21件中 11 - 20件表示
  • 正義と尊厳ある平和のための運動

    正義と尊厳ある平和のための運動から見たフェリペ・カルデロンフェリペ・カルデロン

    フェリペ・カルデロン大統領はこの訴えを受け入れ、2011年6月23日には、チャプルテペック城にて平和についての対談が行われた。2011年3月28日、モレロス州の検察庁は7人の遺体の存在を確認した。その中には、詩人でジャーナリストでもあるハビエル・シシリアの息子、フアン・フランシスコ・シシリア=オルテガの遺体も確認された。4月2日、ハビエル・シシリアは詩からの引退を宣言し、同月26日、国民間での行進を呼びかけ、メキシコにはびこる暴力の中断を要求した。同年5月5日には、彼を支持するグループは彼の呼びかけに応じて長距離の行進を始めた。彼らはメキシコ市をめざし、クエルナバカ市のパロマ噴水を出発した。象徴的な儀式として噴水から出る水は赤く染められた。行進を始めるにわたって、シシリアはこのデモが政府を打倒するためのものではなく、殺害、誘拐、拉致の被害者たちへの正義を要求するものであり、また反麻薬組織への対策の見直しと今まで暴力の被害者になった、すべての人々に正当な司法の遂行がなされることを要求するためのものであると力説した。正義と尊厳ある平和のための運動 フレッシュアイペディアより)

  • 国民行動党

    国民行動党から見たフェリペ・カルデロンフェリペ・カルデロン

    2006年の大統領選挙ではPRIやPRDの進出により大苦戦を強いられたが、辛勝しカルデロン大統領が当選した。国民行動党 フレッシュアイペディアより)

  • エル・シグロ・デ・トレオン

    エル・シグロ・デ・トレオンから見たフェリペ・カルデロンフェリペ・カルデロン

    2011年11月15日、再び襲撃が起こり、3人以上の犯人がAK-47で銃撃し、建物の外壁などが破壊され、近くにあった車1台が炎上した。国際ペンクラブは11月17日付で、本件を含むメキシコにおける言論人、言論機関への暴力についてメキシコ大統領フェリペ・カルデロンらに宛てたアピールを発表した。エル・シグロ・デ・トレオン フレッシュアイペディアより)

  • ペメックス

    ペメックスから見たフェリペ・カルデロンフェリペ・カルデロン

    2007年1月、ビセンテ・フォックスと同じ国民行動党に属するフェリペ・カルデロンが大統領となり、着任時に民間投資の窓口を開けることを表明した。ペメックス フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ軍

    メキシコ軍から見たフェリペ・カルデロンフェリペ・カルデロン

    2000年代に入ると、メキシコ国内の麻薬組織の抗争が激化。政府、警察、陸軍関係者が金銭や暴力、恐喝により協力を強要されたことから、摘発さえままならない状況となった。こうした状況の中、2006年に就任したフェリペ・カルデロン大統領は、麻薬組織との対決路線を選択。麻薬組織との関係が薄い海軍を組織的に利用して摘発に乗り出した。2009年12月16日、メキシコ海軍がベルトラン・レイバ・カルテルの拠点を襲撃して組織のボスを射殺する成果を収めた例があるが、襲撃した場所は海軍とは全く関係のない内陸部の都市クエルナバカ市であった。メキシコ軍 フレッシュアイペディアより)

  • 麻薬戦争

    麻薬戦争から見たフェリペ・カルデロンフェリペ・カルデロン

    メキシコでは2006年12月のフェリペ・カルデロン大統領就任直後から大規模な麻薬密輸組織掃討作戦に乗り出したが、治安当局への報復攻撃などにより4年間で死者が3万196人に達した。麻薬戦争 フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ麻薬戦争

    メキシコ麻薬戦争から見たフェリペ・カルデロンフェリペ・カルデロン

    麻薬組織間の暴力行為は麻薬戦争が始まるずっと以前から起こっていたが、1990年代から2000年代前半にかけては、カルテルの暴力に対して政府は受け身のスタンスを保持した。2006年12月11日、新しく選ばれたフェリペ・カルデロン大統領が麻薬組織による暴力をそこで終わらせるために6,500人の連邦国軍をミチョアカン州に派遣したことで、政府のスタンスが変化した。この行動は、犯罪組織に対する初めての大きな行動であると考えられており、通常、政府と麻薬カルテルとの間の戦争の開始点であると見られている。時が経つにつれ、カルデロンは彼の反麻薬キャンペーンの拡大を継続するため、現在では45,000人の軍とそれに関与して加わった州兵および連邦警察官を動員している。2010年にカルデロンはカルテルが「政府にとって代わる」事を求めており、「武器による独占を強要しようとし、彼ら自身の法律を強要しようとさえしている」と述べた。メキシコ麻薬戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災に対する日本国外の対応

    東日本大震災に対する日本国外の対応から見たフェリペ・カルデロンフェリペ・カルデロン

    フェリペ・カルデロン大統領は「地震で被災した日本の方々を心から哀悼する」とコメントし、支援を申し入れ、12名のレスキュー隊員及び救助犬6匹が3月14日に日本に到着、同月17日まで宮城県名取市にて救助活動を行った。ビルの構造の専門家3人も派遣する。また、支援物資として保存食料約8.4トン、衛生物品3.4トン、飲料水6.8トンの提供を決定、3月27日に日本に到着した。東日本大震災に対する日本国外の対応 フレッシュアイペディアより)

  • ケネディスクール

    ケネディスクールから見たフェリペ・カルデロンフェリペ・カルデロン

    フェリペ・カルデロン(Felipe de Jesús Calderón Hinojosa)(2000):メキシコ大統領ケネディスクール フレッシュアイペディアより)

  • メキシコの大統領

    メキシコの大統領から見たフェリペ・カルデロンフェリペ・カルデロン

    2006年 - 2012年:フェリペ・カルデロン Felipe de Jesús Calderón Hinojosaメキシコの大統領 フレッシュアイペディアより)

21件中 11 - 20件表示