309件中 21 - 30件表示
  • カリム・エル・アフマディ

    カリム・エル・アフマディから見たフェイエノールトフェイエノールト

    カリム・エル・アフマディ(; Karim El Ahmadi Arrousi, 1985年1月27日 - )は、オランダ・オーファーアイセル州エンスヘーデ出身のサッカー選手。エールディヴィジ・フェイエノールト所属。ポジションはMF。カリム・エル・アフマディ フレッシュアイペディアより)

  • エリック・フェルナンド・ボテギン

    エリック・フェルナンド・ボテギンから見たフェイエノールトフェイエノールト

    エリック・フェルナンド・ボテギン(1987年8月31日 - 、サンパウロ生まれ)はブラジル人サッカー選手。ポジションはDF。2015年8月にFCフローニンゲンからフェイエノールトへ移籍金約250万ユーロで移籍し、2019年までの契約でサインしている。イタリア国籍も所有。エリック・フェルナンド・ボテギン フレッシュアイペディアより)

  • セク・シセ

    セク・シセから見たフェイエノールトフェイエノールト

    母国のクラブで経歴をスタートさせたが、同郷の先輩であるアルナ・コネのアドバイスでオランダに渡り、2004年には同選手が所属するローダJCに移籍した。2005年にコネがPSVアイントホーフェンに引き抜かれたあとはシセの出場機会が増えた。2006年、AZアルクマールのルイ・ファン・ハール監督がシセに興味を示し、前線でも中盤でもプレーできるとの交換を持ちかけたが、ローダJCは交渉を拒否した。2008年4月、ACFフィオレンティーナとビジャレアルCFがシセに関心を示していると報道された。2008-09シーズンはシーズン序盤から好調で、フェイエノールトやPSVアイントホーフェンやFCトゥウェンテなどのクラブが関心を示すようになった。セク・シセ フレッシュアイペディアより)

  • シモン・グスタフソン

    シモン・グスタフソンから見たフェイエノールトフェイエノールト

    シモン・グスタフソン(、1995年1月11日 - )は、スウェーデン・モルンダル出身のサッカー選手。ポジションはMF。2015年7月からフェイエノールトに所属している。双子のサムエル・グスタフソンもプロのサッカー選手。シモン・グスタフソン フレッシュアイペディアより)

  • FCディナモ・ブカレスト

    FCディナモ・ブカレストから見たフェイエノールトフェイエノールト

    1970-71シーズンには6回目のリーグ優勝を飾った。1971-72シーズンのUEFAチャンピオンズカップでは1回戦でFCスパルタク・トルナヴァ(スロベニア)を下したが、2回戦でフェイエノールト(オランダ)に敗れた。1972-73シーズンにはFCウニヴェルシタテア・クラヨーヴァなどを突き放し、7回目のリーグ優勝を果たした。1973-74シーズンのUEFAチャンピオンズカップでは、1回戦でクルセイダーズFC(北アイルランド)を2試合合計12-0で破った。ホームで行われたセカンドレグでは11点差 (11-0) の勝利を記録し、同大会におけるクラブ史上最大得点差記録として現在も残っている。2回戦ではハビエル・イルレタなどを擁するアトレティコ・マドリード(スペイン)と対戦し、2試合合計2-4で敗れた。1974-75シーズンはUEFAカップに出場し、1回戦でボルスポル(トルコ)を退けたが、2回戦で1.FCケルン(西ドイツ)に2試合合計3-4で敗れた。リーグ戦では8回目の優勝を果たし、32得点を挙げたドゥドゥ・ゲオルゲスクがヨーロッパ・ゴールデンシュー(ヨーロッパ全体の得点王)に輝いた。1976-77シーズンのUEFAカップでは1回戦でファビオ・カペッロなどが在籍していたACミラン(イタリア)と対戦し、2試合合計1-2と健闘した。リーグ戦では9回目の優勝を果たし、47得点を挙げたゲオルゲスクが2度目のヨーロッパ・ゴールデンシューに輝いた。1977-78シーズンのUEFAチャンピオンズカップでは1回戦でアトレティコ・マドリードと対戦し、ホームで行われたファーストレグには2-1で勝利したが、アウェーでは0-2で敗れ、2試合合計2-3で敗退となった。1979-80シーズンのUEFAカップ1回戦ではアルキ・ラルナカFC(キプロス)を2試合合計12-0で下し、2回戦ではブルーノ・ペッツァイなどが牽引したアイントラハト・フランクフルト(西ドイツ)と対戦。ファーストレグに2-0で勝利したが、セカンドレグに0-3で敗れて敗退した。FCディナモ・ブカレスト フレッシュアイペディアより)

  • ジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト

    ジョバンニ・ファン・ブロンクホルストから見たフェイエノールトフェイエノールト

    フェイエノールトの下部組織で育ち、1994年にトップチームデビューした。1998年に移籍したスコットランドのレンジャーズFCではスコティッシュ・プレミアリーグ優勝2度、スコティッシュ・カップ優勝2度など数々のタイトルを獲得し、2001年にイングランドのアーセナルFCに移籍した。2003年からはスペインのFCバルセロナでプレーし、2005-06シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグで優勝するなどキャリア最高の活躍を見せた。2007年に古巣フェイエノールトに戻り、2010年までプレーした。ジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト フレッシュアイペディアより)

  • ロナルド・クーマン

    ロナルド・クーマンから見たフェイエノールトフェイエノールト

    1995年にフェイエノールトへ移籍し、2シーズン在籍した後に引退した。ロナルド・クーマン フレッシュアイペディアより)

  • ロン・フラール

    ロン・フラールから見たフェイエノールトフェイエノールト

    20歳の時にAZアルクマールからデビューした。2005年、U-20オランダ代表としてFIFAワールドユース選手権に出場した後、マルコ・ファン・バステン監督からオランダA代表に初招集された。ルイ・ファン・ハール監督との関係が悪化し、2006年にフェイエノールトに移籍した。膝の十字靱帯を2回断裂するなど多くの怪我に悩まされた。2006年と2007年の2度のUEFA U-21欧州選手権では中心選手として2連覇を達成した。2012年にはA代表として初の主要大会であるUEFA EURO 2012に出場した。ロン・フラール フレッシュアイペディアより)

  • ダリル・ヤンマート

    ダリル・ヤンマートから見たフェイエノールトフェイエノールト

    フェイエノールト・ユースで育ち、2007-08シーズンにADOデン・ハーグでプロ・フットボールにデビュー。攻撃的な守備とプレースタイルで注目を集め、ヨハン・デルクセンに「オランダ最高の右サイドバック」と呼ばれた。そのシーズン後にSCヘーレンフェーンへ移籍し4シーズンプレー。2012年からフェイエノールトに復帰している。ダリル・ヤンマート フレッシュアイペディアより)

  • ゼリコ・ペトロビッチ

    ゼリコ・ペトロビッチから見たフェイエノールトフェイエノールト

    2003-04シーズンをもって現役を引退。フェイエノールトのアシスタントトレーナーを経て、2006年秋にポルトガルリーグ・ボアヴィスタFC監督となるが、僅か2か月(2勝3敗1分)で解任された。2007-08シーズンはオランダ2部のRKCヴァールヴァイクの監督を務めるが、プレイオフの末に一部昇格を逃して辞任。2008年からはドイツのハンブルガーSVでコーチを務めた。ゼリコ・ペトロビッチ フレッシュアイペディアより)

309件中 21 - 30件表示

「フェイエノールト」のニューストピックワード