204件中 131 - 140件表示
  • ウルリッヒ・ファン・ホッベル

    ウルリッヒ・ファン・ホッベルから見たフェイエノールトフェイエノールト

    NACブレダ傘下のアマチュアクラス出身。1988年、ヴィレムIIと契約を結びプロデビューを果たした。1989年にオランダの名門フェイエノールトに移籍すると右サイドバックのレギュラーポジションを獲得。1992-93年のリーグ優勝をきっかけにオランダ代表へ初招集された。94年W杯アメリカ大会予選でフェイエノールトの同僚ション・デ・ウォルフと併用される形で右サイドバックを担当。W杯本戦ではグループリーグ初戦のサウジアラビア戦にスタメン出場したが、以降はスタン・ファルクスにポジションを譲る形となった。2シーズン海外のクラブでプレーした後、古巣のフェイエノールトへ復帰。2002年に引退した。ウルリッヒ・ファン・ホッベル フレッシュアイペディアより)

  • ジェフリー・ブルマ

    ジェフリー・ブルマから見たフェイエノールトフェイエノールト

    フェイエノールトの下部組織に所属していたブルマだが、チェルシーFCのスカウトの目に止まり15歳の頃チェルシーのユースチームに加わった。その後チェルシーのユースチームから16歳でリザーブチームへと順調にステップアップしていき、17歳でオランダU-21代表に招集され主力として活躍した。2010年のFAユースカップではCBとして優勝に貢献。2010年8月11日の対ウクライナ戦でオランダ代表に初めて招集された。ジェフリー・ブルマ フレッシュアイペディアより)

  • イディエ・ブラウン

    イディエ・ブラウンから見たフェイエノールトフェイエノールト

    2011年7月6日、ウクライナのディナモ・キエフに移籍金800万ユーロの5年契約で加入。同月16日の戦でデビューすると2得点を決め、出場2試合目の戦で再び2得点を挙げる活躍を見せた。2012年8月7日、UEFAチャンピオンズリーグ 2012-13予選3回戦のフェイエノールト戦で2試合共に決勝点を挙げ勝利に貢献し、プレーオフ・ボルシア・メンヒェングラートバッハとの第2戦では相手に2点先制され、2試合合計3-3の引き分けに持ち込まれたが、88分に得点を決めたことで本大会に進出した。イディエ・ブラウン フレッシュアイペディアより)

  • ロブ・ウィツヘ

    ロブ・ウィツヘから見たフェイエノールトフェイエノールト

    1985年にアヤックスからプロデビューを果たし、1987年のUEFAカップウィナーズカップを制覇。弟のリシャルトと共に中心選手として活躍した。ASサンテティエンヌで1シーズンプレーした後に帰国し、アヤックスのライバルチームであるフェイエノールトに加入。5シーズンプレーし、KNVBカップを4度制覇。1992-93年にはチームを9シーズンぶりのリーグ優勝へと導いた。UEFA欧州選手権1992予選から代表に定着し、左サイドのミッドフィールダーとしてプレイした。1999年の引退後は、オランダ北部のクラブHFCハールレムでアシスタントコーチを務めた後、2004年からマルコ・ファン・バステンのアシスタントとしてオランダ代表のコーチを4年間に渡って務めた。ロブ・ウィツヘ フレッシュアイペディアより)

  • グレン・ローフェンス

    グレン・ローフェンスから見たフェイエノールトフェイエノールト

    2001-02シーズン、名門フェイエノールトでプロデビュー。同シーズンにはUEFAカップ優勝の歓喜に酔いしれた。グレン・ローフェンス フレッシュアイペディアより)

  • クーン・ムーライン

    クーン・ムーラインから見たフェイエノールトフェイエノールト

    クーンラート(クーン)・ムーライン(Coenraadt "Coen" Moulijn、ロッテルダム、1937年2月15日 - 2011年1月4日)は、オランダのフットボール選手。50年代半ばから70年代初頭にかけてフェイエノールトとオランダ代表でプレーした左ウィンガー。フェイエノールトのクラブ・イコン、ミスター・フェイエノールトであり、史上最高のフェイエノールダーと呼ばれている。クーン・ムーライン フレッシュアイペディアより)

  • イェジー・ドゥデク

    イェジー・ドゥデクから見たフェイエノールトフェイエノールト

    1996年にオランダのフェイエノールトに移籍したが、オランダ代表のエト・デ・フーイがレギュラーを張っていたため、ドゥデクのデビューはデ・フーイがチェルシーFCに移籍した1997年夏以降となった。1998-99シーズンにはリーグ優勝に大きく貢献し、1999年にはAFCアヤックスを破ってヨハン・クライフ・シャールも手にした。1998-99シーズンにはオランダ国外国籍選手として初めてリーグ最優秀GK賞を受賞し、1999-2000シーズンにも2年連続で受賞した。デビュー戦から139試合連続でフェイエノールトのゴールマウスを守り続け、2001年8月26日のアヤックス戦がオランダでプレーする最終戦となった。イェジー・ドゥデク フレッシュアイペディアより)

  • セバスティアン・パルド

    セバスティアン・パルドから見たフェイエノールトフェイエノールト

    チリ代表では左ウイングを任される選手。スピードがあり、サイド突破する姿が度々見られる。フェイエノールトではボランチや左サイドハーフでプレーし、ユーティリティー性も高い。セバスティアン・パルド フレッシュアイペディアより)

  • エルンスト・ハッペル

    エルンスト・ハッペルから見たフェイエノールトフェイエノールト

    デン・ハーグの後にフェイエノールトの監督に就任。ここでは1970年のUEFAチャンピオンズカップとインテーコンチネンタルカップ、1971年のエールディヴィジに優勝した。エルンスト・ハッペル フレッシュアイペディアより)

  • エウゼビウシュ・スモラレク

    エウゼビウシュ・スモラレクから見たフェイエノールトフェイエノールト

    フェイエノールト・アカデミーを経て2000年にトップチームデビュー。2001年に大きな怪我を経験したがその後徐々に頭角を現し、2005年からはドイツブンデスリーガのボルシア・ドルトムントでプレー。同年はポーランド代表にも定着し、W杯ドイツ大会本戦進出の立役者のひとりとなった。エウゼビウシュ・スモラレク フレッシュアイペディアより)

204件中 131 - 140件表示

「フェイエノールト」のニューストピックワード