154件中 11 - 20件表示
  • 2008年ブラジルグランプリ

    2008年ブラジルグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    ドライバーズチャンピオンシップは、前戦の中国GPで、BMWザウバーのロバート・クビサが抜け、マクラーレンのルイス・ハミルトンと、フェラーリのフェリペ・マッサに絞られた。レース前のポイントはハミルトンが94、マッサが87と、7ポイント差がついていた。よって、ハミルトンが獲得するには5位以上で完走すれば獲得する。マッサが獲得するには最低でも2位以上、そして、ハミルトンの8位以下が必要(97ポイント、95ポイントで並んだ場合は、上位入賞回数が多くなるマッサが優勝となる)というハミルトンが大きく有利な状況だった。2008年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2016年ハンガリーグランプリ

    2016年ハンガリーグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    現地時間14時からのスタート予定だったが、予選直前から強い雨に見舞われスタートディレイ。一旦雨が止んだため20分遅れでスタートするも再び強い雨が降りだし13分08秒を残して赤旗中断。雨が止んだ14時40分に再開されたが、マーカス・エリクソンのクラッシュにより残り9分で再び赤旗中断。14時55分に再開するも、今度はフェリペ・マッサのクラッシュで5分20秒を残して3度目の赤旗中断。15時07分に再開、フェルナンド・アロンソが一時トップに立ったものの、ルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグが逆転。この直後にリオ・ハリアントがクラッシュしたため4度目の赤旗が出たことにより、1分18秒を残してセッションは終了した。なお、107%ルールに抵触したドライバーが11名(このセッションで敗退した6名とQ2に進出したマックス・フェルスタッペン、ダニエル・リカルド、ニコ・ヒュルケンベルグ、バルテリ・ボッタス、セルジオ・ペレスの5名)いたが、「(雨による)例外的な状況」と判断されたためQ2進出の5名についてはグリッドの変更なし、Q1で敗退した6名についてはFP3の結果に基づいてグリッドを決定した。エリクソンは予選後にシャシーを交換したためピットレーンスタートとなった。2016年ハンガリーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ジャン・トッド

    ジャン・トッドから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    一方でこの頃から、モンテゼーモロの承認を得ずに契約をすることが多々あり、両者の不仲説が囁かれていた。その一例として、2007年10月16日にフェリペ・マッサの2008年末までの契約を、2010年末まで2年間延長することを発表したことがあげられる。この背景にマッサのマネージャーがトッドの息子であるニコラス・トッドであるため、トッド自身をチームに残留させるか、マッサを契約延長させるか交換条件を提示した。さらにモンテゼーモロがフェルナンド・アロンソとの契約を構想していたが、「トッドはアロンソとは不仲であるから、上記の事由に加えて契約させないための方法であった」と報道された。ジャン・トッド フレッシュアイペディアより)

  • 2017年バーレーングランプリ

    2017年バーレーングランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    気温36℃、路面温度46℃、快晴のドライコンディション。砂漠の中にあるサーキットであることと、予選や決勝の開始時間と異なる時間帯に行われるセッションであるため、各チームとも周回数は抑え気味であった中、メルセデスはルイス・ハミルトンが最多の28周、バルテリ・ボッタスがハミルトンに続く27周を走行した。セッション序盤にキミ・ライコネンのマシンから白煙が上がりスローダウン。ターボのオーバーヒートが原因だった。1時間余り経過した時、ストフェル・バンドーンがMGU-Hの不具合でストップした。終了8分前にフェリペ・マッサがブレーキのトラブルでスピンを喫している。トップタイムはセバスチャン・ベッテル(1:32.697)。2017年バーレーングランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2017年オーストラリアグランプリ

    2017年オーストラリアグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    気温23度、路面温度28度、ドライコンディション。ジョリオン・パーマーが最終コーナーでハーフスピンを喫し、そのままタイヤバリアに激突。このため赤旗が出され5分間中断した。再開直後にフェリペ・マッサがコース脇にマシンを止めた。セッションを通してメルセデスとフェラーリのトップタイム争いとなったが、残り5分となったところでマーカス・エリクソンが6コーナーでスピンを喫しグラベルにつかまってしまった。マシン撤去のためにバーチャルセーフティカーが導入されたことで、トップタイム争いは終了した。トップタイムは1回目に続きハミルトンが記録した(1:23.620)。2017年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年アメリカグランプリ

    2006年アメリカグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    フェラーリのミハエル・シューマッハがシーズン3勝目を挙げ、フェルナンド・アロンソの連勝を4でストップさせた。チャンピオンシップのポイント差も19まで縮める。シューマッハのチームメイト、フェリペ・マッサが2位に入り、フェラーリのルノーに対する差も26に縮小した。2006年アメリカグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2002年のF1世界選手権

    2002年のF1世界選手権から見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    2001年コンストラクターズ選手権で4位を獲得したザウバーはニック・ハイドフェルドとフェリペ・マッサのコンビで参戦したが、ルノーの躍進により4位を守ることができなかった。マッサはハイドフェルドをたまに上回って見せたが、粗さも目立ち、アメリカGPではグリッド降格のペナルティを避けるためにアロウズの撤退でシートを失っていたハインツ=ハラルド・フレンツェンに交代させられる。2002年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ブラジルグランプリ

    ブラジルグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    ミハエル・シューマッハの引退レースとなった。わずかながらにタイトルの可能性を残したが、マシントラブルに見舞われ、予選を10位で終えた。決勝では、ジャンカルロ・フィジケラとの接触でパンクし、最後尾に後退した。最終的に4位に終わり、チャンピオンはフェルナンド・アロンソのものになった。最終的に、シューマッハのチームメートである、フェリペ・マッサが優勝し、ブラジル人によるブラジルグランプリ優勝は、1993年アイルトン・セナ以来13年ぶりとなった。ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年スペイングランプリ

    2009年スペイングランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    まずレッドブル・レーシングのセバスチャン・ベッテルが1'20.715のタイムを出すが、フェラーリのフェリペ・マッサは1'20.484とトップタイムを更新する。チームメイトのキミ・ライコネンは1'20.291のタイムを残しピットへ戻る。マクラーレンの2台もタイムがなかなか上がってこない。他のチームはライコネンとヘイッキ・コバライネンのタイムを次々と更新していく。残り時間が0の中、トヨタのヤルノ・トゥルーリが15番手のタイムを出し、15番手だったライコネンがノックアウトとなる。2009年スペイングランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2017年アブダビグランプリ

    2017年アブダビグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    F1最後のレースとなるフェリペ・マッサは、ブラジル国旗のカラーリングをメタリックな塗装で仕上げた特別仕様のヘルメットを使用する。2017年アブダビグランプリ フレッシュアイペディアより)

154件中 11 - 20件表示

「フェリペ・マッサ」のニューストピックワード