前へ 1 2 3 4 5 6 7
66件中 1 - 10件表示
  • フェイエノールト

    フェイエノールトから見たクーン・ムーライン

    1969年に監督に就任したエルンスト・ハッペルによって伝統的なハードに戦うスタイルに先進的なプレッシングと攻撃的な戦術が付け加えられると、ハードワークと良いフットボールが両立されたチームはクーン・ムーライン、オフェ・キントファル、ヴィレム・ファン・ハネヘムなどの活躍で1970年にオランダのクラブとして初めてUEFAチャンピオンズカップを制し、数ヶ月後にはエストゥディアンテス・デ・ラ・プラタを破ってクラブ・ワールドカップ(インターコンチネンタルカップ)までも獲得した。1974年にもオランダのクラブとして初めてUEFAカップも制している。ヴィレム・ファン・ハネヘムは「良いフットボールはアムステルダムから生まれたと強調される度に私は腹が立つ。1970年のヨーロッパ・カップ決勝は事実がそうではなかったという最良の証拠だった」と後に語っている。フェイエノールト フレッシュアイペディアより)

  • フェイエノールト

    フェイエノールトから見た宮市亮

    フェイエノールト・ロッテルダム () は、1908年創設のオランダ・南ホラント州・ロッテルダムに本拠地を置くサッカークラブ。エールディヴィジに所属。ホームスタジアムのスタディオン・フェイエノールトはデ・カイプと呼ばれ、スタディオンクラブとして全国的人気を集めている(2016年にオランダのHendrik Beerda Brand Consultancyの2年間の市場調査で「アヤックスやオランダ代表以上にオランダで最も人気あるスポーツチーム」とランク付けされるなど、サポーター以外からも多くのファンを持つ)。伝統的に赤と白のユニフォームを着用し、オランダの伝統的トップ3の一つ。アヤックスとの対戦はデ・クラシケルと呼ばれる。以前はFeijenoordだったが、1973年にFeyenoordに変更された。日本では小野伸二と宮市亮がかつて所属していたことでも知られている。フェイエノールト フレッシュアイペディアより)

  • フェイエノールト

    フェイエノールトから見た小野伸二

    フェイエノールト・ロッテルダム () は、1908年創設のオランダ・南ホラント州・ロッテルダムに本拠地を置くサッカークラブ。エールディヴィジに所属。ホームスタジアムのスタディオン・フェイエノールトはデ・カイプと呼ばれ、スタディオンクラブとして全国的人気を集めている(2016年にオランダのHendrik Beerda Brand Consultancyの2年間の市場調査で「アヤックスやオランダ代表以上にオランダで最も人気あるスポーツチーム」とランク付けされるなど、サポーター以外からも多くのファンを持つ)。伝統的に赤と白のユニフォームを着用し、オランダの伝統的トップ3の一つ。アヤックスとの対戦はデ・クラシケルと呼ばれる。以前はFeijenoordだったが、1973年にFeyenoordに変更された。日本では小野伸二と宮市亮がかつて所属していたことでも知られている。フェイエノールト フレッシュアイペディアより)

  • フェイエノールト

    フェイエノールトから見たロナルド・クーマン

    2011-12シーズン直前、新テクニカル・ディレクターに就任していたマルティン・ファン・ヘールはベーンの辞任(形式的には解任)を受けて、新監督にロナルド・クーマンを招聘。夏の移籍市場ではジョルジニオ・ワイナルドゥムとリロイ・フェルを失ったが、移籍金の出せない状況でジョン・グイデッティとオトマン・バッカルをレンタルで獲得し、失敗続きだった補強策が久々に成功。さらにフェイエノールト加入後結果が残せていなかったカリム・エル・アマーディとルーベン・スハーケンもクーマンのもとで信頼を得てリーグ・トップクラスのパフォーマンスを発揮し、ヨルディ・クラーシやブルーノ・マルティンス・インディらユース出身のタレントがブレイク。そして最も大きかったのがディルク・カイトが去って以来不在だったストライカーのポジションでグイデッティがデ・カイプでの3試合連続ハットトリックなど23試合で20ゴールを記録、クラブ復活の象徴としてメンタル面でもチームを引っ張る存在感を見せたことである。特に1月29日のデ・カイプでのデ・クラシケルはこのエースのハットトリックなどで4-2と2006年以来の勝利。全てが噛み合って勢いに乗ったチームは2002年以来の2位でシーズンを終えた。財政面でも、投資家 ピム・ブロクラント率いる支援グループ フリーンデン・ファン・フェイエノールトの資金補填と各企業とサポーターも巻き込んだ寄付活動、そして移籍市場での大きな移籍金獲得もあり、負債を大幅に縮小することに成功。オランダサッカー協会 (KNVB) の定めるカテゴリー1を脱出した。グイデッティを失ったフェイエノールトはイタリアで出番の無かったグラツィアーノ・ペッレを幸運な形で代役として得たことで2012-13シーズンも3位と上位を争い、クーマンのもとでの最後のシーズンとなった2013-14シーズンはタイトル獲得のチャンスこそつかめなかったが、それでも依然他のトップクラブに財政面で劣る状況で再び2位と失われた誇りを取り戻し、スポーツ面での復権を果たした。2014年4月にはKNVBの定めるカテゴリー3へ昇格。フェイエノールト フレッシュアイペディアより)

  • フェイエノールト

    フェイエノールトから見たレオ・ベーンハッカー

    1992/1993シーズンにGK エド・デ・フーイ、CB ジョン・デ・ヴォルフ、ヘンク・フレーザーと強力な守備陣を擁してエールディヴィジを制すると、1998/1999シーズンにも監督 レオ・ベーンハッカーのもとにパウル・ボスフェルト、パトリック・パーウェ、ジャン・パウル・ファン・ハステルという経験豊富な中盤にジュリオ・リカルド・クルスという超人的なストライカーが揃い、カンピューンに。90年代にはKNVBベーカーも4度獲得している。フェイエノールト フレッシュアイペディアより)

  • フェイエノールト

    フェイエノールトから見たジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト

    2006-07シーズンのリーグ戦を7位で終えて欧州戦プレイオフも敗退したフェイエノールトは、2007年夏にテクニカル・ディレクター ペーター・ボスのもと大補強を敢行。ロイ・マカーイ、ジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト、ケヴィン・ホフラント、ティム・デ・クレル、マイケル・モルス、デニー・ランツァートといった実力者と契約を結び、新監督に2002年にUEFA杯を制したベルト・ファン・マルワイクを迎えた。しかしシーズン前半こそリーグ優勝を狙える位置に付けていたが、後半戦は下降線を辿り、KNVBカップで久々のタイトルを獲得したもののリーグ戦6位。またしてもCL出場権を逃したことで、高額なベテランの大量補強は大きな負債となってクラブにのしかかった。フェイエノールト フレッシュアイペディアより)

  • フェイエノールト

    フェイエノールトから見たベルト・ファン・マルワイク

    2002年5月8日、監督 ベルト・ファン・マルワイクに率いられたフェイエノールトはピエール・ファン・ホーイドンクらの活躍によってドイツ王者 ボルシア・ドルトムントを自身のホームであるスタディオン・フェイエノールトにおいて破り、28年ぶりにクラブ史上2回目のUEFAカップを獲得した。ロッテルダムの名士であるピム・フォルタイン (Pim Fortuyn) が亡くなってわずか2日後だったことで、自分たちのホームでの欧州制覇はロッテルダムの人々にとって大きな意味のあることだった。フェイエノールトは2008年にも同監督のもとでKNVBベーカーを制している。フェイエノールト フレッシュアイペディアより)

  • フェイエノールト

    フェイエノールトから見たヨハン・クライフ

    1984年もフェイエノールトにとって最高の1年であり、ペーター・ハウトマン、ヨハン・クライフ、ルート・フリットらを擁したチームはリーグ戦とベーカー戦のダブルを達成。クラブは1978年にアマチュア部門のSCフェイエノールトとプロ部門のフェイエノールト・ロッテルダムに分断。2010年にアマチュア部門とプロ部門が再び統合されるまで、この状態が続いていた。フェイエノールト フレッシュアイペディアより)

  • フェイエノールト

    フェイエノールトから見たUEFAチャンピオンズリーグ

    これまでのタイトルはランズカンピューン(国内トップリーグ (現:エールディヴィジ)) での優勝15回、KNVBベーカー12回、チャンピオンズカップ (現:チャンピオンズリーグ) 1回、UEFAヨーロッパリーグ2回、クラブ・ワールドカップ1回。オランダでは国際舞台で大きなタイトルを獲得した初めてのクラブであり、オランダのクラブとしての初のヨーロッパカップI、初のUEFAカップを勝ち獲った外、国内でも初のダブル達成(1964/65)など、オランダ・フットボールの聖地と言われるデ・カイプと共にオランダのフットボール史において重要な役割を果たしてきた。フェイエノールト フレッシュアイペディアより)

  • フェイエノールト

    フェイエノールトから見たヘルトヤン・フェルベーク

    ファン・マルワイクのオランダ代表監督就任によって2008-09シーズンはヘルトヤン・フェルベークを監督に迎えるも、前半戦終えて12位と大きく低迷。年明け初戦を待たずにベテラン選手との対立からフェルベークがクラブを去る事になり、このシーズンもリーグ戦7位で欧州戦プレイオフで敗退。大きな危機を迎えた中、2009-10シーズンにクラブは再建の最後の希望として新テクニカル・ディレクターにレオ・ベーンハッカー、新監督にマリオ・ベーンというクラブ生え抜きのOBを起用。財政難でほとんど補強を行えない中、ベーンはコンディションの整わないベテラン陣を迷うことなくベンチに置き、積極的な若手登要で4位と久々の好成績を残す。フェイエノールト フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
66件中 1 - 10件表示

「フェイエノールト」のニューストピックワード