25件中 11 - 20件表示
  • 2012年の政治

    2012年の政治から見たフェリペ・カルデロンフェリペ・カルデロン

    22日 - メキシコのカルデロン大統領が同国の正式国名をメキシコ合衆国からメキシコに変える議案を議会に提出。2012年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山由紀夫内閣の歴史

    鳩山由紀夫内閣の歴史から見たフェリペ・カルデロンフェリペ・カルデロン

    鳩山首相はメキシコのカルデロン大統領と会談。会談後の記者会見で「メキシコも日本も、経済は対米依存だった。そこから脱却していこうではないかという認識を互いに持った」と述べた。その後、外務省が「メキシコ側にそのような発言はなかった」と否定をした。鳩山由紀夫内閣の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 麻薬戦争

    麻薬戦争から見たフェリペ・カルデロンフェリペ・カルデロン

    ジョージ・W・ブッシュ政権下では「」を実施して支援を開始し、2006年12月にメキシコのフェリペ・カルデロン大統領は就任直後から大規模な麻薬密輸組織掃討作戦に乗り出したが、治安当局への報復攻撃などにより4年間で死者が3万196人に達した。2009年にはメキシコでは、ヘロイン、マリファナ、コカインの個人所持が合法化されることになる。麻薬戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 国民行動党

    国民行動党から見たフェリペ・カルデロンフェリペ・カルデロン

    2003年の下院選挙では23%の票を得るにとどまり、PRIの躍進を許した。2006年の大統領選挙ではPRIや民主革命党 (PRD) の進出により大苦戦を強いられたが、辛勝しフェリペ・カルデロンが当選した。2012年の大統領選挙にはを候補に立てたが、PRIのエンリケ・ペーニャ・ニエトが勝利し、12年ぶりに政権を明け渡した。現在、PANは主にメキシコ北部で確固たる基盤を築いている。国民行動党 フレッシュアイペディアより)

  • アエロメヒコ航空576便ハイジャック事件

    アエロメヒコ航空576便ハイジャック事件から見たフェリペ・カルデロンフェリペ・カルデロン

    アエロメヒコ航空576便ハイジャック事件とは、2009年9月9日にアエロメヒコ航空576便カンクン発メキシコシティ行のボーイング737-852が、フェリペ・カルデロンメキシコ大統領との対話を求める犯人によってハイジャックされた事件である。乗客はメキシコシティ国際空港に到着後解放され、その後乗員も解放された。これによりメキシコ当局はハイジャック犯とみられた5人の拘束に成功したが、このうち犯人であると断定することができたのはたった一人であった。アエロメヒコ航空576便ハイジャック事件 フレッシュアイペディアより)

  • メキシコの歴史

    メキシコの歴史から見たフェリペ・カルデロンフェリペ・カルデロン

    2006年の大統領選挙では国民行動党(PAN)、制度的革命党、民主革命党(PRD)の三党の候補が入り乱れた選挙戦が展開され、PANのフェリペ・カルデロンがPRDのアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドールを僅差で破って大統領に就任した。メキシコの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ軍

    メキシコ軍から見たフェリペ・カルデロンフェリペ・カルデロン

    2000年代に入ると、国内の麻薬カルテルの抗争が激化。政府、警察、陸軍関係者が金銭や暴力、恐喝により協力を強要されたことから、摘発さえままならない状況となった。こうした状況の中、2006年に就任したフェリペ・カルデロン大統領は、麻薬組織との対決路線を選択。麻薬組織との関係が薄い海軍を組織的に利用して摘発に乗り出した。2009年12月16日、メキシコ海軍がベルトラン・レイバ・カルテルの拠点を襲撃して組織のボスを射殺する成果を収めた例があるが、襲撃した場所は海軍とは全く関係のない内陸部の都市クエルナバカ市であった。また、2014年には、海兵隊がシナロア・カルテルのトップ、ホアキン・グスマンを逮捕している。メキシコ軍 フレッシュアイペディアより)

  • ケネディスクール

    ケネディスクールから見たフェリペ・カルデロンフェリペ・カルデロン

    フェリペ・カルデロン(Felipe de Jesús Calderón Hinojosa)(2000):メキシコ大統領ケネディスクール フレッシュアイペディアより)

  • 日西墨三国交通発祥記念之碑

    日西墨三国交通発祥記念之碑から見たフェリペ・カルデロンフェリペ・カルデロン

    遭難事故から400周年となる2009年(平成21年)、「日本メキシコ交流400周年実行委員会」(名誉総裁、皇太子徳仁親王およびフェリペ・カルデロン・イノホサ・メキシコ大統領)が設立され、9月26日、メキシコ記念公園において「日本メキシコ400周年記念式典」、続いて月の沙漠記念館前広場で「サン・フランシスコ漂着400周年記念祭」が開催された。皇太子、駐日スペイン大使ミゲル・アンヘル・カリエド、駐日メキシコ大使ミゲル・ルイス・カバーニャス、石田義廣御宿町長、田嶋隆威大多喜町長、武正公一外務副大臣、森田健作千葉県知事、中川秀直・日本メキシコ交流実行委員会名誉会長(衆議院議員)、小枝至・同委員長(日産自動車相談役名誉会長)らが出席した。この際、スペイン政府から御宿町民に徽章が授与された。また、メキシコ政府から御宿町にラファエル・ゲレロ()制作の彫像「抱擁」()が寄贈され、メキシコ記念公園に設置された。日西墨三国交通発祥記念之碑 フレッシュアイペディアより)

  • パトリシア・エスピノサ

    パトリシア・エスピノサから見たフェリペ・カルデロンフェリペ・カルデロン

    オーストリア、ドイツ、スロベニア、スロバキアの大使の後にフェリペ・カルデロン政権下では外務大臣を務める。2人の子どもがいる。パトリシア・エスピノサ フレッシュアイペディアより)

25件中 11 - 20件表示