154件中 91 - 100件表示
  • ザウバー・C24

    ザウバー・C24から見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    ドライバーは前年末にルノーをドライブしたジャック・ヴィルヌーヴが加入し、フェリペ・マッサとコンビを組んだ。ザウバー・C24 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年ブラジルグランプリ

    2010年ブラジルグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    Q2では雨量は少なくなり、各車インターミディエイトタイヤを履いてコースに出て行く。開始4分ほど経過した時点でウェバーが1'19.694でトップに。その後ろから全くの同タイムでシューマッハが通過。しかし開始10分ほどが経過するとベッテルがトップに立ち、またもレッドブルが1-2体制を築く。残り2分でウェバーがトップに立ちレッドブルが1-2のままセッションは終了。マクラーレンのバトンは最後10番手に入ったが、そのあとから来たマッサが10番手に入り、バトンはノックアウト。又、日本人の小林も12番手となりノックアウト。結果、バトン、小林、ロズベルグ、アルグエルスアリ、ブエミ、ハイドフェルド、リウッツィがQ2敗退となった。2010年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年中国グランプリ

    2012年中国グランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    オープニングラップを終えて戻ってきた順位は、ロズベルグ、シューマッハ、バトン、ライコネン、ハミルトン、ペレス、可夢偉、アロンソ、ウェバー、マッサであった。2012年中国グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年中国グランプリ

    2009年中国グランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    ウィリアムズの2台を先頭に各車アタックに入る。レッドブルのセバスチャン・ベッテルのマシンを残し、他のマシンはソフト側のタイヤでアタックを続ける。そのベッテルは残り2分半になりやっとコースに出て、全車が最後のアタックに入る。最後にアタックに入ったベッテルは1発でトップタイムをマークし、Q3進出。ハイドフェルド、マクラーレンのヘイッキ・コバライネン、フェラーリのフェリペ・マッサ、トヨタのティモ・グロック、ウィリアムズの中嶋一貴がQ2敗退となった。2009年中国グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2017年スペイングランプリ

    2017年スペイングランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    スタートでベッテルが前に出てトップに立つ。ターン1でボッタスに後ろからヒットされたライコネンがフェルスタッペンと接触し、ライコネンとフェルスタッペンはリタイアした。アロンソはターン2でフェリペ・マッサと接触しコースオフして順位を落とした。ベッテルはハミルトンとの差を徐々に広げていく。2017年スペイングランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2017年イタリアグランプリ

    2017年イタリアグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    スタートでエステバン・オコンがランス・ストロールを抜き2位に上がり、キミ・ライコネンがバルテリ・ボッタスを一度は抜くも、最終コーナーのパラボリカでボッタスが抜き返した。ボッタスは3周目にストロール、4周目にオコンを抜いて2位に上がり、メルセデスの1-2体制となる。ベッテルは3周目にライコネン、8周目にオコンを抜いて3位に上がる。マックス・フェルスタッペンはフェリペ・マッサのインに飛び込むが接触し、右フロントタイヤがパンクしてピットインを余儀なくされる。2017年イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2017年ロシアグランプリ

    2017年ロシアグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    ボッタスよりタイヤがフレッシュなベッテルはボッタスとの差を徐々に縮め、40周目には1.5秒前後にまで縮めていく。ボッタスもペースを上げて差を広げようとするがベッテルも応戦し、50周目にはDRSが使用できる1秒以内にまで接近した。ファイナルラップでついに0.7秒差まで縮まるが、周回遅れのフェリペ・マッサをボッタスはターン2であっさりとパスした一方、ベッテルはターン3でマッサに引っかかり、両者のバトルはボッタスに軍配が上がった。2017年ロシアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2014年ロシアグランプリ

    2014年ロシアグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    気温22度、路面温度27度の快晴の下、スタートが切られた。スタート後のターン2でハミルトンをかわそうとしたロズベルグだったが、タイヤをロックさせ、フラッドスポットを作り、1周目にピットインし、最後尾に落ちた。ハミルトン以下、ボッタス、バトン、アロンソ、ベルニュ、マグヌッセンが続く。3周目にマグヌッセンがベルニュをかわすと、翌周にはベルニュはレッドブルの2台にもかわされた。序盤はミスで後退したロズベルグと、予選でトラブルに見舞われたマッサの追い上げが目覚ましく、圧倒的なストレートスピードで次々と前走車をパスしていく。その後、ピットストップを全車終了した時点でハミルトン、ボッタス、ロズベルグ、バトン、マグヌッセン、アロンソと続く。タイヤの温まらないボッタスを攻め、ロズベルグがボッタスをかわし、メルセデスワンツー体制が築かれた。終始安定したレースを見せたハミルトンが今季9勝目。1周目のミスで最後尾まで落ちたロズベルグが挽回の2位。メルセデスはこのレースで初のコンストラクターズタイトルを決めた。3位には終盤ファステストラップ連発のボッタスが入り、4位と5位には、バトン・マグヌッセンのマクラーレン勢が入り、なんとメルセデスPUトップ5独占という結果に終わった。2014年ロシアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のF1世界選手権

    2014年のF1世界選手権から見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    また、メルセデスPUの供給を受けたチームの中ではウィリアムズの復活が目立った。前年はランキング9位と低迷したが、今期はトップスピードの速さを武器にコンスタントに入賞してランキング3位に浮上。中でもオーストリアGP予選ではフロントローを独占し、本家メルセデスAMG F1の全戦ポール獲得を阻止する結果となった。2年目のバルテリ・ボッタスは表彰台に6度登り、チームメイトのフェリペ・マッサをランキングで上回る飛躍の年となった。2014年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年イタリアグランプリ

    2010年イタリアグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    予選Q3ではフェルナンド・アロンソが最初のアタックで記録した1分21秒962を誰も更新することができず、アロンソが今シーズン初のポール・ポジションを獲得した。チームメイトのフェリペ・マッサも3番手につけ、話題の渦中にいるフェラーリは母国GPで好グリッドを得た。2010年イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

154件中 91 - 100件表示

「フェリペ・マッサ」のニューストピックワード