーオランダ代表。ポジションはFW (オランダではほぼ右のウィンガーでプレー)。ファーストネームはオランダでも実際の発音はスティーヴンである。ファミリーネームはベルハイスと表記されることもある(カナ表記でgを無視するのはBergkampのケースと同様)。ステフェン・ベルハイス フレッシュアイペディアより)

  • アンドウェレ・スロリー

    アンドウェレ・スロリーから見たフェイエノールトフェイエノールト

    18歳の時にエールステ・ディヴィジ(2部)のストルムフォーヘルス・テルスターからプロデビューし、2005年にSBVエクセルシオールに移籍した。エクセルシオールではエールディヴィジ(1部)昇格を果たして同リーグでも活躍し、2007年6月にはオランダ代表デビューした。2007年夏に同じ町のフェイエノールトに引き抜かれて2010年までプレーした。2010年にはウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFCとレフスキ・ソフィアに短期間だけ在籍し、2011年1月にアデレード・ユナイテッドFCと契約した。アンドウェレ・スロリー フレッシュアイペディアより)

  • ヨハン・クライフ

    ヨハン・クライフから見たフェイエノールトフェイエノールト

    リーグ戦ではフェイエノールトとの間でシーズン終盤まで優勝争いを続けていたが、1983年5月1日に行われたフェイエノールトとの直接対決を3-3と引分け、残り2試合を残して首位のアヤックスと2位のフェイエノールトとの勝ち点差4の状態を維持。5月1日に行われたヘルモント・スポルト戦ではクライフを累積警告による出場停止で欠いたものの4-1と勝利しリーグ連覇を達成した。この時期のクライフは継父の死や故障を繰り返していたことで精神的に困窮していたものの、同シーズンのリーグ戦とカップ戦との二冠獲得の原動力となった。一方、1983年に入るとクラブ会長のがクライフに対し36歳という年齢を理由に引退を迫ったことや、クラブ側との間で締結していた入場料収入に応じた給与体系の更新を拒否されたこともあり確執を生んでいた。クライフは5月10日に行われたカップ戦決勝第一戦のNECナイメヘン戦の終了後に退団を表明し、5月14日に行われたリーグ戦最終節のフォルトゥナ・シッタート戦がアヤックスでの最後の試合出場となった。ヨハン・クライフ フレッシュアイペディアより)

  • メンフィス・デパイ

    メンフィス・デパイから見たフェイエノールトフェイエノールト

    2011年、PSVのリザーブチームに当たるヨングPSVでプレイをしながら、デパイはトップチームの練習にも参加していた。2011年9月21日に行われ、8-0で勝利したKNVBカップ2回戦のVVSB戦で公式戦デビューを飾ると、2012年2月26日に行われたフェイエノールト戦のアディショナルタイムにザカリア・ラビアドと交代で出場し、リーグ戦デビューを果たした。その試合ではチームもライバルクラブであるフェイエノールトに3-2で勝利を挙げた。3月18日に行われ、5-1で勝利したヘーレンフェーン戦ではドリース・メルテンスと交代で出場した6分後にゴールを挙げ、初ゴールを記録した。最終的に1年目のシーズンはすべて途中出場ながらリーグ戦8試合に出場し、3ゴールを挙げた。メンフィス・デパイ フレッシュアイペディアより)

  • ロッテルダム・ダービー

    ロッテルダム・ダービーから見たフェイエノールトフェイエノールト

    ロッテルダム・ダービーは、オランダ・南ホラント州・ロッテルダムに本拠地を置くサッカークラブ、フェイエノールト、スパルタ・ロッテルダム、SBVエクセルシオールの対戦のことである。特にそれぞれの対戦のことを指すが、3クラブのクラブ間、選手間、サポーター間の漠然としたライバル意識を指す時にも使用される。ロッテルダム・ダービー フレッシュアイペディアより)

  • ピム・ファーベーク

    ピム・ファーベークから見たフェイエノールトフェイエノールト

    現役引退後はフェイエノールトやFCフローニンゲンなどオランダのクラブで監督を務め、1998年途中から大宮アルディージャの監督に就任、1999年まで務めた。ピム・ファーベーク フレッシュアイペディアより)

  • ウィール・クーバー

    ウィール・クーバーから見たフェイエノールトフェイエノールト

    現役時代はローダJCの前身チームでプレイ、指導者としてはアヤックス・アムステルダム、フェイエノールトなどのクラブを指導していた。選手時代はそれほど華やかしくはないものの、指導者としては数々の功績を残してきた人物。FIFA公認の練習方法クーバー・コーチングは世界中で最も信頼されたコーチングメソッドとして知られている。人間の精神論を説くその指導方法は、教育者の鏡とも言える人物。ウィール・クーバー フレッシュアイペディアより)

  • マルセル・メーウウィス

    マルセル・メーウウィスから見たフェイエノールトフェイエノールト

    そんな時、出場機会を得たいメーウウィスと、財政難により補強もままならないため不振に陥り経験豊富なベテランを求めていたフェイエノールトの思惑が合致し、2010-11シーズン冬の移籍市場で期限付き移籍でフェイエノールトへ移籍する。そしてプレミアリーグのアーセナルより期限付き移籍していた宮市亮と同じ試合で初出場し、以降共にプレーした。このシーズンのフェイエノールトはメーウウィスや宮市が加入した冬以降成績が上向き、最終的には10位で終えている。マリオ・ベーン監督も彼を高く評価し、残留を希望したが、結局残留はならず6シーズンぶりにVVVフェンローへフリートランスファーで復帰することになった。マルセル・メーウウィス フレッシュアイペディアより)

  • コリン・カジム=リチャーズ

    コリン・カジム=リチャーズから見たフェイエノールトフェイエノールト

    クイーンズ・パーク・レンジャーズFCとアーセナルFCの下部組織を経て、ベリーFCの下部組織からプロキャリアを開始する。ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFC、プレミアリーグ (イングランド1部) のシェフィールド・ユナイテッドFCでそれぞれ1シーズンを過ごした後は、フェネルバフチェSK、トゥールーズFC、ガラタサライSK、オリンピアコスFC、フェイエノールトといった欧州各国の様々なクラブに所属した。コリン・カジム=リチャーズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
309件中 1 - 10件表示

「フェイエノールト」のニューストピックワード