154件中 21 - 30件表示
  • 2017年アゼルバイジャングランプリ

    2017年アゼルバイジャングランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    カルロス・サインツJr.は前戦カナダGPの決勝でフェリペ・マッサと接触し、3グリッド降格が科されている。2017年アゼルバイジャングランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のF1世界選手権

    2017年のF1世界選手権から見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    前年チーム史上最高位となる4位を記録したフォース・インディアはこの年両ドライバーが安定した走りを見せ、2人でモナコGP以外すべて入賞という中団グループとしては抜きんでた好成績を残し4位をキープした。ランキング5位となったウィリアムズは新人ランス・ストロールが「史上最高額ペイドライバー」との下馬評を跳ね除け3位表彰台を獲得・ボッタス移籍に伴って引退を撤回したフェリペ・マッサがベテランらしい堅実な走りで入賞を繰り返すもフォース・インディアに大差をつけられたが、6位以下のチームを引き離した状態でシーズンを終えた。マッサは11月4日、改めて2度目の引退を表明。2017年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年ヨーロッパグランプリ

    2008年ヨーロッパグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    トロ・ロッソが両ドライバーとも最高位となる、ベッテルが6番手。セバスチャン・ブルデーが10番手を獲得。ポールポジションはフェリペ・マッサで今季4回目。一方チームメートのキミ・ライコネンは4位に沈んだ。2番手はルイス・ハミルトン、3番手はロバート・クビサが獲得した。トゥルーリは日本勢トップの7番手となった。2008年ヨーロッパグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・クビサ

    ロバート・クビサから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    第2戦オーストラリアGPでは予選9位からスタート、混乱の中1周目に4番手まで順位を上げ、のち2位まで順位を上げた。その間メルセデスGPのニコ・ロズベルグ、マクラーレンのルイス・ハミルトン、フェラーリのフェリペ・マッサからゴールまで30周以上にわたって次々と激しい追撃に遭ったものの、巧みな運転技術でこれを封じて順位を死守したクビツァはそのまま2位でゴール、2010年初の表彰台を飾り、上位陣に比べて戦闘力が大幅に劣るといわれるルノーの現行マシンで、しかも上位陣の追い上げを巧みに抑え続けての表彰台獲得はフランスやドイツのメディアから「センセーショナル」と報じられ12、2009年の第16戦ブラジルGPに引き続いて自己の高い実力を再度証明することになった。ロバート・クビサ フレッシュアイペディアより)

  • ルーベンス・バリチェロ

    ルーベンス・バリチェロから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    しかし2008年12月にホンダが撤退を発表・2009年3月にホンダの株式を100%買い取ったロス・ブラウン率いる新チームブラウンGPはバリチェロにオファーを打診し、ブラウンGPから参戦した。開幕戦では予選2位を獲得するが、決勝スタートでアンチストール装置が誤動作し大きく順位を下げるも、終盤に前を走るロバート・クビカとセバスチャン・ベッテルが接触リタイヤした事もあり、バリチェロは2位に入り優勝した僚友バトンと新チームに最高の結果をもたらした。第5戦スペインGPではチーム側が、バトンが渋滞に入るのを回避する為にバトンを2ストップ作戦へ変更・結果的にトップにいたバリチェロを逆転して優勝。バリチェロは「バトンの作戦変更を聞いて驚いた」と発言、マスコミからチームオーダー発動かと書きたてられる(ロス・ブラウンは即座に否定)。第9戦ドイツGPでトップ走行中、チームが戦略ミスを起こしてしまい、バリチェロが「チームが勝利を奪った、チームの誰とも話したくない」と激怒。第10戦ハンガリーGPで予選で自身のマシンからサードダンパーのスプリングが外れフェリペ・マッサのヘルメットを直撃し頭部を負傷。決勝では10位に終わり不調が続いた。しかし第11戦ヨーロッパGPでは、2004年中国GP以来の優勝を飾った。第13戦イタリアGPではバトンと1・2フィニッシュで2勝目。トルコGP・ハンガリーGP以外の全戦でポイントを獲得し、ランキング3位となった。シーズン前半は7戦で6勝したバトンと比べ不調だったが、ブレーキ素材をイギリスGPで従来品からバトンと一緒のメーカーに変更するとフィーリングが良くなり後半の復調に繋がった。ルーベンス・バリチェロ フレッシュアイペディアより)

  • ティモ・グロック

    ティモ・グロックから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    2008年、トヨタのドライバーとしてF1に復帰。開幕戦オーストラリアGPではコースアウトからクラッシュを喫してリタイア。続く第2戦マレーシアGPでも僅か2周目にニコ・ロズベルグと接触してリタイア。以降も入賞できないレースが続いたが、第7戦カナダGPでは背後に迫るフェラーリのフェリペ・マッサを抑えきり、4位入賞を果たした。ティモ・グロック フレッシュアイペディアより)

  • サンパウロ

    サンパウロから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    郊外のインテルラゴスにあるインテルラゴス・サーキットでは、1970年代初頭より毎年F1世界選手権ブラジルGPが開催されている他、国内選手権のレースが定期的に開催されている。また、日本でも有名な伝説的レーシングドライバー、アイルトン・セナや人気レーシングドライバー、フェリペ・マッサやルーベンス・バリチェロの故郷でもある。サンパウロ フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・アロンソ

    フェルナンド・アロンソから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    この年もマクラーレンより参戦。しかし開幕戦オーストラリアGPで、ハースF1チームのエステバン・グティエレスと接触し、大クラッシュを喫してしまう。事故直後は自力でマシンから脱出するなどケガはなかったように見えたが、その後、肋骨を骨折しており気胸と肺損傷のダメージを負っていることが判明し、翌戦バーレーンGPでドクターストップがかかり、またしてもレースを負傷欠場することとなってしまった。第3戦中国GPで復帰。ロシアGPで6位に入りシーズン初入賞。第5戦スペインGPで第2期マクラーレン・ホンダで初のQ3進出(決勝はリタイア)。イタリアGPでは入賞が見込めない終盤、予定外のスーパーソフトタイヤ交換とタイムアタックを貫行し今期初のファステストラップを獲得。その後もコンスタントにポイントを稼ぎ、最終的にはランキング10位となり、コンストラクターズランキングではマクラーレンより上のウィリアムズのフェリペ・マッサのランキングを上回った。フェルナンド・アロンソ フレッシュアイペディアより)

  • キミ・ライコネン

    キミ・ライコネンから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    第12戦ヨーロッパグランプリから第15戦シンガポールグランプリまでトラブルやミスが相次ぎ4戦連続ノーポイントに終わっている。これが影響し、第16戦日本グランプリを終えてタイトル防衛の可能性は消滅した。第17戦中国グランプリではハミルトンとタイトルを争うチームメイトのフェリペ・マッサを先行させ、最終戦ブラジルグランプリにおいてもチームプレーに徹し、2年連続のコンストラクターズタイトルに貢献した。ドライバーズタイトルではロバート・クビサと同点であったものの、優勝回数で上回り3位でシーズンを終えた。キミ・ライコネン フレッシュアイペディアより)

  • スクーデリア・フェラーリ

    スクーデリア・フェラーリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    しかし、2005年は、新型マシンである「F2005」がレギュレーションへの対応に失敗、21世紀になって初めてタイトルをルノーとフェルナンド・アロンソにあけ渡してしまう。翌2006年にバリチェロの後任として同郷のフェリペ・マッサが加入する。シューマッハが再びチャンピオン争いに加わったが信頼性不足などのために序盤で落としたレースが多く、シーズン全体的に安定感を見せていたルノー+アロンソに再び敗れた。2006年末には11年間在籍したシューマッハが現役を引退(2010年に現役復帰)。他のロス・ブラウンなどの主要メンバーの人事異動を含め、ひとつの節目を迎えた。スクーデリア・フェラーリ フレッシュアイペディアより)

154件中 21 - 30件表示

「フェリペ・マッサ」のニューストピックワード