1 2 3 次へ
25件中 21 - 25件表示
  • メキシコ

    メキシコから見たフェリペ・カルデロンフェリペ・カルデロン

    1980年代以降は麻薬カルテルの抗争により治安が悪化する。前政権のカルデロン政権は、麻薬カルテルと癒着した警察幹部や州知事すらも逮捕するという強硬姿勢で臨み、軍を導入して麻薬犯罪組織を取り締まっている。これに伴い、カルテルの暴力による死者が激増、2010年には毎年1万5千人以上の死者を出す事態になっている(メキシコ麻薬戦争)。メキシコ フレッシュアイペディアより)

  • エレファント勲章

    エレファント勲章から見たフェリペ・カルデロンフェリペ・カルデロン

    2008年2月18日: メキシコ合衆国大統領フェリーペ・デ・ヘスス・カルデロン・イノホーサエレファント勲章 フレッシュアイペディアより)

  • アンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール

    アンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドールから見たフェリペ・カルデロンフェリペ・カルデロン

    2006年の大統領選に出馬を表明し、選挙準備のため2005年7月メキシコ市長を辞任した。個人的人気がきわめて高く、大統領当選が最有力視されていたが、選挙直前にフォックス大統領を罵倒した言葉が批判を浴びてやや支持率を落とし、2006年7月2日に行われた大統領選挙において、得票率35.3%あまり、わずか0.6ポイント足らずの僅差で対立候補フェリペ・カルデロン(国民行動党)に敗れた。2012年7月の大統領選挙にもPRDの候補として出馬したが、PRIのペニャニエト候補に8%以上の差をつけられて敗北した。アンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災に対する日本国外の対応

    東日本大震災に対する日本国外の対応から見たフェリペ・カルデロンフェリペ・カルデロン

    フェリペ・カルデロン大統領は「地震で被災した日本の方々を心から哀悼する」とコメントし、支援を申し入れ、12名のレスキュー隊員及び救助犬6匹が3月14日に日本に到着、同月17日まで宮城県名取市にて救助活動を行った。ビルの構造の専門家3人も派遣する。また、支援物資として保存食料約8.4トン、衛生物品3.4トン、飲料水6.8トンの提供を決定、3月27日に日本に到着した。東日本大震災に対する日本国外の対応 フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ麻薬戦争

    メキシコ麻薬戦争から見たフェリペ・カルデロンフェリペ・カルデロン

    麻薬組織間の暴力行為は麻薬戦争が始まるずっと以前から起こっていたが、1990年代から2000年代前半にかけては、カルテルの暴力に対して政府は受け身のスタンスを保持した。2006年12月11日、新しく選ばれたフェリペ・カルデロン大統領が麻薬組織による暴力をそこで終わらせるために6,500人の連邦国軍をミチョアカン州に派遣したことで、政府のスタンスが変化した。この行動は、犯罪組織に対する初めての大きな行動であると考えられており、通常、政府と麻薬カルテルとの間の戦争の開始点であると見られている。時が経つにつれ、カルデロンは彼の反麻薬キャンペーンの拡大を継続するため、現在では45,000人の軍とそれに関与して加わった州兵および連邦警察官を動員している。2010年にカルデロンはカルテルが「政府にとって代わる」事を求めており、「武器による独占を強要しようとし、彼ら自身の法律を強要しようとさえしている」と述べた。メキシコ麻薬戦争 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
25件中 21 - 25件表示