204件中 71 - 80件表示
  • レギア・ワルシャワ

    レギア・ワルシャワから見たフェイエノールトフェイエノールト

    ポーランドサッカーの黄金時代として知られた1960年代後半から1970年代には、ヤン・トマシェフスキ、カジミエシュ・デイナ、ロベルト・ガドハを擁し1969-70シーズンのUEFAチャンピオンズカップではベスト4に進出(オランダのフェイエノールトに敗退)。翌1970-71シーズンもベスト8に駒を進めた(スペインのアトレティコ・マドリードに敗退)。レギア・ワルシャワ フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ステカネロ・セルケイラ

    ワシントン・ステカネロ・セルケイラから見たフェイエノールトフェイエノールト

    SCインテルナシオナルやグレミオ、トルコのフェネルバフチェSK等の名門クラブに在籍して活躍。フェネルバフチェ在籍時には、UEFAチャンピオンズリーグの予選で当時小野伸二が在籍していたフェイエノールトと対戦した。しかし、クラブは本選には進めなかった。サッカーブラジル代表としても10試合3得点の成績を残しており、2001年に日本で開催されたFIFAコンフェデレーションズカップ2001にも出場した。ワシントン・ステカネロ・セルケイラ フレッシュアイペディアより)

  • レフ・ポズナン

    レフ・ポズナンから見たフェイエノールトフェイエノールト

    また1990-91シーズンのUEFAチャンピオンズカップ1回戦、ギリシャのパナシナイコス戦では2試合合計5-1でこれを下し2回戦へ駒を進めた。2回戦では、フランスのオリンピック・マルセイユ戦では2試合合計4-8で敗れたものの、ホームでは3-2でマルセイユを下すなどクラブ史上で最良の結果を残した。2008-09シーズンのUEFAカップではグループリーグでオランダのフェイエノールトを倒したほかフランスのASナンシーとスペインのデポルティーボ・ラ・コルーニャに引き分け、決勝トーナメントに進出した。レフ・ポズナン フレッシュアイペディアより)

  • ダンコ・ラゾビッチ

    ダンコ・ラゾビッチから見たフェイエノールトフェイエノールト

    生まれ故郷のFKラドニチュキ1923のユースチームでキャリアをスタートした。2000年からFKテレオプティックに所属し、翌年に移籍したパルチザン・ベオグラードでは3シーズンで60試合に出場して20得点し、大きな成功を収めた。2003年夏に移籍金700万ユーロでエールディヴィジのフェイエノールトに移籍し、2003-04シーズンは11得点を挙げたが、2005年にバイエル・レバークーゼンにレンタル移籍に出された。バイエル・レバークーゼンには腰を落ち着けず、2006年1月に半年の契約で古巣パルチザン・ベオグラードにレンタル移籍し、リーグ戦で5得点と上々の結果を残した。ダンコ・ラゾビッチ フレッシュアイペディアより)

  • KNVBカップ

    KNVBカップから見たフェイエノールトフェイエノールト

    2009-2010シーズンは、決勝がアヤックスとフェイエノールトの対戦(デ・クラシケル)となったため、スタジアムの安全性を考慮に入れスタディオン・フェイエノールトとアムステルダム・アレナでホーム・アンド・アウェー方式で開催されることになった。KNVBカップ フレッシュアイペディアより)

  • ルク・カステグノス

    ルク・カステグノスから見たフェイエノールトフェイエノールト

    フランス人の父とカーボベルデ出身でイタリア国籍を持つ母との間に生まれる。1997年に地元クラブのエクセルシオール'20に入団。2007年夏にフェイエノールトのユースアカデミーに移籍。2008年10月30日に同チームとプロ契約を結んだ。ルク・カステグノス フレッシュアイペディアより)

  • エストゥディアンテス

    エストゥディアンテスから見たフェイエノールトフェイエノールト

    そして、1905年8月4日、彼らは新しいクラブを創設することにした。名称は"Club Atletico Estudiantes"(クラブ・アトレチコ・エストゥディアンテス)。設立時の首脳陣がみな大学生であったことから、エストゥディアンテス(学生)の名称がつけられた。1965年にオスバルド・スベルディア監督が就任すると、スベルディア監督は当時としては革新的な戦術(オフサイドトラップの使用や戦術的ファールの遂行など)を用い、傑出した才能を持つ選手たちを率いて黄金期を作り上げた。1967年にはアルゼンチンの5大クラブ以外で初めてリーグ優勝。1968年のコパ・リベルタドーレスでは、準決勝でラシン・クラブを、決勝でSEパルメイラス(ブラジル)を破り、アルゼンチンのクラブとしてはインデペンディエンテとラシン・クラブに次いで3クラブ目となる南米制覇を遂げた。フアン・ラモン・ベロンはパルメイラスとの決勝3試合(ファーストレグ、セカンドレグ、プレーオフ)すべてで得点し、得点ランキング3位の9得点を挙げた。1969年の同大会ではウニベルシダ・カトリカ(チリ)やナシオナル・モンテビデオ(ウルグアイ)を破って2連覇を達成し、1970年大会ではリーベル・プレートやCAペニャロール(ウルグアイ)を破って3連覇を達成。1971年大会でも決勝に進出したが、ナシオナル・モンテビデオに敗れて準優勝に終わった。1968年のインターコンチネンタルカップではマンチェスター・ユナイテッドFC(イングランド)と対戦し、ボビー・チャールトンやジョージ・ベストらが名を連ねたイングランドの名門に1勝1分で勝利した。1969年の同大会ではジャンニ・リベラなどを擁するACミラン(イタリア)と対戦したが、2試合合計2-4で敗れた。キーパーのアルベルト・ポレッティがリベラの頭にひじ打ちを食らわせて大会から永久追放されるなど、セカンドレグは大荒れの展開の試合となった。1970年の同大会では、UEFAチャンピオンズカップでACミランなどを破って優勝したフェイエノールト(オランダ)と対戦したが、2試合合計2-3で敗れた。この時期のエストゥディアンテスにはJ・R・ベロンの他にカルロス・ビラルドなども在籍していた。エストゥディアンテス フレッシュアイペディアより)

  • 清本拓己

    清本拓己から見たフェイエノールトフェイエノールト

    関商工の市川重明監督とフェイエノールトの育成責任者であるステンリー・ブラーツが親しいことから、2011年夏にオランダへ渡り、フェイエノールトのアカデミーの練習に参加。コーチのロイ・マカーイらから指導を受け、ドリブル重視だったプレーの幅が広がった。清本拓己 フレッシュアイペディアより)

  • ブレット・ホルマン

    ブレット・ホルマンから見たフェイエノールトフェイエノールト

    オーストラリアのパラマッタ・パワーでプロキャリアをスタートさせ、2002年にオランダのフェイエノールトに移籍した。エクセルシオール・ロッテルダムに2006年まで期限付き移籍し、その後NECナイメヘンでプレーした。2008年の夏、AZアルクマールに移籍。11月1日、SCヘーレンフェーン戦で移籍初ゴールを決めた。ブレット・ホルマン フレッシュアイペディアより)

  • カルフィン・ヨン・ア・ピン

    カルフィン・ヨン・ア・ピンから見たフェイエノールトフェイエノールト

    2005年からFCフォレンダムと契約し、プロとしてのキャリアをスタートさせる。NECナイメヘン戦でデビューし、この年プロ初ゴールも記録している。2006年からSCヘーレンフェーンへ5年契約で移籍した。FCフローニンゲン戦で19歳にしてエールディヴィジデビューを果たす。その後左サイドバックで起用されるようになり、2008年には北京オリンピックオランダ代表に選出された。2009-10シーズンはフィテッセへ期限付き移籍し、30試合に出場しエールディヴィジ初得点も挙げた。2010-11シーズンはヘーレンフェーンへ復帰、29試合に出場した。シーズン終了後5年契約が切れたことでアヤックスやフェイエノールトからも注目され、ギリシャのクラブからもオファーがあったが、アフシン・ゴトビの下でプレーしたいという理由で清水エスパルスへ移籍した。移籍後は主にボランチやセンターバックとして起用されている。カルフィン・ヨン・ア・ピン フレッシュアイペディアより)

204件中 71 - 80件表示

「フェイエノールト」のニューストピックワード