309件中 61 - 70件表示
  • ハンス・オフト

    ハンス・オフトから見たフェイエノールトフェイエノールト

    1964年 - 1970年 フェイエノールト(オランダ)ハンス・オフト フレッシュアイペディアより)

  • 尾崎加寿夫

    尾崎加寿夫から見たフェイエノールトフェイエノールト

    1981年、日本代表に選出される。1982年6月、日本代表としてジャパンカップキリンワールドサッカー82(現・キリンカップ)に出場。対フェイエノールト戦で4得点を挙げるなど、計6得点の活躍をする(この時訪日したヴェルダー・ブレーメンには奥寺康彦が所属していた)。7月、日本代表として西ドイツ遠征に参加。この時対戦したビーレフェルト監督のホルスト・ケッペルに、練習への参加を要請される。10月、三菱の4年ぶりの日本サッカーリーグ制覇に貢献し、アシスト王と日本年間最優秀選手賞を受賞。尾崎加寿夫 フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・ピクン

    フェルナンド・ピクンから見たフェイエノールトフェイエノールト

    1996年 -1999年1月 フェイエノールトフェルナンド・ピクン フレッシュアイペディアより)

  • ヴィクトル・エルム

    ヴィクトル・エルムから見たフェイエノールトフェイエノールト

    2004年にファルケンベリFFでデビュー以降は兄ダヴィドと共にプレーをし、2006年に弟ラスムスが在籍するカルマルFFへ移籍した。シーズン終了後に兄もカルマルへ合流することになり、2007年4月9日のAIKソルナ戦で、ヴィクトルが先発出場し、79分にラスムス, 86分にダヴィドが投入されたことにより、スウェーデンサッカー界史上2度目となる3兄弟が同じピッチにたった。ちなみにグンナー・ノルダールで有名なノルダール3兄弟全員が同一チームに所属した最初の例だったが、同じピッチ上にたつことはなかった。この年は、チームがトップリーグ参戦した1985年から最高となる2位に位置づけ、またスウェーデンカップでは、初優勝した1987年から3度目となるタイトル獲得するなど素晴らしい時を過ごす中、ヴィクトルを始めとするエルム3兄弟は、2007年後半戦から大きな役割を果たした。2008年は、悲願のリーグ初優勝を3兄弟で経験する中、ヴィクトルは最後のホーム試合で4得点を挙げる活躍を見せるなど得点ランク2位の15得点を記録し、優秀MFに輝く最高のシーズンを送った。UEFAカップ 2008-09予選1回戦のフェイエノールトとの第1戦では、アウェーの地で決勝点を挙げ、1-0の勝利に導いた。ヴィクトル・エルム フレッシュアイペディアより)

  • ブレット・ホルマン

    ブレット・ホルマンから見たフェイエノールトフェイエノールト

    オーストラリアのパラマタ・パワーSCでプロキャリアをスタートさせ、2002年にオランダのフェイエノールトに移籍した。SBVエクセルシオールに2006年まで期限付き移籍し、その後NECナイメヘンでプレーした。2008年の夏、AZアルクマールに移籍。11月1日、SCヘーレンフェーン戦で移籍初ゴールを決めた。ブレット・ホルマン フレッシュアイペディアより)

  • UEFAカップ 2001-02 決勝

    UEFAカップ 2001-02 決勝から見たフェイエノールトフェイエノールト

    UEFAカップ 2001-02 決勝(-けっしょう、)は、欧州サッカー連盟によって開催された31回目のUEFAカップ、UEFAカップ 2001-02の決勝戦である。2002年5月8日にロッテルダムのフェイエノールト・スタディオンで開催され、オランダのフェイエノールトがドイツのボルシア・ドルトムントに3-2で勝利した。フェイエノールトが優勝するのは1973-74シーズン以来、28シーズンぶり通算2回目となる。UEFAカップ 2001-02 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィルフレート・ボウマ

    ヴィルフレート・ボウマから見たフェイエノールトフェイエノールト

    自身のキャリアを復活させるため、2010年6月26日にフレット・ルッテン監督率いる古巣PSVのトライアルに参加していることが確認され、移籍したカルロス・サルシドの代役として8月30日にクラブと2年契約を締結した。VVVフェンロー戦(3-0勝利)で復帰後初得点を挙げ、ライバルのフェイエノールト戦(10-0勝利)では66分まで出場し、歴史的大勝に一役買った。アウェイのVVV戦(3-0勝利)でも得点を挙げ、リーグ戦出場16試合で3得点と高い得点力を見せた。2011年3月24日にUEFAヨーロッパリーグ 2010-11のLOSCリール・メトロポール戦(3-1勝利, 2試合合計5-1勝利)では、試合終了残り5分からキャプテンマークを譲り受けた。ヴィルフレート・ボウマ フレッシュアイペディアより)

  • グレン・ローフェンス

    グレン・ローフェンスから見たフェイエノールトフェイエノールト

    フェイエノールトの下部組織を経てトップチームに昇格し、18歳の時に2001年11月25日のヴィレムII戦でプロ初出場を飾る。同2001-02シーズンは4試合の途中出場を含め8試合に出場した。また、UEFAカップでは19歳の時に2002年10月23日のFCディナモ・キエフ戦(アウェイ0-2敗北)で欧州カップ戦初出場を飾り、レンジャーズFCやPSVアイントホーフェン等を相手に良いプレイを見せた。一方で、そのレンジャーズ戦でPKを与える失態を犯している。決勝戦での出番は訪れなかったものの、同じ下部組織出身のロビン・ファン・ペルシ、、らと共に優勝の歓喜に酔いしれた。しかし、フェイエノールトに在籍した2001年から2006年の間は、パトリック・パーウベの控えに甘んじ、度々期限付き移籍に出されたこともあり、僅か25試合の出場に終わった。グレン・ローフェンス フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・ブッフェル

    トーマス・ブッフェルから見たフェイエノールトフェイエノールト

    1999年にフェイエノールトに1年間在籍した後、フェイエノールトのサテライト的存在であるSBVエクセルシオールで2年プレーした。トーマス・ブッフェル フレッシュアイペディアより)

  • テオ・ルシウス

    テオ・ルシウスから見たフェイエノールトフェイエノールト

    ボビー・ロブソン監督のもとでルシウスはレギュラーとして活躍する。しかし、翌シーズンには監督がエリック・ゲレツに代わりルシウスはFCユトレヒトへとレンタルへ出されてしまう。結果的にこの移籍は出場機会に恵まれ、彼を大きく成長させることとなったのである。レンタル終了後、PSVへ戻った彼は重要な戦力となりリーグ優勝4回やリーグカップの優勝などクラブの躍進を支えた。2006年、かつてPSVでアシスタントマネージャーを務めていたエルウィン・クーマンが監督を務めるフェイエノールトへと移籍した。精力的なプレーを見せるが、クラブは不調で06-07シーズンから3年連続で低位に終わる。ファン・ブロンクホルスト獲得をはじめとするクラブの改革によりポジションを失い2009年夏に退団、移籍先を探る事となった。テオ・ルシウス フレッシュアイペディアより)

309件中 61 - 70件表示

「フェイエノールト」のニューストピックワード