93件中 11 - 20件表示
  • スクーデリア・フェラーリ

    スクーデリア・フェラーリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    しかし、2005年は、新型マシンである「F2005」がレギュレーションへの対応に失敗、21世紀になって初めてタイトルをルノーとフェルナンド・アロンソにあけ渡してしまう。翌2006年にフェリペ・マッサが加入するが、新車の信頼性不足などのために序盤で落としたレースが多く、シーズン全体的に安定感を見せていたルノー+アロンソに再び敗れた。2006年末には11年間在籍したシューマッハが現役を引退(2010年に現役復帰)。他のロス・ブラウンなどの主要メンバーの人事異動を含め、ひとつの節目を迎えた。スクーデリア・フェラーリ フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・ハミルトン

    ルイス・ハミルトンから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    5位以上でフィニッシュすれば、タイトルを争うフェリペ・マッサの成績に拘らずチャンピオン獲得となる絶対的に有利な状況で最終戦ブラジルGPをむかえた。スタートからマッサが首位を快走する中、チャンピオン獲得の最低条件となる5位走行中の68周目にセバスチャン・ベッテルに抜かれ、6位で残り2周を迎えることとなった。ベッテルを抜き返せず、チャンピオン獲得は絶望的に思われた最終ラップ、雨が強まる中ドライタイヤを装着していたティモ・グロックがペースを落としたところを、最終コーナー手前でオーバーテイク。5位で完走し、シーズン前の大方の予想を覆して、アロンソの記録を破り当時のF1史上最年少ワールドチャンピオン記録を樹立した(23歳300日)。ルイス・ハミルトン フレッシュアイペディアより)

  • キミ・ライコネン

    キミ・ライコネンから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    2008年シーズンは予期せぬ形でスタートすることになった。開幕戦オーストラリアGPにおいて、予選Q1終了間際にトラブルが発生。Q2へ進出できず16位に終わる。決勝では序盤は順調に順位を上げていくものの、オーバーランやスピンを喫し、最終的にはエンジントラブルでリタイアとなった。規定周回を満たしていたため完走扱いとなり、後にバリチェロの失格処分で順位が繰り上がり1ポイント獲得。第2戦マレーシアGPにおいてシーズン初優勝を飾ると、第4戦スペインGPでは自身2度目となるハットトリックで完全勝利を達成した。しかし、この勝利がシーズン最後の勝利となった。その後の第6戦モナコGPでは様々なミスを犯し、後方での戦いを余儀なくされたあげく、予選19番手からスタートし5位走行と健闘していたフォース・インディアのエイドリアン・スーティルに追突し、リタイアに追い込んでいる。結果的に完走を果たすも9位ノーポイントに終わる。続く第7戦カナダGPではピットレーン出口でレッドシグナルで停止中に、ハミルトンに追突されリタイアを喫する。更に第8戦フランスGPでは首位を快走していたが、エキゾーストの破損によりペースが下がり、2位に終わった。第12戦ヨーロッパGPから第15戦シンガポールGPまでトラブルやミスが相次ぎ4戦連続ノーポイントに終わっている。これが影響し、第16戦日本GPを終えてタイトル防衛の可能性は消滅した。第17戦中国GPではハミルトンとタイトルを争うチームメイトのフェリペ・マッサを先行させ、最終戦ブラジルGPにおいてもチームプレーに徹し、2年連続のコンストラクターズタイトルに貢献した。ドライバーズタイトルではロバート・クビサと同点であったものの、優勝回数で上回り3位でシーズンを終えた。キミ・ライコネン フレッシュアイペディアより)

  • ルーベンス・バリチェロ

    ルーベンス・バリチェロから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    しかし2008年12月にホンダが撤退を発表・2009年3月にホンダの株式を100%買い取ったロス・ブラウン率いる新チームブラウンGPはバリチェロにオファーを打診し、ブラウンGPから参戦した。開幕戦では予選2位を獲得するが、決勝スタートでアンチストール装置が誤動作し大きく順位を下げるも、終盤に前を走るロバート・クビカとセバスチャン・ベッテルが接触リタイヤした事もあり、バリチェロは2位に入り優勝した僚友バトンと新チームに最高の結果をもたらした。第5戦スペインGPではチーム側が、バトンが渋滞に入るのを回避する為にバトンを2ストップ作戦へ変更・結果的にトップにいたバリチェロを逆転して優勝。バリチェロは「バトンの作戦変更を聞いて驚いた」と発言、マスコミからチームオーダー発動かと書きたてられる(ロス・ブラウンは即座に否定)。第9戦ドイツGPでトップ走行中、チームが戦略ミスを起こしてしまい、バリチェロが「チームが勝利を奪った、チームの誰とも話したくない」と激怒。第10戦ハンガリーGPで予選で自身のマシンからサードダンパーのスプリングが外れフェリペ・マッサのヘルメットを直撃し頭部を負傷。決勝では10位に終わり不調が続いた。しかし第11戦ヨーロッパGPでは、2004年中国GP以来の優勝を飾った。第13戦イタリアGPではバトンと1・2フィニッシュで2勝目。トルコGP・ハンガリーGP以外の全戦でポイントを獲得し、ランキング3位となった。シーズン前半は7戦で6勝したバトンと比べ不調だったが、ブレーキ素材をイギリスGPで従来品からバトンと一緒のメーカーに変更するとフィーリングが良くなり後半の復調に繋がった。ルーベンス・バリチェロ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年ヨーロッパグランプリ

    2008年ヨーロッパグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    トロ・ロッソが両ドライバーとも最高位となる、ベッテルが6番手。セバスチャン・ブルデーが10番手を獲得。ポールポジションはフェリペ・マッサで今季4回目。一方チームメートのキミ・ライコネンは4位に沈んだ。2番手はルイス・ハミルトン、3番手はロバート・クビサが獲得した。トゥルーリは日本勢トップの7番手となった。2008年ヨーロッパグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年トルコグランプリ

    2009年トルコグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    フェラーリのキミ・ライコネンを先頭に各マシンがコースにで出る。ベッテルがトップタイムのまま残り時間がなくなるが、チームメイトのマーク・ウェバーがトップタイムを更新する。その後ブラウンGPのジェンソン・バトンがウェバーのタイムを更に上回る。しかし最後の最後でベッテルが再びトップタイムを更新し、中国グランプリ以来今期2度目、通算3度目のポール・ポジションを獲得する。4年連続ポール・トゥ・ウィン、3年連続ハットトリックがかかっていたフェリペ・マッサは7番手に留まった。2009年トルコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年モナコグランプリ

    2009年モナコグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    予選が始まり各マシーンがコースに出始める。フェラーリのフェリペ・マッサがプールサイドでフロントノーズが壁にヒットするが何とかピットに戻る。残り時間が半分になる中、今度はマクラーレンのルイス・ハミルトンがミラボー・コーナーの入り口で体勢を崩し、タイヤバリヤーに接触。左のリアタイヤに大きなダメージを受ける。ハミルトンはピットまでマシンを戻せず、残り8分7秒で一時赤旗中断となる。ハミルトンは7番手のタイムを残し、マシンを降りることになる。2009年モナコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • Felipe Massa

    Felipe Massaから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    Felipe Massa フレッシュアイペディアより)

  • F・マッサ

    F・マッサから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    F・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • F.マッサ

    F.マッサから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    F.マッサ フレッシュアイペディアより)

93件中 11 - 20件表示

「フェリペ・マッサ」のニューストピックワード

  • 今の日本はバカ

  • FUJITSU Manufacturing Industry Solution VisuaLine

  • 高速化するインメモリ重複除去技術開発