309件中 131 - 140件表示
  • FCラピド・ブカレスト

    FCラピド・ブカレストから見たフェイエノールトフェイエノールト

    2005-06シーズンのUEFAカップはベスト8にはいった。1回戦ではフェイエノールトを破り、決勝トーナメントではヘルタ・ベルリン、ハンブルガーSVのドイツ勢を倒した。準々決勝はFCステアウア・ブカレストとのルーマニア勢同士の対戦となり、アウェーゴール差で敗退した。2006-07シーズンは2季連続でのグループリーグ進出を決めたが、グループリーグでは4戦4分で敗退した。2007-08シーズンは1回戦で1.FCニュルンベルクに敗れ、3季連続のグループリーグ進出はならなかった。FCラピド・ブカレスト フレッシュアイペディアより)

  • アンドレ・ルイス・バイーア・ドス・サントス・ヴィアナ

    アンドレ・ルイス・バイーア・ドス・サントス・ヴィアナから見たフェイエノールトフェイエノールト

    2004-05シーズンの後半、エールディヴィジの有力クラブフェイエノールトに加入。2005年3月13日のローダJC戦にて初出場し、4-1での勝利に貢献した。アンドレ・ルイス・バイーア・ドス・サントス・ヴィアナ フレッシュアイペディアより)

  • FKラドニチュキ・ニシュ

    FKラドニチュキ・ニシュから見たフェイエノールトフェイエノールト

    1975年、バルカン・カップ決勝でトルコのエスキシェヒルスポルに勝利し、初優勝を果たした。これはクラブにとって最初で唯一の国際タイトルである。1980年、UEFAカップ1980-81でUEFAカップに初出場した。翌年のUEFAカップ1981-82で2回目の出場を果たすと、SSCナポリ、フェイエノールトなどに勝利して準決勝に進出する大きな成功を収めた。1983年には3回目のUEFAカップ出場を果たした。この10年間はクラブの歴史にとって最も成功した時期であった。FKラドニチュキ・ニシュ フレッシュアイペディアより)

  • ドゥストレイ・ムルデル

    ドゥストレイ・ムルデルから見たフェイエノールトフェイエノールト

    ユトレヒト州バールンに生まれ、VVアイセルメールフォヘルス、FCユトレヒトの下部組織に在籍した後、2000年にフェイエノールトの下部組織に移籍。2004年にはフェイエノールトのサテライトチームであったSBVエクセルシオールにレンタル移籍しプロ選手となった。ドゥストレイ・ムルデル フレッシュアイペディアより)

  • ルベン・スハーケン

    ルベン・スハーケンから見たフェイエノールトフェイエノールト

    2010年5月にフェイエノールトとの2年契約にサインし、シーズン後にフリー移籍。背番号7を背負いスタメンとして2010-11シーズンに入ったが、期待を裏切るパフォーマンスによってベンチに降格。その後巻き返すこともできず、シーズン後半は負傷離脱も経験した。2011-12シーズンは背番号が27に。しかしプレシーズンに新監督 ロナルド・クーマンに好印象を与え、再びスタメンをつかむと高いパフォーマンスで再び評価を高めた。トルコのクラブからの関心もあった為、2012年8月22日には2014年までクラブとの契約を延長。フェイエノールトで最も高額なサラリーを得る選手の一人になった。ルベン・スハーケン フレッシュアイペディアより)

  • ロビン・ネリッセ

    ロビン・ネリッセから見たフェイエノールトフェイエノールト

    1997-98シーズンにフェイエノールトでプロとなる。その後、SCカンブール・レーワルデン、AZアルクマール、FCユトレヒトを経てレッドブル・ザルツブルクに移籍。2011年8月10日に膝の故障のため、プロ引退を発表した。ロビン・ネリッセ フレッシュアイペディアより)

  • ジョディ・ルコキ

    ジョディ・ルコキから見たフェイエノールトフェイエノールト

    VVA/SpartaanおよびYoung Boys Haarlemでプレーした後、アヤックス・アムステルダムユースに加入した。2011年1月19日のライバルフェイエノールトに2-0で勝利した試合で、80分にロレンゾ・エベシリオと交代しデビューを飾った。ボールがアウトになった後に、ティム・デ・クレルに対してを決め、すぐにホームのファンの心を掴んだ。2011年3月20日のライバルADOデン・ハーグとの試合で2度目の出場を果たしたが、アウェーの試合は3-2で敗戦し印象を残すことができなかった。2011-12シーズンは、シーズンデビューとなったローダJC戦でエールディヴィジ初ゴールを決め、快調な滑りだしとなった。ジョディ・ルコキ フレッシュアイペディアより)

  • ウーゴ・ヴィアナ

    ウーゴ・ヴィアナから見たフェイエノールトフェイエノールト

    2002年夏、19歳のヴィアナはイングランド・プレミアリーグのニューカッスル・ユナイテッドFCに移籍した。移籍金は1200万ユーロ。2シーズンの間にUEFAチャンピオンズリーグのFKジェリェズニチャル・サラエヴォ戦とフェイエノールト戦、プレミアリーグのバーミンガム・シティFC戦とウェストブロムウィッチ・アルビオンFC戦の4試合で得点したが、レギュラーに定着することはできず、2004-05シーズンは古巣スポルティングCPにレンタル移籍した。スポルティングで本来の調子を取り戻し、同シーズンのUEFAカップでは決勝に進出した。2005年夏、スペイン・リーガ・エスパニョーラのバレンシアCFにレンタル移籍した。ウーゴ・ヴィアナ フレッシュアイペディアより)

  • 宋鐘國

    宋鐘國から見たフェイエノールトフェイエノールト

    右サイドを中心に様々なポジションをこなすマルチプレイヤー。フース・ヒディンク監督に抜擢されて韓国代表入り。2002年ワールドカップ日韓大会では右ウイングバックとして初のベスト4進出に貢献し、「ヒディンクの息子」と称された。日韓W杯での活躍が評価されてオランダ・エールディヴィジのフェイエノールトに移籍し3シーズンプレー。小野伸二とチームメイトであったことから、日本でも知名度が比較的高い。宋鐘國 フレッシュアイペディアより)

  • FC VSSコシツェ

    FC VSSコシツェから見たフェイエノールトフェイエノールト

    UEFAチャンピオンズリーグ 1997-98予選2回戦でFCスパルタク・モスクワに勝利し、スロバキアのクラブとして初めてUEFAチャンピオンズリーググループリーグに進出した。グループリーグではマンチェスター・ユナイテッドFC、ユヴェントスFC、フェイエノールトと同組になったが、6戦全敗に終わった。FC VSSコシツェ フレッシュアイペディアより)

309件中 131 - 140件表示

「フェイエノールト」のニューストピックワード