前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
154件中 1 - 10件表示
  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    2007年は、アドバイザーという役職に立場を変えてフェラーリのF1に関わり、チーム監督であるジャン・トッドや、ドライバーのフェリペ・マッサとライコネンなどを見守ることとなった。この年の開幕戦のオーストラリアでは、フェラーリに移籍してきたライコネンが優勝し、現場にいなかったシューマッハーは祝福の電話をライコネンにかけた。この年サーキットを初めて訪れたのは、ヨーロッパラウンド初戦のスペインGPであった。モナコGPでは、前年までのライバルだったフェルナンド・アロンソと握手を交わす姿がTVに映し出された。ヨーロッパGPには、表彰台でトロフィーを渡す役として登場した。また母国・ドイツのフランクフルトモーターショーではフェラーリブースに登場し、注目を集めた。シューマッハはブラジルGPをスイスの自宅で見ていたようで、ブラジルに行かなかったことを後悔したという。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • 2016年イタリアグランプリ

    2016年イタリアグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    9月1日、フェリペ・マッサが2016年限りでのF1引退を発表した。2016年イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2016年ブラジルグランプリ

    2016年ブラジルグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    ウィリアムズは、母国グランプリとなるフェリペ・マッサのマシンにメインスポンサーとなっているマルティーニのロゴを「MASSA」に変更した特別カラーリングを施した。2016年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・ハミルトン

    ルイス・ハミルトンから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    5位以上でフィニッシュすれば、タイトルを争うフェリペ・マッサの成績に関係なくチャンピオン獲得となる絶対的に有利な状況で最終戦ブラジルGPをむかえた。スタートからマッサが首位を快走する中、チャンピオン獲得の最低条件となる5位走行中の68周目にセバスチャン・ベッテルに抜かれ、6位で残り2周を迎えることとなった。ベッテルを抜き返せず、チャンピオン獲得は絶望的に思われた最終ラップ、雨が強まる中ドライタイヤを装着していたティモ・グロックがペースを落としたところを、最終コーナー手前でオーバーテイク。5位で完走し、シーズン前の大方の予想を覆して、アロンソの記録を破り当時のF1史上最年少ワールドチャンピオン記録を樹立した(23歳300日)。ルイス・ハミルトン フレッシュアイペディアより)

  • 2009年トルコグランプリ

    2009年トルコグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    フェラーリのキミ・ライコネンを先頭に各マシンがコースにで出る。ベッテルがトップタイムのまま残り時間がなくなるが、チームメイトのマーク・ウェバーがトップタイムを更新する。その後ブラウンGPのジェンソン・バトンがウェバーのタイムを更に上回る。しかし最後の最後でベッテルが再びトップタイムを更新し、中国グランプリ以来今期2度目、通算3度目のポール・ポジションを獲得する。4年連続ポール・トゥ・ウィン、3年連続ハットトリックがかかっていたフェリペ・マッサは7番手に留まった。2009年トルコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年モナコグランプリ

    2009年モナコグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    予選が始まり各マシーンがコースに出始める。フェラーリのフェリペ・マッサがプールサイドでフロントノーズが壁にヒットするが何とかピットに戻る。残り時間が半分になる中、今度はマクラーレンのルイス・ハミルトンがミラボー・コーナーの入り口で体勢を崩し、タイヤバリヤーに接触。左のリアタイヤに大きなダメージを受ける。ハミルトンはピットまでマシンを戻せず、残り8分7秒で一時赤旗中断となる。ハミルトンは7番手のタイムを残し、マシンを降りることになる。2009年モナコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年ハンガリーグランプリ

    2009年ハンガリーグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    アロンソ以外のマシンが最後のタイムアタックを行う。残り時間がなくなった直後、フェラーリのフェリペ・マッサ2009年ハンガリーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年日本グランプリ

    2010年日本グランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    4位はロバート・クビサ(ルノー)が今季3回目となる2列目を獲得し、決勝に向けてダークホース的な存在となった。以下アロンソ(フェラーリ)、バトン(マクラーレン)に続き、メルセデスとウィリアムズの4台が7〜10位に並んだ。フェリペ・マッサ(フェラーリ)はQ2でコースの渋滞にはまり、12位に終わった。2010年日本グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年イギリスグランプリ

    2008年イギリスグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    注目は、ポイントリーダーのフェリペ・マッサ、昨年度覇者のキミ・ライコネン、第7戦カナダGPで初優勝を達成したロバート・クビサ、そして2年目の母国GPで気合の入るルイス・ハミルトンのポールポジション争いとされた。2008年イギリスグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年モナコグランプリ

    2012年モナコグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    Q2はトップのマッサから10番手のライコネンまでが0.411秒差という大混戦。2012年モナコグランプリ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
154件中 1 - 10件表示

「フェリペ・マッサ」のニューストピックワード