41件中 11 - 20件表示
  • フェイエノールト

    フェイエノールトから見たルート・フリット

    1984年はフェイエノールトにとって最高の1年だった。ペーター・ハウトマン、ヨハン・クライフ、ルート・フリットらを擁したチームはリーグ戦とベーカー戦のダブルを達成。90年代にもフェイエノールトはリーグ戦を2回、スーパーカップ2回、KNVBカップを2回獲得している。クラブは1978年にアマチュア部門のSC フェイエノールトとプロ部門のフェイエノールト・ロッテルダムに分断。2010年にアマチュア部門とプロ部門が再び統合されるまで、この状態が続いていた。フェイエノールト フレッシュアイペディアより)

  • フェイエノールト

    フェイエノールトから見たオトマン・バッカル

    2011-2012シーズン直前、新テクニカル・ディレクターに就任していたマルティン・ファン・ヘールはベーンの辞任(形式的には解任)を受けて、新監督にロナルド・クーマンを招聘。夏の移籍市場ではジョルジニオ・ワイナルドゥムとリロイ・フェルを失ったが、移籍金の出せない状況でジョン・グイデッティとオトマン・バッカルをレンタルで獲得し、『長年移籍市場での失敗が続いていたフェイエノールトが遂に移籍市場での勝者になった』とメディアで讃えられた。フェイエノールト加入後結果が残せていなかったカリム・エル・アマーディとルーベン・スハーケンもクーマンのもとで信頼を得てリーグ・トップクラスのパフォーマンスを発揮し、ヨルディ・クラーシやブルーノ・マルティンス・インディらユース出身のタレントがブレイク。さらにディルク・カイトが去って以来不在だったストライカーのポジションではグイデッティがデ・カイプでの3試合連続ハットトリックなど23試合で20ゴールを記録。特に1月29日のデ・カイプでのデ・クラシケルはこのエースのハットトリックなどで4-2と2006年以来の勝利と全てが噛み合って勢いに乗ったチームは2002年以来の2位でシーズンを終えた。ピッチ外の財政面でも、投資家 ピム・ブロクラント率いる支援グループ フリーンデン・ファン・フェイエノールトの資金補填と各企業とサポーターも巻き込んだ寄付活動、そして移籍市場での大きな移籍獲得もあり、負債を大幅に縮小することに成功。オランダ・フットボール協会(KNVB)の定めるカテゴリー1を脱出した。フェイエノールト フレッシュアイペディアより)

  • フェイエノールト

    フェイエノールトから見たベルト・ファン・マルワイク

    2006-2007シーズンのリーグ戦を7位で終えて欧州戦POも敗退したフェイエノールトは2007年夏にテクニカル・ディレクター ペーター・ボスのもと大補強を敢行。ロイ・マカーイ、ジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト、ケヴィン・ホフラント、ティム・デ・クレル、マイケル・モルス、デニー・ランツァートといった実力者と契約を結び、新監督に2002年にUEFA杯を制したベルト・ファン・マルワイクを迎えた。しかしシーズン全般こそリーグ優勝を狙える位置に付けていたが、後半戦は下降線を辿り、KNVB杯で久々のタイトルを獲得したもののリーグ戦6位。またしてもCL出場権を逃したことで、高額なベテランの大量補強は大きな負債となってクラブにのしかかった。フェイエノールト フレッシュアイペディアより)

  • フェイエノールト

    フェイエノールトから見たジョルジニオ・ワイナルドゥム

    2011-2012シーズン直前、新テクニカル・ディレクターに就任していたマルティン・ファン・ヘールはベーンの辞任(形式的には解任)を受けて、新監督にロナルド・クーマンを招聘。夏の移籍市場ではジョルジニオ・ワイナルドゥムとリロイ・フェルを失ったが、移籍金の出せない状況でジョン・グイデッティとオトマン・バッカルをレンタルで獲得し、『長年移籍市場での失敗が続いていたフェイエノールトが遂に移籍市場での勝者になった』とメディアで讃えられた。フェイエノールト加入後結果が残せていなかったカリム・エル・アマーディとルーベン・スハーケンもクーマンのもとで信頼を得てリーグ・トップクラスのパフォーマンスを発揮し、ヨルディ・クラーシやブルーノ・マルティンス・インディらユース出身のタレントがブレイク。さらにディルク・カイトが去って以来不在だったストライカーのポジションではグイデッティがデ・カイプでの3試合連続ハットトリックなど23試合で20ゴールを記録。特に1月29日のデ・カイプでのデ・クラシケルはこのエースのハットトリックなどで4-2と2006年以来の勝利と全てが噛み合って勢いに乗ったチームは2002年以来の2位でシーズンを終えた。ピッチ外の財政面でも、投資家 ピム・ブロクラント率いる支援グループ フリーンデン・ファン・フェイエノールトの資金補填と各企業とサポーターも巻き込んだ寄付活動、そして移籍市場での大きな移籍獲得もあり、負債を大幅に縮小することに成功。オランダ・フットボール協会(KNVB)の定めるカテゴリー1を脱出した。フェイエノールト フレッシュアイペディアより)

  • フェイエノールト

    フェイエノールトから見たデニー・ランツァート

    2006-2007シーズンのリーグ戦を7位で終えて欧州戦POも敗退したフェイエノールトは2007年夏にテクニカル・ディレクター ペーター・ボスのもと大補強を敢行。ロイ・マカーイ、ジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト、ケヴィン・ホフラント、ティム・デ・クレル、マイケル・モルス、デニー・ランツァートといった実力者と契約を結び、新監督に2002年にUEFA杯を制したベルト・ファン・マルワイクを迎えた。しかしシーズン全般こそリーグ優勝を狙える位置に付けていたが、後半戦は下降線を辿り、KNVB杯で久々のタイトルを獲得したもののリーグ戦6位。またしてもCL出場権を逃したことで、高額なベテランの大量補強は大きな負債となってクラブにのしかかった。フェイエノールト フレッシュアイペディアより)

  • フェイエノールト

    フェイエノールトから見たブルーノ・マルティンス・インディ

    2011-2012シーズン直前、新テクニカル・ディレクターに就任していたマルティン・ファン・ヘールはベーンの辞任(形式的には解任)を受けて、新監督にロナルド・クーマンを招聘。夏の移籍市場ではジョルジニオ・ワイナルドゥムとリロイ・フェルを失ったが、移籍金の出せない状況でジョン・グイデッティとオトマン・バッカルをレンタルで獲得し、『長年移籍市場での失敗が続いていたフェイエノールトが遂に移籍市場での勝者になった』とメディアで讃えられた。フェイエノールト加入後結果が残せていなかったカリム・エル・アマーディとルーベン・スハーケンもクーマンのもとで信頼を得てリーグ・トップクラスのパフォーマンスを発揮し、ヨルディ・クラーシやブルーノ・マルティンス・インディらユース出身のタレントがブレイク。さらにディルク・カイトが去って以来不在だったストライカーのポジションではグイデッティがデ・カイプでの3試合連続ハットトリックなど23試合で20ゴールを記録。特に1月29日のデ・カイプでのデ・クラシケルはこのエースのハットトリックなどで4-2と2006年以来の勝利と全てが噛み合って勢いに乗ったチームは2002年以来の2位でシーズンを終えた。ピッチ外の財政面でも、投資家 ピム・ブロクラント率いる支援グループ フリーンデン・ファン・フェイエノールトの資金補填と各企業とサポーターも巻き込んだ寄付活動、そして移籍市場での大きな移籍獲得もあり、負債を大幅に縮小することに成功。オランダ・フットボール協会(KNVB)の定めるカテゴリー1を脱出した。フェイエノールト フレッシュアイペディアより)

  • フェイエノールト

    フェイエノールトから見たケヴィン・ホフラント

    2006-2007シーズンのリーグ戦を7位で終えて欧州戦POも敗退したフェイエノールトは2007年夏にテクニカル・ディレクター ペーター・ボスのもと大補強を敢行。ロイ・マカーイ、ジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト、ケヴィン・ホフラント、ティム・デ・クレル、マイケル・モルス、デニー・ランツァートといった実力者と契約を結び、新監督に2002年にUEFA杯を制したベルト・ファン・マルワイクを迎えた。しかしシーズン全般こそリーグ優勝を狙える位置に付けていたが、後半戦は下降線を辿り、KNVB杯で久々のタイトルを獲得したもののリーグ戦6位。またしてもCL出場権を逃したことで、高額なベテランの大量補強は大きな負債となってクラブにのしかかった。フェイエノールト フレッシュアイペディアより)

  • フェイエノールト

    フェイエノールトから見たヨハン・クライフ

    1984年はフェイエノールトにとって最高の1年だった。ペーター・ハウトマン、ヨハン・クライフ、ルート・フリットらを擁したチームはリーグ戦とベーカー戦のダブルを達成。90年代にもフェイエノールトはリーグ戦を2回、スーパーカップ2回、KNVBカップを2回獲得している。クラブは1978年にアマチュア部門のSC フェイエノールトとプロ部門のフェイエノールト・ロッテルダムに分断。2010年にアマチュア部門とプロ部門が再び統合されるまで、この状態が続いていた。フェイエノールト フレッシュアイペディアより)

  • フェイエノールト

    フェイエノールトから見たピエール・ファン・ホーイドンク

    2002年5月8日、監督 ベルト・ファン・マルワイクに率いられたフェイエノールトはピエール・ファン・ホーイドンクらの活躍によってドイツ王者 ボルシア・ドルトムントを自身のホームであるスタディオン・フェイエノールトにおいて破り、28年ぶりにクラブ史上2回目のUEFAカップを獲得した。ロッテルダムの名士であるピム・フォルタイン(Pim Fortuyn)が亡くなってわずか2日後だったことで、自分たちのホームでの欧州制覇はロッテルダムの人々にとって大きな意味のあることだった。フェイエノールトは2008年にも同監督のもとでKNVBカップを制し、今現在これが最後に獲得したタイトルとなっている。フェイエノールト フレッシュアイペディアより)

  • フェイエノールト

    フェイエノールトから見たティム・デ・クレル

    2006-2007シーズンのリーグ戦を7位で終えて欧州戦POも敗退したフェイエノールトは2007年夏にテクニカル・ディレクター ペーター・ボスのもと大補強を敢行。ロイ・マカーイ、ジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト、ケヴィン・ホフラント、ティム・デ・クレル、マイケル・モルス、デニー・ランツァートといった実力者と契約を結び、新監督に2002年にUEFA杯を制したベルト・ファン・マルワイクを迎えた。しかしシーズン全般こそリーグ優勝を狙える位置に付けていたが、後半戦は下降線を辿り、KNVB杯で久々のタイトルを獲得したもののリーグ戦6位。またしてもCL出場権を逃したことで、高額なベテランの大量補強は大きな負債となってクラブにのしかかった。フェイエノールト フレッシュアイペディアより)

41件中 11 - 20件表示

「フェイエノールト」のニューストピックワード