前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
93件中 1 - 10件表示
  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    2007年は、アドバイザーという役職に立場を変えてフェラーリのF1に関わり、チーム監督であるジャン・トッドや、ドライバーのフェリペ・マッサとライコネンなどを見守ることとなった。この年の開幕戦のオーストラリアでは、フェラーリに移籍してきたライコネンが優勝し、現場にいなかったシューマッハーは祝福の電話をライコネンにかけた。この年サーキットを初めて訪れたのは、ヨーロッパラウンド初戦のスペインGPであった。モナコGPでは、去年までのライバルだったフェルナンド・アロンソと握手を交わす姿がTVに映し出された。ヨーロッパGPには、表彰台でトロフィーを渡す役として登場した。また母国・ドイツのフランクフルトモーターショーではフェラーリブースに登場し、注目を集めた。シューマッハはブラジルGPをスイスの自宅で見ていたようで、ブラジルに行かなかったことを後悔したという。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年ブラジルグランプリ

    2008年ブラジルグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    ドライバーズチャンピオンシップは、前戦の中国GPで、BMWザウバーのロバート・クビサが抜け、マクラーレンのルイス・ハミルトンと、フェラーリのフェリペ・マッサに絞られた。レース前のポイントはハミルトンが94、マッサが87と、7ポイント差がついていた。よって、ハミルトンが獲得するには5位以上で完走すれば獲得する。マッサが獲得するには最低でも2位以上、そして、ハミルトンの8位以下が必要(97ポイント、95ポイントで並んだ場合は、上位入賞回数が多くなるマッサが優勝となる)というハミルトンが大きく有利な状況だった。2008年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年日本グランプリ

    2010年日本グランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    4位はロバート・クビサ(ルノー)が今季3回目となる2列目を獲得し、決勝に向けてダークホース的な存在となった。以下アロンソ(フェラーリ)、バトン(マクラーレン)に続き、メルセデスとウィリアムズの4台が7〜10位に並んだ。フェリペ・マッサ(フェラーリ)はQ2でコースの渋滞にはまり、12位に終わった。2010年日本グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年ハンガリーグランプリ

    2009年ハンガリーグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    アロンソ以外のマシンが最後のタイムアタックを行う。残り時間がなくなった直後、フェラーリのフェリペ・マッサ2009年ハンガリーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年モナコグランプリ

    2012年モナコグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    Q2はトップのマッサから10番手のライコネンまでが0.411秒差という大混戦。2012年モナコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパグランプリ

    ヨーロッパグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    2007年は、予選でルイス・ハミルトンがクラッシュを起こして出場が危ぶまれたが、翌日の検査の結果出場許可が出された。決勝は、スタート直後に大雨が降り、路面は雨水であふれて滑りやすい状態になり、第1コーナーで6台がコースアウトするなど大波乱の展開となった。この時、このレースがF1デビュー戦だったスパイカーのマルクス・ヴィンケルホックは一時トップに立つという大活躍を見せた。その後20分間中断された後に再開。レース終了間際に再度降雨に見舞われ、その間にフェルナンド・アロンソがフェリペ・マッサを抜いて優勝したが、邪魔をされたとして終了後にマッサと口喧嘩する場面があった。なお、この年よりFIAがグランプリの一国一開催の原則を厳格に運用する方針を打ち出した(ただし、これは後にうやむやとなり、上記の通り2008年以降はスペイン・バレンシアでの開催となった。)ため、ドイツ国内でのF1グランプリはニュルブルクリンクとホッケンハイムで1年おきに交互開催することとなった。ドイツ国内のF1レースが単独開催となったため、本来であればドイツグランプリを名乗るはずではあるが、四輪レースにおけるドイツグランプリの名称を使用する権利をホッケンハイム側が独占的に保持しており、ニュルブルクリンクはホッケンハイム側との交渉が妥結せず「ヨーロッパグランプリ」の名称を使用することとなった。なお、のちにこの問題は解決し、2009年はニュルブルクリンクで「ドイツグランプリ」の名称での開催となった。ヨーロッパグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年イギリスグランプリ

    2008年イギリスグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    注目は、ポイントリーダーのフェリペ・マッサ、昨年度覇者のキミ・ライコネン、第7戦カナダGPで初優勝を達成したロバート・クビサ、そして2年目の母国GPで気合の入るルイス・ハミルトンのポールポジション争いとされた。2008年イギリスグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年スペイングランプリ

    2009年スペイングランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    まずレッドブル・レーシングのセバスチャン・ベッテルが1'20.715のタイムを出すが、フェラーリのフェリペ・マッサは1'20.484とトップタイムを更新する。チームメイトのキミ・ライコネンは1'20.291のタイムを残しピットへ戻る。マクラーレンの2台もタイムがなかなか上がってこない。他のチームはライコネンとヘイッキ・コバライネンのタイムを次々と更新していく。残り時間が0の中、トヨタのヤルノ・トゥルーリが15番手のタイムを出し、15番手だったライコネンがノックアウトとなる。2009年スペイングランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年アメリカグランプリ

    2006年アメリカグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    フェラーリのミハエル・シューマッハがシーズン3勝目を挙げ、フェルナンド・アロンソの連勝を4でストップさせた。チャンピオンシップのポイント差も19まで縮める。シューマッハのチームメイト、フェリペ・マッサが2位に入り、フェラーリのルノーに対する差も26に縮小した。2006年アメリカグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ブラジルグランプリ

    ブラジルグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    2006年のレースはミハエル・シューマッハの引退レースとなった。わずかながらにタイトルの可能性を残したが、マシントラブルに見舞われ、予選を10位で終えた。決勝では、ジャンカルロ・フィジケラとの接触でパンクし、最後尾に後退した。最終的に4位に終わり、チャンピオンはフェルナンド・アロンソのものになった。最終的に、シューマッハのチームメートである、フェリペ・マッサが優勝し、ブラジル人によるブラジルグランプリ優勝は、1993年アイルトン・セナ以来13年ぶりとなった。ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
93件中 1 - 10件表示

「フェリペ・マッサ」のニューストピックワード