93件中 21 - 30件表示
  • フェリペ

    フェリペから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサ - ブラジル出身のF1ドライバー。フェリペ フレッシュアイペディアより)

  • フェラーリ・F60

    フェラーリ・F60から見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    発表当日の1月12日に、レースドライバーであるフェリペ・マッサが、ムジェロサーキットでF60のシェイクダウンを行った。フェラーリ・F60 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年ブラジルグランプリ

    2006年ブラジルグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    Q1とQ3ではフェリペ・マッサがトップタイムをマークし、フェラーリは全ての予選セッションでトップタイムを記録し、好調を伺わせた。マッサは地元グランプリでポールポジションを獲得した。2006年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年バーレーングランプリ

    2009年バーレーングランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    2番手スタートのグロックがチームメイトのトゥルーリをかわしてトップに立つ。5番手スタートのハミルトンは3番手まで順位を上げ、更にKERSにより一時2番手まで上がるが、4コーナーで膨らんでしまいトゥルーリにインからかわされる。2周目の1コーナーでバトンがハミルトンをオーバーテイク。燃料の軽いトヨタの2台はワンツー体勢のまま3番手以下との差を広げていく。後方では接触の影響によりBMWのロバート・クビサと中嶋がピットイン。更に次の周回でBMWのニック・ハイドフェルドとフェラーリのフェリペ・マッサがピットイン。予選で19番手に沈んだウェバーは11番手まで順位を上げてくる。トヨタの2台はファステストラップを更新しながら3番手バトンとの差を広げていく。そして11周目にトップのグロックがピットイン。次の周回でチームメイトのトゥルーリがピットイン。トヨタは2台ともハード側のタイヤに履き替え、燃料を多く積み、変則2ストップ作戦をとる。2009年バーレーングランプリ フレッシュアイペディアより)

  • フェラーリ・F2008

    フェラーリ・F2008から見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    フェラーリ F2008 (Ferrari F2008) はスクーデリア・フェラーリが2008年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カーで、アルド・コスタによって設計された。フェラーリとしてのコードナンバーは659。カーナンバーはキミ・ライコネンの「1」とフェリペ・マッサの「2」。フェラーリ・F2008 フレッシュアイペディアより)

  • トルコグランプリ

    トルコグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    2006年から2008年までフェラーリのフェリペ・マッサが3連覇をマッサの得意のポール・トゥ・ウィンできめた。マッサが得意としてるサーキットと言える。マッサが3連覇を達成した際のインタビューでは『これで永住権をもらえるかね。』と笑顔でジョークを語った。トルコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ザウバー・C21

    ザウバー・C21から見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    前年にセンセーショナルなデビューを果たしたキミ・ライコネンはマクラーレンへ移籍し、後任にはまたもルーキーのフェリペ・マッサが加入した。マッサはデビューレースこそオープニングラップの多重接触に巻き込まれリタイアに終わったが2戦目のマレーシアGPで早くも6位入賞、その後もいくつか入賞を果たしたがルーキーらしいアグレッシブな走りが裏目にでることも多く、イタリアGPではジャガーのペドロ・デ・ラ・ロサと接触、危険走行により次戦10グリッド降格のペナルティを受け、それを回避するためのチームの措置としてかつてザウバーに所属していたベテランのハインツ=ハラルド・フレンツェンに1戦のみシートを奪われることとなった。ザウバー・C21 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年トルコグランプリ

    2005年トルコグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサはニック・ハイドフェルドとの接触でフロントウィングと導風板を失った。修理の後レースに復帰したが、29ラップ目にエンジントラブルでリタイアした。2005年トルコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年ブラジルグランプリ

    2004年ブラジルグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    ラップリーダー:キミ・ライコネン 9 (1-3, 29, 51-55), ルーベンス・バリチェロ 2 (4-5), フェリペ・マッサ 2 (6-7), フェルナンド・アロンソ 11 (8-18), ファン・パブロ・モントーヤ 47 (19-28, 30-50, 56-71)2004年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ハンガロリンク

    ハンガロリンクから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    2008年は3番手スタートのフェリペ・マッサがスタートダッシュに成功し一気にトップへ。そのまま独走で優勝かと思われたが残り3周、ホームストレートでまさかのエンジンブローを喫し涙を飲む。2番手追走のヘイキ・コバライネンがキャリア初優勝。ハンガロリンク フレッシュアイペディアより)

93件中 21 - 30件表示

「フェリペ・マッサ」のニューストピックワード