41件中 21 - 30件表示
  • フェイエノールト

    フェイエノールトから見たディルク・カイト

    2011-2012シーズン直前、新テクニカル・ディレクターに就任していたマルティン・ファン・ヘールはベーンの辞任(形式的には解任)を受けて、新監督にロナルド・クーマンを招聘。夏の移籍市場ではジョルジニオ・ワイナルドゥムとリロイ・フェルを失ったが、移籍金の出せない状況でジョン・グイデッティとオトマン・バッカルをレンタルで獲得し、『長年移籍市場での失敗が続いていたフェイエノールトが遂に移籍市場での勝者になった』とメディアで讃えられた。フェイエノールト加入後結果が残せていなかったカリム・エル・アマーディとルーベン・スハーケンもクーマンのもとで信頼を得てリーグ・トップクラスのパフォーマンスを発揮し、ヨルディ・クラーシやブルーノ・マルティンス・インディらユース出身のタレントがブレイク。さらにディルク・カイトが去って以来不在だったストライカーのポジションではグイデッティがデ・カイプでの3試合連続ハットトリックなど23試合で20ゴールを記録。特に1月29日のデ・カイプでのデ・クラシケルはこのエースのハットトリックなどで4-2と2006年以来の勝利と全てが噛み合って勢いに乗ったチームは2002年以来の2位でシーズンを終えた。ピッチ外の財政面でも、投資家 ピム・ブロクラント率いる支援グループ フリーンデン・ファン・フェイエノールトの資金補填と各企業とサポーターも巻き込んだ寄付活動、そして移籍市場での大きな移籍獲得もあり、負債を大幅に縮小することに成功。オランダ・フットボール協会(KNVB)の定めるカテゴリー1を脱出した。フェイエノールト フレッシュアイペディアより)

  • フェイエノールト

    フェイエノールトから見たマリオ・ベーン

    ファン・マルワイクのオランダ代表監督就任によって2008-2009シーズンはヘルトヤン・フェルベークを監督に迎えるも、前半戦終えて12位とクラブ史上に残る大きな低迷を経験。年明け初戦を待たずにベテラン選手との対立からフェルベークがクラブを去る事になり、このシーズンもリーグ戦7位で欧州戦POに敗退。大きな危機を迎えた中、2009/2010シーズンにクラブは再建の最後の希望として新テクニカル・ディレクターにレオ・ベーンハッカー、新監督にマリオ・ベーンというクラブ生え抜きのOBを起用。財政難でほとんど補強を行えない中、ベーンはコンディションの整わないベテラン陣を迷うことなくベンチに置き、積極的な若手登要で4位と久々の好成績を残す。フェイエノールト フレッシュアイペディアより)

  • フェイエノールト

    フェイエノールトから見たUEFAチャンピオンズカップ

    フェイエノールトの黄金期は1970年代に始まる。クーン・ムーライン、オフェ・キントファルなどの活躍で1970年にオランダのクラブとして初めてUEFAチャンピオンズリーグを制し、数ヶ月後にはEstudiantesを破ってインターコンチネンタルカップ_(サッカー)までも獲得した。1974年にもオランダのクラブとして初めてUEFAカップも制している。フェイエノールト フレッシュアイペディアより)

  • フェイエノールト

    フェイエノールトから見たUEFAヨーロッパリーグ

    フェイエノールトの黄金期は1970年代に始まる。クーン・ムーライン、オフェ・キントファルなどの活躍で1970年にオランダのクラブとして初めてUEFAチャンピオンズリーグを制し、数ヶ月後にはEstudiantesを破ってインターコンチネンタルカップ_(サッカー)までも獲得した。1974年にもオランダのクラブとして初めてUEFAカップも制している。フェイエノールト フレッシュアイペディアより)

  • フェイエノールト

    フェイエノールトから見たASナンシー

    2006年11月30日のUEFA杯グループステージ ASナンシー?フェイエノールト戦の前後において、約3.000名のフェイエノールト・サポーターが現地警察と衝突。警察がナンシー市内のオランダ人に対して何の区別もせずに対応したために状況をコントロールできず、無関係のフェイエノールダーも多く拘束される事態となった。フェイエノールト フレッシュアイペディアより)

  • フェイエノールト

    フェイエノールトから見たUEFA杯

    これまでのタイトルは国内トップリーグ(現在はエールディヴィジ)での優勝14回、KNVB杯11回、ヨーロピアンカップ(現在のチャンピオンズリーグ)1回、UEFA杯2回、クラブ・ワールドカップ1回。オランダでは国際舞台で大きなタイトルを獲得した初めてのクラブであり、オランダ・フットボールの聖地と言われるデ・カイプと共にオランダのフットボール史において重要な役割を果たしてきた。フェイエノールト フレッシュアイペディアより)

  • フェイエノールト

    フェイエノールトから見たPSV

    しかし翌2010-2011シーズンを前にKNVBからカテゴリー1転落が伝えられ、財政運営で協会の監視下に置かれ、補強費捻出はほぼ不可能に。3年以内にカテゴリー1を脱出できなければライセンスを失う危機を迎えた。ピッチ上でもファン・ブロンクホルストが引退しトマソンがワールドカップでの負傷で全くプレーできなかったことでリーダーを失ったチームは大きく迷走。10月24日にPSVとのアウエーゲームで10-0という歴史的惨敗を喫した4日後の10月28日、ピム・ブロクラントに率いられた投資グループ フリーンデン・ファン・フェイエノールトがフェイエノールトの株式49%を1.700万ユーロで買い取り、その後合計3.000万ユーロをクラブに補填した。このやり取りによって投資グループは2011年2月にフェイエノールトの取締役会に二つの席を取得、フェイエノールトの負債は2.600万ユーロまで減らした。フェイエノールト フレッシュアイペディアより)

  • フェイエノールト

    フェイエノールトから見たボルシア・メンヘングラッドバッハ

    フェイエノールトのサポーターは"ヘット・レヒューン"(Het Legioen)と呼ばれ、熱狂的な応援とクラブへの高い忠誠心で知られている。アウエーゲームの応援にも積極的で、1963年にベンフィカとのヨーロッパ・カップ戦に二艘の船、数千の自動車と電車で約3.000人のサポーターが遠征。過去の欧州でのアウエーゲームでは1試合平均1000から2000人のファンが遠征しており、1996年に行われたドイツのボルシア・メンヘングラッドバッハとの試合では約15.000人のサポーターが出向いた。フェイエノールト フレッシュアイペディアより)

  • フェイエノールト

    フェイエノールトから見たボルシア・ドルトムント

    2002年5月8日、監督 ベルト・ファン・マルワイクに率いられたフェイエノールトはピエール・ファン・ホーイドンクらの活躍によってドイツ王者 ボルシア・ドルトムントを自身のホームであるスタディオン・フェイエノールトにおいて破り、28年ぶりにクラブ史上2回目のUEFAカップを獲得した。ロッテルダムの名士であるピム・フォルタイン(Pim Fortuyn)が亡くなってわずか2日後だったことで、自分たちのホームでの欧州制覇はロッテルダムの人々にとって大きな意味のあることだった。フェイエノールトは2008年にも同監督のもとでKNVBカップを制し、今現在これが最後に獲得したタイトルとなっている。フェイエノールト フレッシュアイペディアより)

  • フェイエノールト

    フェイエノールトから見たエールディヴィジ

    フェイエノールト(Feyenoord Rotterdam)は、1908年創設のオランダ・南ホラント州・ロッテルダムに本拠地を置くサッカークラブ。エールディヴィジに所属。ホームスタジアムのスタディオン・フェイエノールトはデ・カイプと呼ばれ、スタディオンクラブとして全国的人気を集めている。伝統的に赤と白のユニフォームを着用し、オランダの伝統的トップ3の一つ。以前はFeijenoordだったが、1973年にFeyenoordに変更された。日本では小野伸二がかつて所属していたことでも知られている。フェイエノールト フレッシュアイペディアより)

41件中 21 - 30件表示

「フェイエノールト」のニューストピックワード