204件中 51 - 60件表示
  • アレックス・ブロスケ

    アレックス・ブロスケから見たフェイエノールトフェイエノールト

    04-05シーズン終了後にオランダの強豪フェイエノールトと契約し、直ちにベルギーのクラブKVCウェステルローにレンタルされたが、足首の怪我から思うような結果が残せず、16試合に出場したのみに終わった。アレックス・ブロスケ フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズカップ 1969-70

    UEFAチャンピオンズカップ 1969-70から見たフェイエノールトフェイエノールト

    1969?70シーズンのUEFAチャンピオンズカップ(ヨーロピアンカップ)は、フェイエノールトがセルティックを延長戦の末に下して優勝した。これがオランダのクラブにとって初のヨーロピアンカップ優勝であり、このシーズンから4連続でオランダのクラブが優勝を果たすことになる。UEFAチャンピオンズカップ 1969-70 フレッシュアイペディアより)

  • バルト・ホール

    バルト・ホールから見たフェイエノールトフェイエノールト

    その後、フェイエノールトと契約。ここではキャプテンを務めレギュラーとしてプレーしたが、フロントとの不仲によりわずか1シーズンで去っていった。バルト・ホール フレッシュアイペディアより)

  • レッドスター・ベオグラード

    レッドスター・ベオグラードから見たフェイエノールトフェイエノールト

    ユーゴスラビア連邦時代から最も成功したセルビアのクラブであり、リーグ優勝は25回、カップ優勝は12回を数え、いずれも歴代最多である。国際大会でもUEFAチャンピオンズカップ、インターコンチネンタルカップなどのメジャータイトルを獲得し、国際サッカー歴史記録学会(IFFHS)が発表した20世紀ヨーロッパにおけるクラブランキングでは、オランダのフェイエノールトと並び27位にランクされたユーゴスラビアを代表するクラブであった。レッドスター・ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • フリオ・リカルド・クルス

    フリオ・リカルド・クルスから見たフェイエノールトフェイエノールト

    母国アルゼンチンでデビューした後1997-1998シーズンにフェイエノールトへ移籍、ヘディンガーとして活躍する。その後2000-2001シーズンにボローニャへ移籍しケネト・アンデションの後釜として期待に応える。2003-2004シーズンからインテル・ミラノに移籍し、クリスティアン・ヴィエリ、アドリアーノ、ズラタン・イブラヒモビッチ、そして同郷のエルナン・クレスポ等とのレギュラーポジション争いを繰り広げながらも、出場機会を得れば高い能力と誰とでも組める順応性を発揮する為、歴代監督の信頼は厚い。また長年、インテルのキャプテンとしてプレーしている同国出身のハビエル・サネッティとは1993年に共にCAバンフィールドでプロデビューを果たしている間柄である。フリオ・リカルド・クルス フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・レシャック

    カルロス・レシャックから見たフェイエノールトフェイエノールト

    1974年のチャンピオンズカップ・フェイエノールト戦にて、ヨハン・クライフのアシストからハットトリックを達成。カルロス・レシャック フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ファン・ハール

    ルイ・ファン・ハールから見たフェイエノールトフェイエノールト

    古巣アヤックスのテクニカル・ディレクターを経て、2005年に18年ぶりにAZに復帰。2006-07シーズンは、PSVアイントホーフェンやアヤックス・アムステルダムと最終節まで優勝を争ったが、最終節で敗れ優勝はならなかった。2008-09シーズンには他の強豪が不振にあえぐ中、3試合を残して優勝を決めた。これはAZにとって28シーズンぶり2度目のリーグ優勝で、エールディヴィジの3強(アヤックス・PSVアイントホーフェン・フェイエノールト)以外のチームがリーグ優勝をするのも前回のAZのリーグ優勝以来28シーズンぶりとなる快挙であった。ルイ・ファン・ハール フレッシュアイペディアより)

  • グラツィアーノ・ペッレ

    グラツィアーノ・ペッレから見たフェイエノールトフェイエノールト

    グラツィアーノ・ペッレ(Graziano Pellè, 1985年7月15日 - )は、イタリア・サン・チェザーリオ・ディ・レッチェ出身のサッカー選手。ポジションはFW。フェイエノールト所属。グラツィアーノ・ペッレ フレッシュアイペディアより)

  • ジャンニ・ザイフェルローン

    ジャンニ・ザイフェルローンから見たフェイエノールトフェイエノールト

    空手や水泳といった他のスポーツに飽きたことから6歳でサッカーを始めた。彼の母親はサッカーについてあまり多くを知らず、イエローページでチームを探して電話をかけた相手が名門フェイエノールトだった。フェイエノールトはユースの練習にザイフェルローンが参加するのを認め、練習の結果からチームに加入することを認めた。そこから11年をフェイエノールトのユースで過ごした。チームメイトのダストリー・ムルダーが負傷したため、ルート・フリット監督はザイフェルローンをトップチームに招集した。2004年8月22日のヴィレムII戦でデビューした。そのシーズンは10試合に出場して無得点だった。出場機会を得るために2005-06シーズンはRKCヴァールヴァイクにレンタル移籍して28試合に出場し、後に在籍するSCヘーレンフェーンからシーズン唯一となる得点を決めた。2006年6月、3年契約でSCヘーレンフェーンに移籍した。ジャンニ・ザイフェルローン フレッシュアイペディアより)

  • ラジーヴ・ファン・ラ・パラ

    ラジーヴ・ファン・ラ・パラから見たフェイエノールトフェイエノールト

    1999年にフェイエノールトのユースチームでキャリアをスタートさせ、2008年にフランスのSMカーンに移籍した。2011年8月30日、SCヘーレンフェーンに移籍した。ラジーヴ・ファン・ラ・パラ フレッシュアイペディアより)

204件中 51 - 60件表示

「フェイエノールト」のニューストピックワード